スカスカ前髪がキュート♪シースルーバングのヘアアレンジ方法

個性的な前髪が色々登場しています。お洒落な方は、流行のヘアスタイルを積極的に試しているのではないでしょうか?シースルーバングにする方も、最近はよく目にするようになってきています。長い前髪、短くカットした前髪、アシメカット、パーマ、ラウンドなどなど、たくさんのヘアスタイルがありますが、シースルーバングはそれとはまた違ったメリットがあります。

トレンドのシースルーバングとは

最近、注目されているシースルーバング。こちらは、前髪をかなり薄くするスタイルです。ロングヘアやセミロング、ショートなど、色々なヘアスタイルに合わせることができる他、得られるメリットがたくさんあります。驚くほど思い切ったカット方法ではありませんので、誰でも試しやすいところも魅力だと言えそうです。

重ための前髪をスカスカにしてふんわり柔らかい印象に

前髪が多かったり長すぎたりすると、場合によっては重い印象になってしまうことがあります。それが、しいてはその人の印象を暗いものにしてしまうことさえあるのです。ですから、前髪は長さや形、暑さなど注意したことがたくさんあります。シースルーバングの良いところは、前髪をほどよくスカスカにすることで、不要なボリュームを取り除き軽やかに。その上で、ふんわり感を出すことができるところです。

女性らしい、優しい雰囲気にすることができるところも魅力。個性をピールしながら、自分らしいお洒落なヘアスタイルを楽しむことができます。

手っ取り早いイメチェンで小顔効果

顔を、できるだけ小さく見せたいと思っている方は多いでしょう。そんな方にもオススメしたいのが、このシースルーバングです。それほど大げさなスタイルではないものの、お洒落感はかなり高く、小顔効果も期待することができます。手軽に、手っ取り早くイメチェンできるところも良いところ。前髪を変えるだけで、明るくて軽やかで優しい雰囲気を手に入れることができますので、多くの方にオススメです。

朝のセットは手間いらず

薄くしている前髪は、朝セットする際にもとても楽です。クセが付きにくいといった良さもありますので、忙しい朝を過ごす方にも良いヘアスタイルだと言えるでしょう。場合によっては、前髪を整えたら後ろは一つにまとめてヘアアクセをオンしただけでも綺麗にまとめることができます。また、暑い季節もこの前髪ならより涼やかに過ごせそうです。

シースルーで失敗しやすい原因

人気のシースルーバングですが、カットする際に注意しておきたいこともあります。

短く切りすぎでおでこが強調

シースルーバングにする場合、前髪の長さはあまり短くしない方が、よりこの前髪の良さを強調することができます。ふんわりさせたり清楚な印象にしたりと、メリットがたくさんありますので、そこをつぶさないようにしたいと思います。ですから、あまり短くカットするのはオススメできません。せっかくのふんわり感が減ってしまいますし、おでこを強調しすぎてしまう可能性もあるからです。前髪をシースルーバングにする時は、長さについて慎重になることをオススメします。

スカスカすぎで前髪が消滅

ほどよい軽さが魅力でもあるシースルーバング。ところが、あまり前髪を薄くし過ぎてしまうといった失敗をすることもありますので注意が必要です。薄すぎると、前髪らしくなりませんし、バランスが悪く、何より不自然になってしまいます。

重さの好みも人それぞれだと思いますので、バランスを見ながら良いと思う薄さと長さを見つけてみましょう。また、シースルーバングは、斜め前髪にすることも可能。アレンジしやすい長さと薄さを選ぶのも良いでしょう。

脇まで広げすぎると小顔効果が逆に

小顔効果を期待して前髪をカットしたい場合、脇まで広げ過ぎないように注意することも必要です。脇の方まで広げてしまうと、小顔効果が期待できなくなるだけでなく、反対に顔の大きさを強調してしまう場合もあります。

セルフで前髪をスカスカにするために必要なもの

ほどよく前髪をすいて、お洒落で女性らしいふんわりヘアを楽しみましょう。自分で前髪をシースルーバングにする時は、揃えておきたいアイテムがいくつかあります。最低限必要なものを揃えて置けば、いつでも自分で好きなように前髪をカットすることができますので、是非用意してみてください。

