アイラインの引き方のコツ|アイライナー、注意点

アイライナーを買ってみたものの使い方がわからないという方や、不器用でうまくアイラインを引くことができないという方はおられませんか?そのようなお悩みを抱えている方に向けて、今回は誰にでも引きやすい方法をご紹介させていただきます。アイラインの引き方一つで顔の印象はガラッと変わってしまいますので、普段のアイメイクをかえたいという方も是非試してみてください。基本的なアイラインの引き方から、うまく引くためのポイントなどちょっとした応用もご紹介させていただきますので、是非参考にしてみてください。

アイライナーの種類と特徴


アイライナーは用途ごとに様々な種類とそれに応じて特徴があります。まずはそれぞれの種類と特徴について見ていきましょう。ここではペンシルアイライナー、リキッドアイライナー、ジェルアイライナーについてご紹介します。その他にもいろいろな種類のアイライナーがありますが、まずは基本のアイライナーについてご紹介いたします。出したい雰囲気やシチュエーションなどに合わせて使い分けることができるよう、アイライナーの種類ごとの特徴をしっかりと抑えておきましょう。

初心者さんにおすすめのアイライナーはこちら!選び方と引き方をチェック

初心者さんにもおすすめ!ナチュラルに仕上がるペンシルアイライナー

まずは初心者さんにもおすすめのペンシルアイライナーからご紹介します。アイライナーの中でも最もオーソドックスなタイプのものの一つがペンシルアイライナーです。ペンで描くような感覚でメイクができますので、アイライナーに慣れていない方にもおすすめのアイテムです。

描きやすくてぼかしやすいという特徴がありますので、ナチュラルメイクをする際に使いやすいアイライナーです。ぼかしやすい分落ちやすいという印象を持っている方もおられるかと思いますがそれはもう昔の話です。最近のペンシルアイライナーはぼかしやすいけど落ちにくいため、主役アイラインや仕込みアイライン、下まぶたアイラインなどさまざまなところに使うことができます。修正がしやすいため初心者の方も手軽に使える半面、仕込みラインやリキッドアイライナーと合わせて使うことで更に目ヂカラアップを狙うこともできるなど、全員におすすめのアイテムとなっています。

ペンシルアイライナーでナチュラルにデカ目メイク!初心者におすすめのアイテム

艶があってニュアンスのある目元を簡単に作れるリキッドアイライナー

次にリキッドアイライナーのご紹介です。リキッドタイプのアイライナーは液体でインクペンのようになっています。はっきりとしたシャープな目元を作ったり、艶があってニュアンスのある目元を作ったりすることができます。ペン先が細いため、細いラインを描きやすいのはもちろんのこと、重ねが気を使うことで太いラインも作れ、自在にラインの太さを調整することができます。筆が柔らかくてスルスルと描くことができるため、初心者の方にも優しいアイテムです。

また、汗を掻いてもにじみにくく落ちにくという特徴もあります。まぶたがたるみ気味のためペンシルアイライナーでは引きにくいという方でも、リキッドアイライナーを使うことできれいにひくことができます。おおまかにわけてラインがブレず、描きやすいフェルトペンタイプ、濃い発色をさせることができるつけペンタイプ、細いラインを描きやすく発色がいい筆ペンタイプがありますので、用途ごとに使い分けるようにしましょう。

水や皮脂に強く、濃淡の調整がしやすいジェルアイライナー

ジェルアイライナーは、ジャータイプのよう気に入ったジェルを筆にとって使うものと、ジェルがペンシル状に固められたものの2タイプがあります。液体と固体の中間のようなジェル状になっているので、スルスルとなめらかにラインを引くことができ、簡単にぼかすこともできるという特徴があります。引き方次第でシャープでキリッとした印象の目元から、ふわっとした柔らかい印象の目元まで自由自在に作ることができるアイテムです。

