ピンでお手軽前髪!伸ばしかけも切りすぎもOKなアレンジ7選

ピンはヘアアレンジのアクセントとして重要なアイテムです。個性的なピンをポイント使いすると、とってもお洒落。伸ばしかけや切りすぎの前髪をアレンジするのにも重宝します。アレンジというと「難しそう…」と思うかもしれませんが大丈夫!
  • ピンでお手軽に前髪アレンジする方法
  • ピンを使ってできる前髪アレンジ【初級〜上級編】

今回はピンを使った前髪アレンジ法や手順を詳しく解説します。ぜひ、参考にして挑戦してみてくださいね。

ピンでお手軽に前髪アレンジ

画像引用元:latte

100円ショップやコンビニなどどこでも買えるヘアピンで、可愛く前髪をアレンジできたら素敵だと思いませんか。ヘアピンは使い方次第!例えば、以下のようなときにも重宝します。

のばしかけの前髪をピンでアレンジ

のばしかけの前髪は目に入って鬱陶しいですよね。前髪は顔の印象を大きく左右するので、中途半端だとだらしない印象になりかねません。

そんなときは、ヘアピンを使って手軽にアレンジしてしまいましょう。ちょっと工夫するだけ、ひと手間かけるだけで、すっきりとしたお洒落なヘアスタイルが作れますよ。

切りすぎた前髪もアレンジしちゃおう!

画像引用元:latte

前髪はすぐに伸びるので、自分でカットする人も多いでしょう。ときには、失敗して切りすぎてしまうことがありますよね。こんなときも、ピンでアレンジしてしまえば大丈夫!

サイドの髪の毛と合体させてピンでアレンジすれば、切りすぎた前髪の存在さえも忘れてしまいます。ヘアピンは、お悩み解決に役立つ魔法アイテムなのです。

ゴールドピンや飾りのついたピンを使ってポイントにしても!

画像引用元:latte

最近では、様々な色や飾りのついたピンが販売されています。気分やシーンに合わせてポイント使いするのも、お洒落上級者のテクニック。ゴールドピンや飾りピンをつけているだけで、いつもより華やかさを演出できます。

また、編み込みや凝ったアレンジと組み合わせれば、食事会やフォーマルな場所にもピッタリ。アクセサリーとしてヘアピンを活用するのもありですよ。

ピンを使った前髪アレンジ【初級編】①センター分けねじり前髪

ピンを使った前髪アレンジには、いろいろな方法があります。その中でも、初心者におすすめなのがセンター分けねじり前髪。

センターに分け目をつけてねじるだけのアレンジ前髪なら、忙しい朝でも時間をかけずに作れます。以下の手順を参考に作ってくださいね。

前髪をセンターで分ける

前髪をセンターで分けましょう。このとき、指を使って自然な分かれ目にするのがポイントです。そうすることで、柔らかい印象を作ることができます。

片方の前髪を後ろにむけて捻り留める

片側の前髪を取って後ろにねじります。人差し指と親指を使って、くるくると回すようにねじってください。

ねじり終わったら、耳の上あたりにピンで留めます。後ろの髪の毛を前に出して、ピンを隠しましょう。

反対側もねじって留める

反対側も同様に、くるくるとねじってピンで留めます。その後、髪の毛を出してピンを隠しましょう。

完成!

ピンが上手く隠れているか、鏡で確認したら完成です。

ピンを使った前髪アレンジ【初級編】②今ドキのシースルーバング

シースルーバングはヌケ感を演出して、女性らしさを引き立たせる前髪。このシースルーバングにひと手間かければ、もっとお洒落なヘアスタイルに仕上がります。

前髪を軽く巻く

ヘアアイロンを使って前髪を軽く巻きます。このとき、一度に前髪全部を巻くのではなく、2回に分けて巻きましょう。そうすることで、ヌケ感のある軽い仕上がりになりますよ。

前髪を1/3ほどすくいねじる

巻いた髪の毛の奥側1/3をすくってねじります。人差し指と親指を使って、くるくると髪を回すようにねじりましょう。

サイドの髪の毛の下に留める

ねじった髪の束をピンで留めます。サイドの生え際に沿わせるように置いて、耳の少し上あたりに留めましょう。

後ろの髪の毛を出してピンを隠します。

完成!

ねじった髪の毛を軽く引っ張ってボリュームを出します。全体のバランスを整えたら完成です。

ピンでできる前髪ヘアアレンジ【中級編】二つ編み前髪

ピンを使ったアレンジに慣れてきたら、もう少し手の混んだアレンジに挑戦してみましょう。

ただ、ねじるだけでなく、2つに分けて編むことで、ふんわりとボリュームのある仕上がりになります。見た目もグンとお洒落になるので、試してみてくださいね。

前髪をセンターで分け、片側の前髪を2つの束に分ける

指を使って前髪をセンターで分けます。次に、片側の前髪を取り、2つに分けてください

束を編んでいく

分けた束を交互に編んでいきます。少しキツめに編むのがポイント。ゆるいとボリュームが出ないのでキツめに編みましょう。

ピンで留め、後ろの髪の毛を出す

編み終わりの部分を、後頭部で固定してピンで留めます。少し大きめのピンの方が、しっかりと固定できるのでおすすめです。

ピンで固定したら、後ろの髪の毛を出します。

反対側も編んで留める

反対側も同様に編み、編み終わりを後頭部で留めます。先に留めたピンと同じ高さになるよう、鏡で確認しながら留めてください

そうすることで、左右対称になりバランスの良い仕上がりになります。

編んだ髪の毛を軽く引っ張る

編んだ髪の毛を軽く引っ張ってボリュームを出していきます。このとき、形を崩さないよう少しずつ出すのがポイント。できるだけ均等になるよう調整しながら出してください。

完成!

バランスが整ったら完成です。

ピンでできる前髪ヘアアレンジ【上級編】おでこを出して大胆にポンパドール

おでこ中央にふっくらとボリュームの出るポンパドールもおすすめです。ポンパドールを作るなら、始めにカーラーで髪の毛を巻いてから行うとボリュームが出やすくなりますよ。

黒目幅の前髪を取り分ける

黒目幅の前髪を取り分けて片手で持ちます。

カーラーを使って巻く

取り分けた前髪の上にカーラーを置いて、毛先から後頭部へ向かって巻いていきます。このとき、根元までしっかりと巻いてください

そうすることで、ボリュームのある仕上がりになります。

カーラーを外したら後頭側にねじる

カーラーを外したら、そのまま後頭部へ向かってねじります。一旦、毛先を頭頂部に置きましょう。

高さを出すため前髪を額側に押し出す

頭頂部に置いた毛先を少し額側に押し出します。両手を使って、形が崩れないよう慎重に行いましょう。そうすることで、高さが出てふんわり感がアップします。

ピンでしっかり留める

形が整ったら毛先をピンで留めて固定します。しっかりと固定するために、ピンを2本留めてください。1本目の近くに、もう1本留めましょう。

完成!

全体のバランスを整えたら完成です。

まとめ

ピンは伸ばしかけや切りすぎの前髪をカバーするアレンジだけではなく、様々な雰囲気を作り出すことができる万能なアイテムです。少し工夫するだけで、色々なシチュエーションに合わせたヘアスタイルを作ることができます。

ぜひ、自分好みのヘアアレンジをマスターしてくださいね。

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。