執着心が強い人ってどんな人?執着心を持つ人の特徴

そもそも執着心とは?

あの人は執着心が強い、といった会話はあちこちで行われていますが、そもそも執着心とは何なのでしょうか。執着心とは物事や人に捉われてしまいそれらから離れることができないことを指します。執着心が強いと彼氏や彼女に依存してしまうことも多いですし、それが人生においてさまざまな弊害を生じることも少なくありません。ここでは、執着心が強い人の特徴などについてお伝えしますから、気になった方はぜひ最後まで目を通してください。

執着心が強い人の特徴

では、執着心が強い人の特徴とはいったいどのようなものなのでしょうか。いろいろな特徴がありますが、ここでは代表的なものをいくつかご紹介したいと思います。

人だけでなく物にも執着している

人に執着するというのはそれほど珍しいことではありません。先ほどお話したように、彼氏や彼女に執着してしまうという方はたくさんいますし、お兄さんやお姉さん、妹など身内に執着してしまうような方もいます。それがどれくらいの執着心なのかは人によってまちまちですが、執着心が強い人になると人だけでなく物にも強く執着するようになります。自分の持ち物はもちろん、人の持ち物などに執着することもあります。

あまり自信がない

あまり自信がない人が執着心も強い傾向にあります。もちろん、すべての自信がない人が執着心が強いということはありませんし、そこは勘違いしないでください。あくまで執着心が強い人には自信がない人が多いという話です。自分に自信が持てないために人や物に強く執着してしまうということはよくあります。

何かを無くした経験がある

何かを無くした経験がある人は執着心が強い傾向にあります。しかも、自分が大切にしてきたものを無くした経験がある方はより執着心が強くなる傾向にありますし、二度となくしたくないという強迫観念にも似た気持ちが生まれることもあります。過去に大切なものを無くしたことがトラウマのようになっている方もいますし、それが結果として強い執着心を生んでしまうこともあるのです。

自分を客観視できない人

自分を客観視することができない人も執着心が強い傾向にあります。自分を客観的に見ることができないため執着心がどんどん強くなっていきますし、それを指摘されても自分ではまったく理解できません。人に注意されたり指摘されたとしても自分を客観的に見られないため意味が分からないのです。

執着心があまりない人の特徴

次に、執着心があまりない人の特徴について見ていきましょう。執着心があまりない人の特徴と、執着心が強い人の特徴両方を知ることが大切ですよ。

自信がある

自分に自信がある人は執着心もあまりありません。何かに執着する必要がありませんし、依存することもないのです。自分に絶対的な自信を持っていますし、その自信が揺らぐこともありません。自信がないと人や物に執着してしまうことが多いですが、自信があればそのようなこともないのです。

自分の気持ちを素直に伝えられる

自分の気持ちをいつも素直に伝えられるような人も執着心があまりないと言えます。執着心が強いと気持ちを素直に伝えることができないことが多いのですが、逆に執着する気持ちが弱い人だと常に自分の気持ちを素直に伝えられます。

夢中になれるものがある

夢中になれるものがある場合にも執着心は少ないといわれています。ただ、その夢中になっているものに執着しているのではないか、という声もありますからこれはちょっと微妙ですね。

褒められて育ってきた

周りから褒められて育ってきたという方だと執着心は少ない傾向にあります。両親から褒められてすくすく育ってきた方だと物や人に執着することはありませんし、自信も持っています。もちろん、中には例外な方もいるかもしれませんが、基本的にこのような環境下で育ってきた方の多くは執着心も少ない傾向です。

いつも前向き

いつも前向きな人は執着心も少ないです。わざわざ人や物に執着することなく、自分の力で人生を切り開いていこうとしていますし、執着するような時間があれば自分で何とかしようとします。

執着心を捨てるには?


ここまで読んできて「自分はかなり執着心が強いのかもしれない」と思った方もおられるでしょう。執着心が強いことが必ずしも悪いこととは断言できませんが、あまりにも執着心が強いとなると人生においてさまざまなトラブルを起こしてしまうことも考えられるでしょう。例えば、今問題になっているストーカーなどもそうですよね。あれはストーキングの対象としている人に強い執着心を持っているからこそそのようなことをしているのです。

では、執着心を捨てるにはどうすればいいのかということですが、執着心を捨てることはそう簡単なこととは言えないでしょう。基本的に執着心が強い人というのは自分のことを客観視することができませんし、そもそも自分が執着心が強いなどと思っていません。ここでは、執着心を捨てるにはどうすればいいのかというお話をしますから、もし自分が執着心が強いタイプだと分かっているのならぜひ参考にしてください。