また、肌に密着してにじみにくく、書いたラインを長時間キープすることができます。アイライナーに慣れてきて、違う種類も試してみたいという方におすすめの商品で、色の濃さを調節しやすいという特徴もあります。ペンシル状のタイプの方であればペンシルアイライナーと同じようにブレにくく軸が安定しやすいため、初心者の方にもおすすめです。逆に筆で各タイプの方は、筆先に取る量でラインの太さが変わりますので、なれるまでは少し難しいかもしれません。しかし、なれてしまえば自由自在にラインの太さを調節することができますので、興味のある方はぜひ練習して使いこなせるようになってみてください。

アイラインを上手に引くために知っておきたいこと

アイライナーの基本的な種類と特徴についてわかったら、次は実際に引く際にどのようなことを意識しながらやると上手に引くことができるのかということを抑えておきましょう。実際に弾くやり方はもちろんですが、アイテムや下準備をしっかりとすることによってきれいで上手にアイラインを引くことができますので、ポイントを抑えておしゃれな目元を手に入れましょう。

アイラインを引く前にティッシュでまぶたの油分をオフする

まずはアイラインを引く前に下準備をしておきましょう。アイラインのよれやにじみを防いで落ちにくくするためにティッシュや綿棒、あぶらとり紙などを使ってまぶたの水分や油分をしっかりと拭き取っておきましょう。目元に乳液や化粧下地などの油分が残っているとつるつるしてアイラインがうまく引けず、崩れの原因になってしまいます。拭き取る他には、アイラインを引く前にアイシャドウを塗ってサラッとした状態にしておいたり、すっぴん風のメイクのときでも目元にフェイスパウダーをしっかりつけておいたりするといいう方法もあります。アイライナーを引く前にしっかりとした下準備をすることが、ヨレやにじみなどの崩れを防ぐ大切なポイントになります。

上手にラインを引くポイントは手首を固定すること

下準備ができたら実際にアイライナーを使ってアイラインを引いていきましょう。まず上手にアイラインを引く方法は、手首や肘をしっかりと固定して引くことです。手首を頬のあたりに当てて固定したり、テーブルに肘を置いてしっかりと固定することで、手が震えてぶれてしまったり、力が入りすぎて太さが変わったりするのを防ぐことができます。また、固定をしっかりしたら鏡の位置にも気をつけるようにしましょう。鏡を顔よりも少し下にセットして上から覗き込むようにすることで、目のキワが見えてアイラインを引きやすくなりますので、是非試してみてください。不器用で手がぶれてしまい、うまく弾くことができないという方はこのあたりをしっかりと意識してやることで、上手にアイラインを引くことができます。

アイラインを引いたあとにパウダーやアイシャドウを重ねると滲みにくい

ベースを整えても、ウォータープルーフのアイライナーをつかっても、引いたラインがどうしてもよれたり滲んだりしてしまうという方は、アイラインを引いたあとに仕上げにパウダーやアイシャドウを重ねることで崩れにくくすることができます。アイラインを引いたあとに、パウダーか、同系色のアイシャドウを重ねるようにメイクしましょう。にじみにくくするだけではなく、馴染みが良くなって自然な奥行きを出すことができるという効果もあります。目の下についてしまうという人は、下瞼にフェイスパウダーか、薄いベージュなどの明るめのカラーのアイシャドウを最後にブラシで乗せておくと良いでしょう。アイライナーだけではどうしてもにじみが気になるという方はぜひ試してみてください。

目の形別アイラインの引き方とコツは?

雑誌やインターネットを見ながらアイメイクをして、ちゃんとできているはずなのにいまいち決まっていないという方はおられませんか?それは目の形がちがうからです。目の形はいろいろあるのに、雑誌で見るアイメイクの紹介の多くはきれいな二重幅のモデルさんになっているため自分はどうしたらいいんだろうと考えている方も多いと思います。目の形ごとに上手にアイラインを引くコツをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。自分の目の形を見極めて、それにあったアイメイクを身につけることで、よりおしゃれにアイメイクを決めることができますので、是非参考にしてみてください。

