前髪はギザギザがトレンド!どんな髪型にも似合うオールマイティ

前髪の切り方やスタイリングで、顔の印象はかなり変わってきます。色々なヘアスタイルがありますが、色々試して自分に合う前髪を探すことは大切なことです。なぜなら、誰かと始めて会った時に、一番初めに目に入るのが顔。つまり、前髪のスタイルだからです。ご存知のように、第一印象は非常に大切なもの。最高に良い印象を相手の方に与える為にも、是非注意しておきたいポイントです。また、自分がどのように自分を演出したいのかによって、オススメしたい前髪のスタイルも異なります。希望に合わせて、良いヘアスタイルを探していきましょう。

ギザギザ前髪が選ばれている理由


様々な前髪がありますが、最近は短めにカットする前髪やギザギザにカットする前髪も人気が高くなっているようです。ギザギザの前髪の一番良いところは、どんな人にも似合うということです。試しやすいのではないでしょうか?

ギザギザ前髪はオールマイティ?

前髪をギザギザにカットする方法は、どんなヘアスタイルにも合わせやすく失敗しにくいので気軽に試すことができます。前髪を軽めにしてギザギザにすれば、程よくおでこが見えますので、明るい印象を与えることもできます。それに、何より自分が軽やかな気持ちになれますので、そこが良いと思う方も少なくありません。もし、気分転換を兼ねてイメチェンしたい時は、斜めに流すようなセットもすることができますし、ナチュラルに分けてセットすることもできます。

また、ショートカットもセミロングも、ロングヘアもパーマヘアにも合わせやすいギザギザ前髪。全体のバランスを考えて、長さを調整してみると良いでしょう。

顔立ちを選ばない「七難を隠す」前髪

ギザギザ前髪は、どんな顔かたちの方にも似合うのがメリットです。逆三角形の方も面長の方、ベース型の方、丸顔の方全ての方に似合います。また、イメージに合わせて長さを選ぶことができるのも良いところです。短めにカットすれば、爽やかで涼し気な印象になりますし、明るさも演出することができます。また長めにカットすれば、その日の気分に合わせて前髪のヘアアレンジも可能になります。可愛いヘアピンなどヘアアクセサリーなどとの相性も良いですから、色々楽しめそうです。

「七難を隠す」。そんな言葉が、似合いそうな前髪のスタイルです。

ショートもロングにも対応「可愛く魅せる」ギザギザ前髪

前髪をギザギザにカットすると、大人っぽい印象と言うよりは、若くて可愛らしい印象を目指すことができます。見た年齢を下げたいと考えている大人の方にもオススメのヘアスタイルです。もちろん、ショートカットやロングヘアなど、様々なヘアスタイルに合います。また、バッグ部分はパーマをかけて、前髪だけストレートにするのも可愛らしいヘアスタイル。ギザギザ前髪で、素敵にきめましょう。

朝のセットが超簡単!ギザギザ前髪のセットのコツ


ギザギザ前髪は、色々なメリットがありますが、スタイリングが簡単にできるところも魅力です。おかしなクセが付きにくいのも良いところで、朝のスタイリングをパパっと仕上げることができるのも嬉しいところです。

軽く濡らした前髪が乾かす時に浮かないように

どのようなヘアスタイルを作るときにも言えることなのですが、綺麗なヘアスタイルを作るためには、シャンプー後にドライヤーで乾かす際にコツがあります。シャンプーしたら、なるべく早めにドライヤーで乾かしてしまうこと。長く濡れた状態にしておくと髪が傷みやすくなりますし、クセが出やすくなりますので、すぐに乾かすことをオススメします。

また、前髪を乾かす時は、浮かないように注意しながら行うこともポイントです。短めにカットした時などは、特に浮きやすくなりますので、気を付けて乾かしましょう。

面倒なブローは不要♪抑えながら乾かすだけ

ギザギザ前髪にした場合は、面倒なブローは不要になります。ドライヤーで乾かす時は、前髪を抑えるようにして進めてみてください。髪の毛にクセがある方は、髪の毛を乾かす際に前髪が交差するようにしながら進めるのも良いかもしれません。右側の髪の毛を左の方に流しながら乾かし、左側の髪の毛を右側に流すようにしながら乾かすといったやり方です。

