ギザギザ前髪はどんな髪型にも似合うオールマイティさが魅力!スタイル16選&カット・セット方法

今人気のギザギザ前髪は、ショートやミディアム、ロングやアップスタイルなど、どんな髪型にも似合うオールマイティさが魅力。重くなりがちな黒髪だって抜け感のあるオシャレなスタイルに仕上がります。
  • ギザギザ前髪のヘアカタログ集
  • ギザギザ前髪が選ばれている理由
  • プロが伝授するギザギザ前髪の切り方
  • ギザギザ前髪のセットのコツ

を紹介します。

ギザギザ前髪のヘアカタログ集

画像引用元:latte

まずは、種類別にギザギザ前髪のヘアカタログ集を紹介します。あなたに似合うお気に入りを見つけてくださいね。

ショートのギザギザ前髪

ショートヘアのギザギザ前髪には、こんなアレンジがあります。

短めでカワイイ♡ベリーショートのウルフカット

画像引用元:latte

ボーイッシュになりがちなベリーショートのウルフカットも、前髪をギザギザにカットすることでキュートな印象に。毛先の無造作なカールが柔らかい雰囲気を演出します。

揺れ感がお洒落なくせ毛風愛されヘア

画像引用元:latte

ゆるふわパーマで小顔効果バツグン!前髪を無造作にカールさせて柔らかくまとめたフェミニンスタイルです。

ボブのギザギザ前髪

ボブのギザギザ前髪アレンジはこちら。

おでこ見せがかわいい耳掛けボブスタイル

画像引用元:latte

ギザギザカットのシースルーバングで抜け感をプラスしたボブスタイル。耳かけ効果も加わって、ナチュラルだけど女っぽさを表現しています。

バランス感が素敵な大人のショートボブ

画像引用元:latte

オン眉前髪の黒髪ショートヘア。ギザギザカットを軽く巻いてまとまりよく仕上げています。

スタイリング剤で束感とツヤをプラスした、ラフでキュートなスタイルです。

ミディアムのギザギザ前髪

ミディアムスタイルによく似合うギザギザ前髪はこちらです。

抜け感で重くなりすぎない☆ストレートヘア

画像引用元:latte

オン眉シースルーバングで抜け感を作り、軽やかさを出したミディアムヘア。ストレートだけど毛先を軽く巻いているので、柔らかい印象に

しっかりめの眉メイクで目力をアップさせましょう。

ウェットな黒髪でおフェロなミディアムヘア

画像引用元:latte

重い印象になりがちな黒髪をウエットに仕上げたおフェロミディアム。オン眉のギザギザカットで抜け感をプラスしています。

大人かわいいセクシースタイルです。

ロングのギザギザ前髪

重くなりがちなロングヘアも、ギザギザ前髪と組み合わせれば明るい印象に。ロングのギザギザ前髪アレンジはこちら。

ギザギザ前髪で元気なロングヘア

画像引用元:latte

緩めウェーブで柔らかさを出したロングヘアに、オン眉前髪で軽やかさをプラスしています。耳かけ効果も加わってアンニュイな印象に

前髪をギザギザカットで無造作にすることで明るく元気なイメージにも

ゆるふわカールのアップスタイル

画像引用元:latte

ゆるふわカールが女性らしいアップスタイル。無造作な毛先が華やかさを引き立たせます。結婚式やパーティシーンにおすすめです。

アシメのギザギザ前髪

アシンメトリーにカットしたギザギザ前髪スタイルはこちらです。

ふんわり可愛いミディアムアレンジ

画像引用元:latte

重めレイヤーの毛先にパーマをかけてふんわり感を出したミディアムスタイル。ギザギザカットでアシメに揃えた前髪が、オシャレ度をアップさせています。

明るめブラウンのメッシュカラーが個性的。

無造作がかわいい♡ボブアレンジ

画像引用元:latte

全体を無造作なウェーブで仕上げたショートボブ。ツヤのあるブラウンカラーで透明感を出しています。ショートだけど柔らかいのが魅力

フェミニンなファッションがよく似合います。

シースルーのギザギザ前髪

ギザギザ前髪をシースルーに仕上げたスタイルはこちらです。

アップスタイルにも差がつくシースルーショートバング

画像引用元:latte

編み込みアップスタイルにシースルーショートバングをプラスした個性的なヘアスタイル。スタイリング剤でウェットに仕上げています。

外国人風カラーと和風ヘアアクセサリーがベストマッチ。

ダークトーンでも透け感ありのシースルーバング

画像引用元:latte

重くなりがちなダークトーンカラーも、シースルーバングで軽やかに。スタイリング剤で束感を出して、さらに抜け感を演出しています。

面長さんのギザギザ前髪

面長さんによく似合うギザギザ前髪スタイルを紹介します。

小顔効果アリ★アシメバンクのロングヘア

画像引用元:latte

アシンメトリーにカットした透け感のある前髪で、長めのロングも重くなりません。ゆるふわウェーブをウエットに仕上げることで、おフェロ感を演出しています。

ニュアンスパーマで差がつく外ハネボブ

画像引用元:latte

ふんわりと広がるニュアンスカールが印象的なミディアムスタイル。肩のラインで毛先を外ハネにして元気な印象に仕上がっています。

前髪は長めのシースルーバングで抜け感をプラス。明るめブラウンカラーがアンニュイな柔らかさを表現しています。

ギザギザ斜め前髪

ギザギザで、さらに斜めにカットすると、こんなアレンジができあがります。

子供っぽくならないボブスタイル

画像引用元:latte

オーソドックスになりがちなボブスタイルも、前髪を斜めにカットすれば大人っぽい印象に。目元メイクにひと工夫すれば、個性が光ります。

ショートバングのふんわりロングヘア

画像引用元:latte

ボリューミーなロングスタイルも、斜めショートバングにすれば明るい印象に。外巻きのカールとの相乗効果でオシャレ感が引き立ちます。

ギザギザ前髪が選ばれている理由

ギザギザ前髪が人気なのは何故でしょう。それには、こんな理由が考えられます。

ギザギザ前髪はオールマイティ?

