前髪を斜め分けにする!誰にでもできるセット&カット方法、崩れないキープ方法

前髪の形に悩んだときにおすすめの前髪として挙げられるのが、斜め分け前髪です。斜め分け前髪は、簡単に清楚な雰囲気を作れるおすすめの前髪ですので、前髪の形に悩んだときは、チャレンジしてみると良いでしょう。

斜め分け前髪は前髪があれば簡単に作れるのですが、セットの方法を間違えてしまうと、上手く分けられなかったり、すぐに分け目が戻ってしまうなど、綺麗に分けられなくなる可能性があります。斜め分け前髪に挑戦するときには、こんなポイントを抑えてみるのがおすすめです。

斜め分け前髪の作り方

斜め分け前髪は意外と簡単に出来ますが、作り方をしっかり抑えておかないと、綺麗に分けられません。斜め分け前髪の、基本の作り方を御説明します。

コテを使って斜め分け前髪を作る方法


コテを使って作る、斜め分け前髪のやり方です。しっかりとコテを温めた後、分け目を決めた前髪に、コテを使えば完成。ですが、上手に熱を通さないと、変なはねグセがついてしまうので、注意が必要です。

コテを使う時には、前髪を挟んで、前髪を内側に巻くイメージで、斜めに流していきます。前髪を固まりで持ったら、おでこに当たるくらいの低めの高さにでキープし、ゆっくりとコテを通していきます。力強くコテを持ってしまうと、ガクガクとした折れ目が前髪についてしまうので、優しい力で、徐々に手首を使ってアイロンを通すことが大切です。

ピンを使って斜め分け前髪を作る方法

熱を通さずに斜め分け前髪を簡単に作る方法です。ワックスを軽く前髪に付けて整えたら、斜めに分けたい方向に前髪を持っていき、最後にヘアピンを付けるだけでOKです。前髪を綺麗に整えてからピンで留めれば、綺麗に留められるでしょう。

斜め分け前髪をセルフカットで作る方法


斜め分け前髪を、セルフカットで作る方法です。こちらは長めの前髪をカットして作る方法ですが、前髪部分を三角形に持ち、前髪を流したい方向を決めたら、カットしていきます。カットをする際には、顔から少し前髪を離してカット。三角形を更に2つに分け、流したい方向と逆側の前髪を、真っ直ぐ切った後、残った流す側の髪の毛もカットして、長さを整えていきましょう。

カットが終ったら、髪の毛の量をすいていきます。すきたい部分の髪の毛をねじったら、毛先にすきバサミを2回ほど入れると、ちょうど良く量をすきやすいでしょう。髪を流したい側と逆側の髪の毛は、少し多めにすくと、分けやすくなります。

斜め分け前髪の作り方・上級者編

斜め分け前髪を作る方法は他にも色々な方法がありますが、例えば、上級者向けの方法として、こんな方法もあります。特殊な状態の前髪を、綺麗な斜め分け前髪にしたいという方におすすめです。

ぱっつんの前髪を斜め分けにする方法


毛先を流したい方向を決めたら、パッツン前髪を真っ直ぐ下ろし、毛先に縦にハサミを入れていきます。流したい方向の前髪はそのままに、逆側の前髪の髪の毛を1~2センチ程度短く切って、少しずつ前髪を整えていきましょう。

前髪をカットした後、アイロンを使って、前髪を流したい方向にセットすれば、パッツン前髪を斜め分け前髪にチェンジすることができます。パッツン前髪からイメチェンをしたいという時にも、おすすめの方法です。

ワンランク上!モデルみたいな斜め前髪にする方法


前髪を流したい方向と、逆の方向へドライヤーを当てたら、根本からしっかりとブローしていきます。ブローをした後、前髪を流したい方向へと更に流して完成です。この時に、おでこが見えすぎていると綺麗にみえないため、おでこを出す範囲は、細めの三角形を意識して作りましょう。

また、前髪を作る時には、ふんわり感を意識することも大切です。ペタンコになってしまわないように、ブローする際に、気持ちふんわりとボリュームを持たせるようにして下さい。

