前髪が伸びないのはなぜ?原因と伸びなくなる人の特徴を徹底解析!

前髪が以前に比べて伸びない気がする、と感じたことってありませんか。前髪は髪型をセットする中でもとても大切な場所ですから伸びが悪くなってくると気になってきてしまいます。そういったとき、髪が伸びないことに対して薄毛が原因なのではないかと不安になってしまうことも。しかし、前髪が伸びなくなっていることにはいろいろな原因があります。

前髪が伸びないのはハゲや薄毛の始まり?


前髪が伸びないとき、ハゲや薄毛が原因で伸びないのではないか、元から伸びる髪の毛がなくなってしまっているのではないかと不安になることがあります。しかし、実際にはいくつかのことが理由としてあるのです。

前髪が伸びない原因は、血行不良

前髪が伸びない理由として考えられるのが血行不良です。前髪部分は髪の毛の中でも血液が流れにくい場所にあります。そのため血行不良になるとより一層血液が届かなくなって栄養不足が起こるのです。髪の毛の栄養や酸素が不足することによって伸びるペースが遅くなります。

ヘアサイクルが変化し、前髪がすぐに抜けている

前髪が血行不良になって伸びにくくなっている場合、栄養が不足していますから前髪がかなり弱い状態になっていることが多いです。前髪に栄養が不足して伸びにくくなっていると前髪が伸びるスピードも遅くなります。それでいて前髪は栄養不足で弱弱しくなっているため、抜けていくペースは速いです。前髪が伸びるペースより抜けるペースが速くなりヘアサイクルが変化して伸びるペースが遅くなっているように感じます。

男性ならAGA、女性ならFAGAになっているかも

AGAやFAGAといわれる薄毛を引き起こす病気はここ数年注目を集めています。脱毛症のことであり、前髪を中心として薄毛となる症状があるものです。髪の毛の成長を止めてなおかつ脱毛を促進してしまうため、前髪が伸びるペースがかなり遅くなってしまっています。

注意!こんな人は、前髪が伸びなくなる!

前髪が伸びなくなってしまうことにはいくつかの原因があります。前髪が伸びにくくなっていると感じる人はこれらの行動をしていないか振り返ってみましょう。

パソコン、スマホを使いすぎて目が疲れている人

パソコンやスマホを使いすぎると目が疲れてきます。目が疲れてくると目元の血液が毛国不良になってしまい、頭皮の血行不良も起こすのです。血行不良が続くとどんどんと前髪部分に贈られる栄養が不足してしまいます。そのため前髪の伸びるペースが遅くなりますし、なおかつ前髪が抜けやすくなってしまうのです。

頭皮の血流が悪く頭皮が固まってくるとどんどんと肩こりや頭痛も起きやすくなってきます。お風呂に入ったときや日常で時間のある時に頭皮をおさえてマッサージするようにすると血流が良くなり楽になります。

睡眠不足が続いて、疲れている人は前髪が伸びなくなる

睡眠不足も髪の毛にとって良くないことであり、睡眠不足が続くことで前髪が伸びるペースは遅くなってしまいます。疲れも溜まってきますから血行不良となり前髪が伸びなくなりますし、抜けやすくもなってしまうのです。

睡眠不足の人の中には自律神経のバランスが崩れているという人もいます。現代はストレス社会ですがストレスが溜まってくると自律神経のバランスが崩れて不眠になってしまうことがあるのです。そういった症状がある場合にはストレスを軽減するようにしたり、環境を整備したりすることも大切です。人によってはストレスから髪の毛が一気に抜けて薄毛が目立つということもあります。

飲酒・喫煙の習慣がある人も、前髪が伸びなくなる予備軍!