一重さんのアイラインの引き方とコツ


まずは一重まぶたを美しく見せるナチュラルな愛されアイメイクについてご紹介します。きれいなぱっちり二重まぶたに憧れている一重の方は多いかと思いますが、二重じゃなくてもきれいな女優さんはたくさんいますよね。アイメイクをうまく行うことで可愛い目元を作ることができますので、是非挑戦してみてください。

メイクの順番は、アイシャドウ、アイライナー、ビューラー、マスカラの順番です。アイシャドウには様々な種類がありますが、今回は濃さを一番明るい色、中間の色、一番濃い色の3種類を使っていきます。まずはアイホールに一番明るい色を狭めにのせていきます。ここで黒目の上から乗せることで立体感を出すことができます。チップで行う場合は境界線が生まれやすいので、手でなじませるようにしましょう。明るいシャドウは少し濃い目に乗せて大丈夫です。

次に中間の色です。中間の色は目を開けて瞼の上くらいに眼の真ん中からのせていきます。幅は狭めに塗って足りない分足していくようにしましょう。最後に一番濃い色をのせます。一番濃いアイシャドウは太めに乗せていくのがポイントです。続いてアイライナーを引いていきます。一重の方にはウォータープルーフのアイライナーがおすすめです。各ポイントとしては睫毛の生え際ギリギリから引き始めるときれいに引けます。下のアイラインを引くときはペンシルタイプのアイライナーを使うと引きやすいのでおすすめです。この方法で目をはっきりとさせることができますので、是非試してみてください。

一重向けアイラインの引き方!コツを掴んでデカ目になろう!

二重さんのアイラインの引き方とコツ


二重の方の場合、濃いアイメイクをするときつさや、派手がでてしまいますので、ナチュラルな仕上がりにするためには筆の細いリキッドアイライナーでラインを引いて優しく仕上げるか、ペンシルアイライナーで自然なラインに仕上げるかのどちらかがおすすめです。太い筆のリキッドタイプや、ジェルタイプのアイラインは目元がくっきりするため、きつく見えがちです。また、初心者の方にとってはペンシルタイプのほうが柔らかくぼかしやすいため使いやすいかと思います。カラーに関してはグレーやブラウンの他にカラーアイライナーを使うことできつさを軽減できて優しい印象を作ることができます。アイライナーといえば黒を思い浮かべがちですが、ナチュラルな印象を与えるのはブラウンです。

奥二重さんのアイラインの引き方とコツ


奥二重の方で、アイラインのバランスが難しかったり、引いても滲んでしまったりして困っている方は多いと思います。奥二重の方は引き方を間違えると逆に目が小さく見えたり、にじみやすかったりするため、しっかりとコツを抑えてメイクに挑みましょう。

奥二重の方がアイライナーを選ぶ際は、速乾性があるもの、にじみにくいもの、ウォータープルーフの3点を意識して選ぶようにしましょう。その中でもおすすめなのがリキッドタイプのアイライナーです。慣れるまで描くのが難しく感じるかもしれませんが、速乾性があってにじみにくいという特徴がありますので、奥二重の方におすすめのアイライナーです。慣れれば描きやすいので、是非試してみてください。奥二重のアイラインの引き方は、まずまぶたを軽く引っ張って、アイライナーでまつげとまつげの間をしっかり埋めることを意識しながら中央から目尻に向かって引いていきます。できるだけ細めに引いて少しずつ動かすようにして引いていきましょう。

次に目頭から中央に向かって引いていきます。このときも細くひいて、先ほど引いたラインにつなげていきましょう。次は目尻にのみ、少し太めのアイラインを書き足します。目尻の延長線上に引くようにしましょう。最後にまつげの間が埋まっているか確認し、足りない部分は描き足します。目を開けてまつげの間が埋まっていて、二重幅にかぶっていなければ完成です。これで奥二重を活かしたアイメイクができますので、是非試してみてください。