自分が執着しているという事を認める

まずは自分が執着しているということを認めることです。先ほどもお話しましたが、執着心が強いタイプの人は自分がそうだとは思っていません。それがごく当たり前のことだと思っていますし、執着しているという自覚はまったくないのです。そのため、執着心が強いと周りから言われたとしてもそれを素直に受け入れることはできませんし、どんどん執着心も強くなっていきます。執着心を捨てるためにはまず自分が執着しているということを認めなくてはなりません。

自分が執着していることを認めることがスタートです。自分が特定の人や物に強く執着しているということを自覚すればさらに先のステップに進むことができるでしょう。逆に、自分が執着していることを認められないのなら難しいです。この場合だと頑なに自分が執着していることを認めることはありません。しかし、アナタが本気で執着心を捨てたいと考えているのならそれは可能でしょうし、まずは自分が何に執着しているかをじっくり考え、それを自分の中で認めましょう。

執着している心を違うものに向けてみる


何に執着するかは人によって変わってきます。好きなアイドルに執着しているという方もいれば、恋人に執着しているという方もおられるでしょう。また、愛用している何らかのアイテムに執着しているということも考えられますが、その執着心をほかのものに向けてみてはいかがでしょうか。執着心というのはそれなりのパワーですし、それをほかのことに向ければよい結果を生み出すこともできるかもしれません。

人に執着しているのなら、それをやめて新しい趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。自分が心からはまることのできる趣味を見つければ人に依存することをやめられるかもしれません。実際、自分が没頭できる、夢中になれる趣味を見つけたおかげで恋人や女友達に依存することから抜けだせたという話しはよく耳にします。今まで人に向けていた執着心、そのパワーを趣味に向けることで執着心を捨てることができるかもしれませんよ。

失敗を失敗だと認める

執着心が強いタイプの人だと失敗を認めないことが多いです。失敗を認めたくないと考えていますし、失敗を認めるのは負けだという考えの方も多いです。また、失敗したことをいつまでも引きずってしまうこともありますし、諦めることができないというのも執着心が強い人の特徴と言えるでしょう。失敗を認めることによって今後同じ失敗をしないようにすることができますし、失敗から学べることはたくさんあります。失敗を失敗だと認めないということは自分自身の成長をそこで止めているということにもなりますから、失敗を失敗と認める勇気が必要です。

失敗を失敗だと認めることができれば執着心も捨てることができます。失敗を成功だと言い張るような状態だとまだ執着心が強いままですし、まずはそこから脱却する必要があります。最初のうちは難しいかもしれませんが、失敗を失敗のまま受け入れられるようになりましょう。先ほども言ったように失敗から学べることはたくさんありますし、人として成長するチャンスでもあります。いつまでも失敗を認めずにいれば成長のチャンスを逃してしまいますし、周りからの信頼を失ってしまうことにもなるでしょう。

自分の可能性を信じる

自分の可能性を信じてあげることも大切です。執着心が強いタイプの人は自分に可能性などないと考えている方が多いです。自分には特技も誇れるものもないという方が多いですし、それゆえに自信がないケースも少なくありません。それが特定の人や物に対する執着心になってしまうこともあります。執着心を捨てるためには自分の可能性を信じることが大切ですから、自分には可能性がないなどと思わず、自分の中に眠っている可能性をもっと信じてあげてはいかがでしょうか。

自分の可能性を信じることができればもう何かに執着するようなこともなくなります。自分の可能性だけを信じて歩いていくこともできるようになりますし、人や物に執着する必要もなくなるでしょう。いきなり自分の可能性を信じろと言われても難しいかもしれませんが、これから先幸せな人生を歩むためにもそれは必要なことです。自分を必要以上に卑下することなく、自分が持っているであろうポテンシャル、可能性を信じて上げてください。

まとめ

執着心が強い人の特徴やそれを無くす方法などについてお伝えしてきました。何かに執着するという事実が絶対に悪いこととは言えないものの、やはり執着心が強いのはあまり良いこととは言えません。すでにお話したようにさまざまな弊害を生じる恐れがありますし、人生の中でさまざまなトラブルを引き起こす可能性もあるでしょう。人間関係を壊してしまうようなこともあるでしょうから、できれば執着心が強すぎる場合は改善したいですよね。

ここでは執着心を捨てるための方法についてもご紹介しましたから、もし自分が該当していると思った方はぜひ参考にしてください。執着心を捨てることで自信を持つこともできるようになるでしょう。