斜め前髪で前髪をきれいに巻く方法


髪の毛をしっかりと根本まで濡らし、ドライヤーでブローしていきます。ブローをする際には、流したい方向とは逆の方向からドライヤーを当てることがポイントです。次に、ドライヤーを当てる際に、髪の毛を引っ張りながら温風を当てて、癖の部分を矯正をしたら、コームを使って分け目を決めましょう。分け目を決めたら、ストレートアイロンでカールをかけるつもりで、内巻をしながら、前髪を流したい方向へ流していきます。

アイロンを当てた後、熱が冷めないうちに手やコームを使って整えたら、綺麗な斜め分け前髪の完成です。アイロンは何度も当てることをせずに、一度だけ当てるようにしましょう。

斜め分け前髪を一日キープする方法

せっかく綺麗に斜め分け前髪がセット出来たのに、出かけ先ですぐに戻ってしまったと、嘆き悲しんでいる方も多いかと思います。セットした後にキープをする為には、スタイリング剤を使う事が大切です。また、キープ力を持続するドライヤーの乾かし方を知っておくと、便利に活用出来るでしょう。

>割れないきれいな斜め分け前髪にする乾かし方


髪を根本からしっかりと濡らしたら、ドライヤーを使って乾かしていきます。分け目の部分をまたぐようにブラシをかけ、分け目と逆方向に髪の毛を流したら、ブローしていきましょう。逆方向に流して乾かしたら、流したい方向に下からブローをして完成です。

アイロンを使ってキープしやすい前髪を作る方法


アイロンを温めてから、前髪を挟んだ後、すっと手首を使って、真っ直ぐアイロンをかけ、毛先になったら内側にくるんと巻く感覚で、アイロンを使います。時間をかけてゆっくりやり過ぎると、カクカクとした跡がついてしまいますので、優しい力でスッと行う事、手首のスナップを上手に利かせる事を意識するのが大切です。

アイロンを通した直後、温かいうちに形を指で整えて完成です。何度もアイロンを使ってしまうと、キープ力が失われてしまいますので、一度だけ通すようにしましょう。スプレーやワックスを使う際には、指に付けてから前髪につけることで、しっかりとキープ出来ます。

アイロン+ケープを使って崩れない斜め分け前髪を作る方法


前髪をブローした後、アイロンを使って内側に前髪を巻いていきます。熱があるうちにクシを通して、形を馴染ませたら完成です。斜め分け前髪が出来た後、ケープを髪から15センチ程度離して、根本から中間程度を中心に、満遍なくスプレーをしていきましょう。長時間スプレーをするというよりも、全体的に軽く振りかけるイメージが噴射します。

まとめ

斜め分け前髪を作る為には、セルフカットで行なう方法や、アレンジをする方法、色々な方法がありますので、自分にあった方法でケアをすることが大切です。斜め分け前髪のセット方法には合う合わないがありますので、色々とチャレンジをしてみて、自分に合っている方法を見つけて見ましょう。

斜め分け前髪は綺麗に出来たら、キープすることも大切です。キープ力を高めるセットをする事は勿論ですが、ワックスやスプレーなどのスタイリング剤もポイント。大量に付けるのでは無く、あくまで固定できる程度を軽くつける事、スプレーも、付けすぎるのでは無く、軽く満遍なく付けるイメージで使ってみましょう。

斜め分け前髪は短い前髪だけでは無く、長めの前髪でも出来るアレンジです。髪の長さによっても雰囲気がガラリと変わりますので、お好みで、自分がやりたいスタイルを追求して見ると良いでしょう。アレンジは自由自在ですので、斜め分け前髪にした後、シースルーバンクにしたりという方法も可能です。

斜め分け前髪はどんなタイミングでも使える、大人可愛い前髪になります。どんな雰囲気の方でも合わせやすい髪型ですので、自分がなりたい雰囲気に合わせて、まずは色々と試して見ると良いでしょう。