長い前髪で簡単にイメチェンできる!おすすめのアレンジ

お洒落なヘアスタイルを作る場合、前髪の仕上げが大きなポイントとなります。最近は、前髪を短めにカットするスタイルも注目されていますが、長めの前髪ももちろん人気があります。前髪が長めの方は、色々なアレンジができますので挑戦してみてはいかがでしょうか?綺麗に流すようなスタイルも素敵ですし、アップにしておでこを出すようなスタイルもオススメです。

お洒落なヘアスタイルにすることができれば、メイクも更に映えますし垢ぬけた印象にすることもできます。まずは、自分がどんなイメージにまとめたいか想像してみてください。そして、それに合わせて色々試してみましょう。

前髪は長めだと大人っぽくて上品なヘアスタイルに


前髪を長めにすると、大人っぽい品の良いヘアスタイルにすることができます。長さにもよりますが、上手に流したりカールしたりすることができれば、緩やかな流れが髪の毛にできますので、軽やかで女性らしいイメージにすることができます。前髪に流れを作ることは、それほど難しいことではありません。コテなどで簡単に作れますので、是非コツを覚えましょう。

大人っぽく仕上げるには分け目の位置に注目

大人っぽいヘアスタイルにしたい場合は、前髪を長めにしてナチュラルに流すようにスタイリングするのもオススメなのですが、その際に分け目の位置を注目してみてください。分け目は右でも左でも良いのですが、自信がある方を多く出すようにすると、より綺麗に見えます。また、根本は毛先を立ち上げるように工夫してみるのがオススメです。キープ力があるスタイリング剤を使うのも良いでしょう。ただし、あまりたくさん使ってしまうと、べたついて不自然に見えてしまうので注意が必要。

また、スタイリング剤の重みで逆に毛先がつぶれてしまうこともありますので、つけすぎないようにしてください。分け目を作ったら反対側の方に髪の毛をもっていくようにしながらスタイリングすると、根元にボリュームができてバランスよいヘアスタイルにすることができます。

前髪のセットで一工夫ポイントは顔にかかる量

前髪をセットする際に気を付けたいことは、顔にかかる髪の毛の量です。あまりたくさんかかるようにしてしまうと、不自然に見えるだけでなく暗い印象になるのでオススメできません。また、顔にかかる部分はカールをつけている方が優しい印象になります。目安として、「S字」になるようにしてみると良いでしょう。

長い前髪をクールに分ける方法


長い前髪をカッコよく分けたい場合、ドライヤーで乾かす際にコツがあります。シャンプー後、乾かし方しだいでスタイリングに差が出ますので注意しながら試してみてください。髪の毛を乾かす際には、根元からしっかりと乾かすようにするのが上手くスタイリングできるコツです。

クールに仕上げるならかきあげ前髪

カッコイイ前髪にしたい方は、かきあげ前髪にするのもオススメです。かきあげ前髪は、シンプルでありながら、凛とした大人の女性をイメージさせるヘアスタイルです。かきあげ前髪を作る場合、顔周りの髪の毛の状態が大きく左右してきます。もし、くせがある方なら、一番先に顔周りを乾かすのがコツです。クセを、上手く伸ばすようにしながら乾かしていきましょう。

コテを使わずに前髪を立ち上げるコツ

かきあげ前髪を作る場合は、根本を立ち上げるようにするとバランスが良く綺麗に見えます。前髪を立ち上げたい場合、コテを使う方法もありますが、コテを使わないで作ることもできます。髪の毛を分けたら、流したい方向に向かってドライヤーでかわかしてみてください。また、上手く前髪が立ち上がらない時は、前髪の量が少ないことも考えられます。この場合は、後ろの髪の毛を前の方に持ってくるようにしながら、前髪の量を増やしてみてください。こうすることで、前髪が立ち上がりやすくなります。

それでも上手く行かない時は、今の分け目を反対側にしてみるのもオススメです。人によって個人差があり、どちら側が立ち上がりやすいか異なりますので、両方試してみて、良いと思う方で分け目を作り立ち上がりを作ってみると良いでしょう。また、どのあたりで分け目を作ったら良いか、様子を見ながら判断することも必要。色々な角度から見ながら良いと思う分け目ポイントを見つけてみましょう。