飲酒や喫煙も前髪が伸びなくなる原因です。どちらも血液がドロドロになって流れにくくなりますから頭皮にきちんと血液が流れなくなってしまいます。血行不良が起きて酸素や栄養が前髪にきちんと届かないために前髪が伸びるペースが遅くなり、なおかつ弱ってしまって抜けやすくのです。

飲酒や喫煙だけでなく脂っこい食事をしている人も前髪が伸びにくくなってくることがあります。前髪が伸びにくくなるだけでなく、最終的には髪の毛全体が薄毛になってくるということも多いようです。そういった症状のある人は飲酒や喫煙、食事の内容から生活習慣病を引き起こすこともあります。食事の内容や飲酒、喫煙の量を改める方が良い場合も多いです。

更年期前後の女性も、前髪が伸びなくなりやすい

更年期障害というのは女性が40代から50代辺りに悩むものです。ホルモンバランスの影響によって症状の程度は個人差があります。軽度で済む人もいればかなり重症でつらい思いをする人もいて、心身ともにバランスを崩して寝込むということもあるほどです。

この更年期障害の症状の一つとして前髪が生えてこなくなることもあります。ただ、更年期障害の症状として出てくる場合には髪の毛全体が薄くなったりボリュームが少なくなったりするということもあります。これは髪の毛が生えることをサポートしている女性ホルモンの物質であるエストロゲンが減少することが原因です。個人差がありますが症状が重たい人は髪の毛が一気に減ってくることもあります。そのため髪の毛の状態を人に見られないようにウィッグをつけたり帽子をかぶったりして隠すという人もいるほどです。

子供の前髪が伸びないのは何が原因?

子供の中にはなかなか前髪が伸びてこない子もいます。そういった場合、大人は子供の髪の毛が伸びてこないことに対して不安になるものです。子供のこととなれば、親は特に心配も大きくなります。髪の毛が伸びてこないことには何が原因としてあるのでしょう。

赤ちゃんは薄毛でも心配不要、3歳くらいまでは大丈夫

赤ちゃんは生まれてきたときの毛量に個人差がとてもあります。しっかりと生えて生まれてくる子もいますし、全くとっていいほど生えていない子もおり、差が激しいです。昔は赤ちゃんの髪の毛の量は遺伝であり養親の髪の毛の量が影響するといわれていました。しかし、最近はそういったことは関係ないという考えが主流です。

基本的に赤ちゃんは生まれてきて3歳までに少しずつ髪の毛の生えてくるクセや生え方を整えながら髪の毛が伸びてくるといわれています。そのため3歳くらいまでは髪の毛が生えそろえている途中であり個人差も大きいです。そのため髪の毛の生え方や長さ、量はそこまで深刻に考えなくても様子を見ていると伸びてくることが多いです。

先天性の病気の可能性もある、皮膚科を受診しよう!

髪の毛が少ない様子を見ているとなにかびょうきがあるのではないかと不安になることもあります。3歳くらいまでは個人差も大きく人によってはあまり前髪が生えてこなくて薄いということはあります。これは男女ともにいえることであり女の子でも意外と前髪が薄い子も多いです。

しかし、明らかに周囲と比べて髪の毛の伸び方が遅い。まったく生えてこない、髪の毛が少ないといったことが3歳を過ぎても変わらない、赤ちゃんの頃からそういった状態が続いているという場合には先天性の病気の影響で前髪が少ない場合も出てきます。3歳を過ぎても全く様子が変わらない場合、ずっと成長をそばで見てきて違和感がある場合、にはいったん病院に行き検査をしてもらうことを検討しましょう。たとえ病気ではなく成長が緩やかなだけであったとしても病院で診てもらい先天性の病気は無いといってもらえれば安心できます。

まとめ

前髪が生えてこないと薄毛になってどんどんと抜けているのではないか、このままではハゲてしまうんではないかと不安になってしまうこともあります。実際前髪がなかなか伸びないのは血流が悪くなったことによって髪の毛の生えるペースと抜けるペースが変わってきたことが原因です。できるだけ血流をよくして髪の毛が生え、なおかつ健康にしっかりと生えることができる環境を整えましょう。