ピンでお手軽前髪!伸ばしかけも切りすぎもOKなアレンジ8選

ピンはヘアアレンジのアクセントとして重要なアイテムです。お手軽にアクセントにもなりますし、伸ばしかけや切りすぎの前髪に合わせることでうまくまとめることも可能です。

  • ピンを使った基本の前髪アレンジ
  • 初級〜中級 ピンを使ったアレンジ方法

についてご紹介いたします。

ピンでお手軽に前髪アレンジ

100円ショップやコンビニなどどこでも変える普通のピンでもお手軽に可愛く前髪をアレンジすることが可能です。上手なピンの使い方を身につけましょう。

のばしかけの前髪をピンでアレンジ

伸ばしかけの前髪でもピンを使うことで簡単に可愛くアレンジできてしまいます。

例えばじゃまにならないように前髪を流してピンで留め、耳にかけてまとめるだけで、流し髪風のアレンジもできます。

伸ばしかけの前髪をピンで上手に留めるコツは事前に前髪を少し巻いておくことです。こうすることでピンでとめた髪がぱらぱらと落ちてくることを防ぐことができます。邪魔な前髪をまとめることもできて、簡単に可愛くアレンジができるので、おすすめです。

切りすぎた前髪もアレンジしちゃおう!

ピンでのアレンジは前髪を切りすぎて失敗してしまったという方にもおすすめです。まず定番なのがねじり前髪です。前髪を真ん中で分けてねじってピンで留めるだけです。金ピンなどを使うことでポイントを作ることもできます。

また、定番の流し前髪は、ただ前髪をサイドに持ってくるだけではなく、トップの髪で三編みを作って流すことで華やかな印象を作ることができます。

他にもトップで編み込みを作って前髪と一緒に流す編み込み前髪もかわいい印象のヘアスタイルになりますので、おすすめです。前髪を切りすぎたときはとてもショックですが、ちょっとアレンジすることで目立たなく、可愛くすることができますので是非試してください。

ゴールドピンや飾りのついたピンを使ってポイントにしても!

ゴールドピンを使ってばってんどめを作ったり、ランダムどめを作ったりすることで、髪をとめるだけではなくアクセントの役割も果たしてくれます。編み込みや三つ編みとの相性もいいので是非試してみてください。

それ以外にも三角形や雪の結晶の形などゴールドピンはユニークな形を作ることもできます。

ピンを使った前髪アレンジ【初級編】

簡単にできて可愛くアレンジできるのがピンを使ったアレンジの良いところですが、ほんのちょっと工夫するだけでいろいろなバリエーションを作れます。同じヘアスタイルでも前髪のアレンジをするだけでガラッと雰囲気が変わりますので、自分の気に入ったアレンジをみつけてみましょう。

ピンを使って斜め前髪風

斜め前髪はぱっつん前髪と比べると大人っぽい印象を与えることができます。また、落ち着いた印象を与えることもできるため、ビジネスやフォーマルな場面でも使えるアレンジです。また、誰にでも似合うため使いやすいヘアスタイルでもあります。

 

曲線をつけた斜め前髪風の作り方

髪全体を8:2にわけ、8の方の前髪をトップから深めに取り、たゆませながらサイドに流します。

耳の上あたりでゆるめにピンどめしましょう。崩れないようにピンを片手で抑えながら、前髪を少し引き出して曲線を作ります。

仕上げに崩れないようにスプレーしましょう。

 

これだけで丸みのある、女性らしい清楚で可憐な雰囲気の前髪を作り出すことが可能です。また、前髪を切りすぎた際はトップから髪を持ってきて分けて流すことで、長めの前髪風にアレンジすることもできます。簡単にできていつでも使える非常に汎用性の高いヘアアレンジです。

ねじってピンで留めるだけでこんなに可愛い!

真ん中で前髪を分けて、ねじってピンで留めるだけ。これだけで可愛くて明るい印象を作ることができます。また、ゴールドピンを使うなどの一工夫でよりおしゃれに仕上げることができます。

真ん中分けで両サイドやサイドに片方だけ、外巻き、内巻きなどいろいろなバリエーションがありますので、自分にあったアレンジを見つけて楽しみましょう。

ピンでできる前髪ヘアアレンジ【中級編】

初級編で紹介したとおり、だれでも簡単にできるのがピンでの前髪アレンジですが、そこに一工夫加えることでよりおしゃれにすることができます。続いて中級編のヘアアレンジについてご紹介いたします。

編み込みをピンで留めてガーリーな雰囲気に

顔周りをすっきりさせ、清楚で華やかな印象を作り出すことができるのが前髪の編み込みです。ガーリーな雰囲気を作りたいときに試してみてはいかがでしょうか。

 

髪全体を8:2にわけ、8の方で前髪とサイドの毛束を取ります。このときにクリップなどで仮止めをしておいて、後ろの髪としっかりとわけておくことで編み込みをしやすくなります。

とった毛束でまず三編みを作って、人編みするごとに後ろの毛を少しずつとっていき、編み込んでいきます。

編み込めたら耳のラインに沿う形で耳上にピンどめして固定します。

1度で留まりづらい際はアメピンで固定して、飾りピンをかぶせることでしっかりと止めることができます。

 

ねじって後ろで留めるだけでこんなに可愛い!

伸ばしかけ前髪など前髪が長い人におすすめなのがねじりを加えたひとつ結びです。清潔感を演出でき、ねじり方で仕事やデートにも使えるアレンジです。

 

センター分けでねじってサイドの髪とつなげていきます。

半分に分けた前髪を片方ずつ毛先までねじっていきます。

そのままサイドの髪を巻き込むように後ろに向かってねじり続けます。

耳裏までねじったら、毛束から耳前の髪を少し引き出すことで、正面から見たときのニュアンスを作ることができます。

最後にピンを左右からさしてねじりをしっかりと固定しましょう。

全体を一つにまとめて完成です。

 

結び目にスカーフなどのアイテムを使うことでアクセントにもなりますし、ピンを隠すこともできるのでおすすめです。

パッチンピンを使ってポンパドール風に

こちらも長めの前髪の方におすすめのヘアアレンジです。パッチンピンを使うことで、簡単に崩れにくいポンパドール風の前髪を作ることができます。パッチンピンの代わりにクリップのピンを使うことも可能です。

 

まずポンパドールにしたい前髪の幅をとっていきます。後ろの幅は少なめで大丈夫です。前髪が短めの人はワックスや水でまとめながらやるとやりやすいです。

ポンパドールにしたい部分とサイドをしっかりと分けたらスプレーで根本を固め、取った髪をねじります。

その髪を頭に添わせ、ねじり部分の少し後ろをパッチンピンでとめます。

しっかり留まらない人は逆側から目立たない黒のパッチンピンでとめることでしっかり固定できます。

 

まとめ

ピンは簡単に伸ばしかけや切りすぎの前髪をカバーするアレンジだけではなく、様々な雰囲気を作り出すことができる万能なアイテムだということがわかっていただけたかと思います。少し工夫するだけで、色々なシチュエーションに合わせたヘアスタイルを作ることができますので、是非自分にあったヘアアレンジを見つけてみてください。