前髪は顔の印象を大きく左右する部分です。ショートバングやシースルーバング、前髪なしと種類もいろいろある中で、今ギザギザ前髪が人気の理由は、オールマイティに合わせられること。

どんな顔かたちにも似合う

画像引用元:latte

ギザギザ前髪は、どんな顔かたちにも似合うのがメリットです。逆三角形や面長、ベース型や丸顔、全ての顔立ちに似合います

ショートにもロングにも対応

ショートやロングといった、どんな長さにも似合うギザギザ前髪。短めにカットすれば、爽やかで涼し気な印象になります。長めにカットすれば、その日の気分に合わせてヘアアレンジも可能。

プロが伝授するギザギザ前髪の切り方


前髪はすぐに伸びるので、できれば自分でカットしたいですよね。ギザギザ前髪なら、自分でカットもOK。ここからは、プロから学ぶ上手な切り方を紹介します。

ギザギザ前髪に必要なアイテム

画像引用元:latte

自分でギザギザ前髪を作るなら、あらかじめ必要な道具を揃えましょう。そうすることで、簡単にキレイなギザギザ前髪ができあがります。

ヘア用クリップ

プロヴァンス ニューフォルマクリップ L 黒 2P

サイドの髪の毛が落ちてくると、前髪カットの邪魔になります。あらかじめ、ヘア用クリップでよけておきましょう。

また、前髪の分量が多い人は、表面と内側の2層に分けて表面部分をヘアクリップで留め、内側から切ってください。そうすることで、切りやすく自然な仕上がりになります

コーム

Orienex 櫛 セットコーム 高級リングコーム 静電防止 プロ用 耐熱仕様 ヘアケア 折れにくい メンズ 男女兼用 (ベークライト)

前髪をカットするときは、コームで整えながら少しずつ切っていきます。自分が使いやすいコームを準備しておきましょう。

ヘアカット専用のハサミ

富士山 シザー カットシザー & セニングシザー 2丁セット プロ仕様 美容 ヘアカットハサミ セニング スキバサミ 散髪 はさみ

キレイに仕上げるためにもヘアカット専用のハサミを使いましょう。前髪カットにはコンパクトサイズがおすすめ。持ちやすく使い勝手がいいのが特徴です。また、先端が尖りすぎているものは、怪我の原因になりかねません。安全面も考慮して選びましょう。

スキバサミもあると重宝します。仕上げの調整に使うと自然な仕上がりになるでしょう。

前髪の持ち方とハサミ使いのポイント

前髪は一度に全て切るのではなく、人差し指と中指の間に少量ずつ挟んで、すくいながら数回に分けてカットしましょう。

まず、ハサミを垂直にあてて決めた長さに切り揃えます。その後はハサミを縦にあてて、角度をつけながらギザギザを作りましょう。

ギザギザに切りたい時のハサミの角度と深さ

ギザギザを強調させたくないときは、角度をあまりつけずにハサミの先端を使って切っていきます。反対にギザギザを強調させたいときは、角度を大きくつけてハサミの中間辺りから切りましょう。

つまり、角度と深さが大きくなるほどギザギザ感が強調されるのです。

朝のセットが超簡単!ギザギザ前髪のセットのコツ


ギザギザ前髪はスタイリングが簡単にできるところも魅力です。おかしなクセが付きにくいので、朝のスタイリングがパパっと仕上がります。

ここからは、ギザギザ前髪のセットのコツを紹介します。

乾かす時に浮かないように

前髪を乾かす時は、浮かないように注意しながら行うのがポイントです。短めにカットしたときは特に浮きやすくなるので、気を付けて乾かしましょう。

シャンプーしたら、なるべく早めにドライヤーで乾かすのが大事。長く濡れた状態にしておくと髪が傷みやすくなります。また、クセが出やすくなるので、できるだけ早く乾かしましょう。

面倒なブローは不要♪抑えながら乾かすだけ

画像引用元:latte

ギザギザ前髪は面倒なブローは不要です。ドライヤーで乾かすときは、前髪を抑えるようにして乾かしましょう。ドライヤーを頭の上からあてて、指を上から下に通しながら乾かすと浮きません。

髪の毛にクセがある人は、前髪が交差するように指を斜めに動かして乾かしましょう。右側の髪の毛を左に流しながら、左側の髪の毛を右に流すようにするやり方です。そうすることで、クセが矯正されてまっすぐに仕上がります。

仕上げはあっさり感が大事!スタイリング剤のつけすぎに注意

画像引用元:latte

スタイリング剤を使って、崩れにくくしたりツヤを出すのもいい方法です。ただし、つけすぎには注意しましょう。

前髪がベタついていると不潔な印象に。スタイリング剤は極少量がベストです。全体につけた後、わずかに残った分量を毛先につけましょう。スプレータイプなら、できるだけ遠くから噴射してください。そうすることで、ベタつき感なく仕上がります。

まとめ

今人気のギザギザ前髪について紹介しました。ギザギザ前髪はどんな顔立ちやヘアスタイルにもマッチします。

道具を揃えておけば、自分でも簡単に作れるのも魅力。あなたのセンスで自分だけのギザギザ前髪作りに挑戦してみてください。

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。