奥二重さんのアイラインの引き方&初心者でも上手に引けるコツ

アイラインを引く際の注意点

目は人間の体の中でも敏感な部分ですので、アイラインを引く際はしっかりと注意して行うようにしましょう。化粧落としの際や、メイク中などお手入れをしっかりとしてないと思わぬトラブルになってしまうかもしれません。思い当たるものがある方はこちらを意識しながらアイメイクをするように心がけましょう。

まぶたの際の粘膜にアイラインをひくと目のトラブルの原因に

睫毛の生え際を埋めていく目元ギリギリのアイラインはしっかりアイメイクが流行った時期でも、ナチュラルメイクが流行りの時期でも主流の方法ですよね。このとき気をつけたいのが目の粘膜を埋めるようにアイライナーを引くメイクです。目の粘膜はとてもデリケートな上、マイボーム腺にとってとても大事な組織が存在している場所でもあります。ここがメイクで詰まってしまうと、目の乾燥を防ぐ油分が出なくなってしまい、ドライアイなどを招いてしまったり、詰まった油分に寄る眼病を引き起こしてしまったりしますので、気をつけるようにしましょう。

アイラインはリムーバーやコットン等を使ってきちんと落とす

アイメイクの落とし残しは眼病の大きな原因となります。落としきれていないメイクは不潔で、様々な眼病を引き起こしてしまいますので、リムーバーやコットンを使ってきちんと落とすようにしましょう。目元が不潔な場合、まつ毛ダニの温床になりやすく、現在5人に1人はかかっているという状況になっています。まつげが抜けたり、かゆみを感じる方はこちらも調べてもらったほうが良いかもしれません。

目やまぶたに異常を感じたら使用を中止して病院を受診する

目やまぶたに異常を感じたら、すぐに使用を中止して、病院を受診するようにしましょう。基本的に害はないとされているメイク用品でも、体との相性が悪く何らかの症状を引き起こしてしまうというケースは珍しくありません。目やまぶたに以上がある場合、アイメイクが原因のケースも多いため、直ぐに使用を中止して、病院を受信するようにしましょう。

Amazonで人気のアイライナー3選

ここまでアイライナーの使い方について説明してきましたが、アイライナーの種類が多くてどれを使ったら良いのかわからないという方も多いかと思います。特に一番最初はどれを選んで良いか難しいですよね。ここではAmazonで人気のアイライナー3選をご紹介しますので、自分にあったアイライナー選びの参考にしてみて下さい。

インテグレート スーパーキープ リキッドライナー BK999

インテグレート スーパーキープ リキッドライナー BK999 0.5mL
インテグレート スーパーキープ リキッドライナー BK999のご紹介です。インテグレートのリキッドアイライナーで、薄めのラインを書くことができます。自然に馴染むナチュラルメイク等におすすめです。にじみにくく描きやすいため、非常に使い勝手が良い点が人気の商品です。

エテュセ クリームアイライナー ウォータープルーフ ブラウン

エテュセ クリームアイライナー ウォータープルーフ ブラウン 0.1g
エテュセ クリームアイライナー ウォータープルーフ ブラウンのご紹介です。色はカーキブラウン、ブラウン、ブラックから選べる、ウォータープルーフのクリームアイライナーです。スルスルと描きやすく、初心者の方にもおすすめの商品です。

マジョリカ マジョルカ クリームペンシルライナー BR677

マジョリカ マジョルカ クリームペンシルライナー BR677 ココアブラウン (ウォータープルーフ) 1.4g
マジョリカ マジョルカ クリームペンシルライナー BR677のご紹介です。色はココアブラウン、モカブラウン、ビターブラックから選べる、ペンシルタイプのアイライナーです。リーズナブルで使いやすい点が人気の商品です。

まとめ

今回はアイラインの書き方についてご紹介させていただきましたがいかがでしたか?アイラインは目元の印象を変える非常に大切なメイクですが、なれていないとぶれたり崩れたりとうまくできない方も多いと思います。今回の記事を参考にして、アイライナーをうまく使いこなすことで、よりおしゃれにメイクができるようにがんばりましょう。