ハサミ

LICEL 自宅でプロ仕様 プロの力を借りなくても 初心者・美容師向け SUS420高級ステンレス製 カットシザー/セニングシザー ブルー 保管ケース付き 写真でわかりやすいマニュアル説明書付属!
前髪を自分でカットしたい場合、使いやすい専用のハサミが必要となります。普通の紙を切るようなハサミでは不十分ですから、是非髪の毛をカットするためのハサミを用意してください。こちらのアイテムは、髪の毛を切ることもすくこともできるタイプです。使いやすくて切れ味も良いですから、理想の前髪を作りやすいのではないでしょうか?また、ケースがついていますので、保管するのも便利です。安全に保管して、使う時はストレスなく使える。たくさん活躍してくれそうです。

高級ステンレスで作られている、カットシザーとセニングシザー。ヘアカットについて、説明書が付いているのもメリット。セルフカットの際のポイントについても知ることができます。全長が17cm。カラーは、シルバー×ブルーとなっています。

コーム

自宅de美容室 散髪 セルフカット サポーター ヘアカット 前髪カット コーム
これからたくさん前髪をカットすることが予想されるのでしたら、やはり使いやすいコームを用意した方が何かと便利です。シースルーバングに関わらず、斜め髪やパッツン髪などにする時なども、やはりコームが欲しくなってくるからです。こちらは、少々ユニークな形のコームとなっています。コームにポケットがついているので、切り終わった後の髪の毛を片づける時も、後で掃いたり集めたりする必要がなく、簡単に処理することができます。

また、クシの部分がデコボコになっているところも特徴。これにより、より自然な前髪にカットすることができます。前髪を切りすぎたりばらばらに切ったりしにくいのもメリットです。

コテ

BESTOPE ヘアアイロン カール 巻きコテ 25~38mm 140〜220℃ 温度調整 耐熱性 LCDディスプレイ 自動off 海外対応 取扱説明書付き 2018新開発 ピンク 1年保証付
シースルーバンクにしたら、是非ふんわり感をだしたいところ。その際にあれば便利なアイテムが、コテです。コテがあれば、前髪だけでなく後ろ部分もサイド部分も理想に合わせて巻いたり伸ばしたりすることができます。ドライヤーではなかなかできないあれこれも、コテならできることもありますので、是非一つ用意しておくことをオススメします。

こちらのコテは、140度~220度まで温度調節することが可能。直径が25mm~38mmとなっていますので、色々なヘアアレンジを楽しむことができます。また、手に馴染み使いやすいところも嬉しいところ。髪の毛を真っ直ぐにするのもカールさせるのも、スムーズにできます。重さは、360g。サイズは、36センチ。お洒落な外観もオススメしたいポイントです。

セルフで前髪をスカスカにするコツときれいに仕上げるポイント


前髪を、ほどよくスカスカに。ほどよく短く長く。シースルーバングにしたい時、どのようにしたら綺麗にできるのかいくつかポイントをご紹介します。ポイントが分かれば、セルフでも素敵に前髪を整えることが可能です。

セルフカットは最初から短くしすぎないのがコツ

特に初めて自分で髪の毛をカットする方は、どれくらいの長さが自分にとって丁度良いのか分からないことも多いかと思います。ですから、初めから短く切るのは避けた方が安心です。少しずつカットしながら、様子を確認しつつ進めることも大切です。バランスを大切にしながら、慎重に進めていきましょう。

切らずにピンやカチューシャでスカスカにするのもおすすめ

前髪をスカスカにしたいと思った場合、ハサミで様子を見ながら薄くしていく方法もあるのですが、この他にも是非試して欲しい方法があります。それは、カチューシャなどヘアアイテムを使ってスカスカにする方法です。この方法の良いところは、その日の気分によって、スカスカにしたり、スカスカにせずに斜め髪にしたりなど、色々な前髪を楽しむことができるところです。髪の毛を切らないので、よりたくさんの前髪アレンジができます。ヘアピンなどを利用して、スカスカ前髪にすることもできます。簡単ですから、切る前に一度こちらを試してみてはいかがでしょうか?

ストレートパッツンよりゆるふわカールすると上品さアップ

前髪の雰囲気で、その人の印象が大きく変わってくるものです。前髪をゆるふわカールすると、その人そのものも優しくて女性らしい雰囲気にすることができます。これは、ブラックヘアであってもカラーリングした髪の毛であっても同じことが言えます。ブラックヘアでゆるふわカールすれば、上品な印象にすることができます。またカラーリングした髪の毛でゆるふわカールにしたら、あか抜けた優しい雰囲気に仕上げることができます。

まとめ

今注目のシースルーバンク。この前髪のメリットは、女性らしくて優しい雰囲気にできるところです。また、黒髪でもカラーリングした髪でもお洒落に見えるところもメリットです。自分でカットすることもできますので、コツを覚えて慎重に進めてみると良いでしょう。