清楚なイメージにしたいなら斜め流しがオススメ


清楚な雰囲気の仕上げたい時は、前髪を斜めに流すのもオススメです。こうすることで、上品で清潔感のあるヘアスタイルにまとめることができます。この前髪は、お子さんにも似合いますし、大人の女性にもオススメしたいスタイルです。スカートやワンピースなどを着る時などもオススメしたいヘアスタイルです。

前髪斜め流しの分け目は自然に分かれる位置を探すこと

前髪を斜め流しにしたい場合、自分にとって正しい分け目を探すことがとても大切です。正しい分け目が分かれば、それほど手間をかけずに綺麗に斜め流しにすることができますので、まずはここを注目して進めてみましょう。

小顔効果のポイントは顔にかぶせすぎないこと

できるだけ、顔を小さく見せたいとお考えの方は少なくないでしょう。顔を小さく見せたい場合は、あまり顔に髪の毛をかぶせすぎないようにすることがポイントです。また、髪の毛をかぶせすぎてしまうと、不自然に見えますし野暮ったく見えますので避ける方が良いでしょう。

仕上げで固めるのは分け目の部分と流す部分

最後の仕上げで、スタイリング剤などを使うことも多いと思いますが、つけ方にもコツがあります。あまりたくさん使ってしまと、ベタベタしたり不自然になったりして綺麗に見えません。固める際は、分け目部分と流す部分だけにしましょう。こうすることで、しっかりとスタイリングすることができますし、見た目も違和感が無くて素敵です。もちろん、良い状態を長くキープすることもできます。

元気いっぱいなキャラになるデコ出しアップスタイル


前髪をあげたり短くカットしたりしておでこを出すようにすると、明るくてオープンな印象にすることができます。印象も良いですから、オススメの前髪スタイルだと言えるでしょう。デコ出しアップスタイルも、そんなオススメしたいヘアスタイルです。明るくて爽やかな印象がありますし。元気で健康的な印象にすることもできます。

デコだしの王道ポンパドールの特徴

ポンパドールは、お洒落で上品に見えるヘアスタイルです。前髪にボリュームを付けてまとめるので、バランスが良く女性らしく見えるのも魅力です。また、明るくて元気な印象になるのもメリットです。ポンパドールは、前髪が長い方はもちろん、前髪があまり長くない方でも綺麗に仕上げることができます。ゴムやピンなどを使って固定すれば、崩れにくくなりますので、是非挑戦してみてください。いつもとはちょっと違ったお洒落をしたいと思った時は、手軽にできるポンパドールがオススメです。

前髪のまとめ方のポイント

ポンパドールにしたい時は、前髪を少し後ろの方にずらしてまとめるのがオススメ。両目の黒目あたりの幅でまとめるとバランスが良くまとめることができます。もちろん、お好みで幅を決めても良いでしょう。次に、ゴムでまとめた前髪を前にずらすようにして、前髪にボリュームをつけてふんわりとさせます。最後にヘアピンなどを使って固定すれば完了です。

ピンを使わない時のボリューム調整の仕方

ヘアピンを使いたくない時は、ゴムだけ使って作ることもできます。前髪をまとめたら、ゴムの位置を前の方に異動させます。前髪の毛をつまみ出しながら整え、程よくボリュームをもたせたら完了です。この時、バランスを見ながら少しずつ髪の毛を中から出すようにするのがコツです。ゴムがきちんと固定されているようなら、崩れにくいですから安心して過ごすことができます。

この方法は、小さなお子さんにもオススメの方法です。ヘアピンを使いませんので安心して可愛いヘアスタイルを作ることができます。もちろん、大人女性も手軽に前髪アレンジができますので多くの方にオススメです。

まとめ

前髪を長くしている方は、色々なアレンジを楽しむことができます。コテを使って女性らしいお洒落なヘアスタイルも作ることができますし、アップにして元気で明るい雰囲気が嬉しいポンパドールも可能です。どんな前髪を作る場合も、それぞれ綺麗に仕上げたり良い状態を長くキープしたりするためのコツがありますので、是非試してみてください。

また、ヘアスタイルを綺麗に仕上げるためには、シャンプー後しっかりと乾かすようにすることも大切なポイントです。中途半端に乾かしてしまうと、思い通りのスタイリングができなかったり、おかしなうねりやくせが出てしまったりするので、しっかりと根元から乾かすようにしましょう。