仕上げはあっさり感が大事!スタイリング剤のつけすぎに注意

前髪がべたついて見えると、清潔感を損なってしまいますので注意が必要です。前髪のスタイリングの際は、スタイリング剤はごくわずかにすることをオススメします。つけすぎには注意しましょう。スプレーなどを使用する場合は、少し話したところから少量を吹き付けるようにするのがコツです。近すぎるところから引き付けてしまうと、どうしてもべたついたり重く見えたりするからです。

プロが伝授するギザギザ前髪の切り方


人気のギザギザ前髪は、自分でカットすることもできます。しかしながら、その際に注意したいこともあります。ポイントは、ハサミの入れ方です。慣れている方でしたら、あまり気にせずに綺麗にカットすることができるのですが、慣れていない方は、丁寧にゆっくりと進めていきましょう。

前髪の持ち方とハサミ使いのポイント

前髪は、一度に全て切るのではなく、少量をすくいながらカットするようにしてみてください。その際に、前髪を予めどれくらいの長さにするのか決めてから進めると、イメージに合った長さにすることができます。例えば、眉上くらいの長さにしたい場合は、先に前髪をイメージの長さに切りそろえておきます。次に、前髪の中央くらいのところを指で押さえてください。そして、ハサミを深めに入れてゆっくりと切っていきます。

ハサミをあまり深くないところで切るようにすると、上手くギザギザ前髪にすることができません。コツは、ハサミを深めに入れること。こうすることで、自然なギザギザが生まれます。

ギザギザに切りたい時のハサミの角度と深さについて

前髪をギザギザにカットする場合、ハサミは深めに入れるのがコツなのですが、その際にあまり角度をつけてカットすると、綺麗に仕上がりませんので注意が必要です。角度をあまりつけないようにして、ゆっくりと切ってみましょう。こうすることで、程よいギザギザ感を作り出すことができます。

ギザギザ前髪の必要アイテム

自宅にて、自分でギザギザ前髪を作ることができますが、その際にあると便利なアイテムがいくつかあります。前髪はすぐに伸びて切りたくなるものですから、予め買いそろえておくと良いかもしれません。金額もそれほど高価ではありませんので、検討してみてはいかがでしょうか?

ヘア用クリップ

プロヴァンス ニューフォルマクリップ L 黒 2P
プロヴァンス ニューフォルマクリップは、髪の毛が絡みにくく簡単に髪の毛を抑えることができる、あると便利なアイテムです。サイドの髪の毛をこのアイテムで押さえながら、前髪をカットすることができます。また、前髪のカット以外でも色々使えて便利。スタイリングする際にも使える、オススメのアイテムです。

コーム

Orienex 櫛 セットコーム 高級リングコーム 静電防止 プロ用 耐熱仕様 ヘアケア 折れにくい メンズ 男女兼用 (ベークライト)
自分で髪の毛をカットする方は、使いやすいコームが一つあると何かと便利です。こちらのコームは、静電気を防止できるのもメリット。季節を問わず、安心して使うことができます。軽くて使いやすいですから、カットする時もたくさん活躍してくれそうです。また、頭皮を傷つけにくいのも魅力のコームですから、安心してお使いいただけるのではないでしょうか?

ヘアカット専用のハサミ

富士山 シザー カットシザー & セニングシザー 2丁セット プロ仕様 美容 ヘアカットハサミ セニング スキバサミ 散髪 はさみ
髪の毛をカットする場合、やはり使いやすくて安全なハサミが必要になってきます。こちらのハサミは、美容ハサミ専門メーカーによって生み出されたアイテム。プロ以外の方も、使いやすい工夫がされているのもメリットです。また、お手元に届いたらすぐ使えるところも嬉しいところです。全長は、168mmです。柄部は90mmで、鋏身部は78mm。重量は、52gとなっています。

こちらのハサミを使う場合は、安全に使うためにも、予め取扱説明書をよく読んでから使うようにしてください。また、いつも良い状態で使える為にも、使った後はお手入れをすることが大切です。良いアイテムがあれば、きっとカットも素敵にきまることでしょう。

まとめ

前髪の雰囲気次第で、ヘアスタイルのイメージがかなり変わってきます。人気のギザギザ前髪は、どんな顔かたちの方にもどんなヘアスタイルの方にも似合うのがメリットです。ほどよく軽くなった前髪は、明るい印象にしてくれますし、可愛らしく爽やかなイメージにすることもできます。ギザギザ前髪は、美容院でカットできるのはもちろんですが、自分で切ることもできます。ハサミやコームなど必要なアイテムを揃えて挑戦してみてはいかがでしょうか?その際にいくつかコツがありますので、注意しながら進めてみてください。