短い前髪を流す簡単な作り方!ヘアアレンジも方法ご紹介

前髪が短いとなかなか思うようにスタイリングができないと悩む人も多いです。だからといって前髪を長めにしたとしても今度はサイドに流した際にどのようにうまく調整をすればよいかということも問題になってきます。前髪はその人の印象を決める大事なものです。せっかくならば少しでもかわいく・かっこよく見えるためにもきれいにまとめるためのコツを知っておきましょう。

短い前髪をキレイに流すためのアイテムとは


前髪が短いと前に前髪が出てしまったり寝ぐせがついたら直しにくかったりと意外と大変です。しかしセットのコツを知っておくと上手にアレンジができてうまくスタイリングがきまります。短め前髪は状況により対処法がいろいろとあるのでアレンジの方法やコツをおさえておきましょう。

ヘアピンは必須アイテム

前髪を整えるにあたって、短めの前髪の人にはヘアピンが欠かせません。ヘアピンを使ってサイドに流したり、おしゃれなスタイルを作ったりすることができるので、ヘアアレンジを楽しむためにも持っておくことが必要です。黒い豆ピンの何もついていないものでセットをするために使うのはもちろんですが、かわいい柄のものやキラキラしたものを使ってコーディネートの一部にすることでおしゃれを楽しむこともできます。

ヘアピンは持っておくと癖をとるのにも役立って便利です。寝ぐせや癖毛をおさえたり、髪の毛が浮いてしまっているのをおさえたりする際に、ヘアピンで一時的気に留めておくと髪の毛にまっすぐの癖がついて簡単に癖をとることができます。家で片づけをしたり出かける支度をしたりしている時に固定をしておけば出かける前のヘアセットも楽になり便利です。

ドライヤーで毛並みを整える

癖毛のある人はタオルドライだけでは癖が出やすいのでドライヤーでしっかりと乾かすことが必要です。その際、ドライヤーでただ乾かすだけでなく、癖を抑えるためにしっかり髪をとかしていくことでセットがしやすくなります。乾かす際にはブラシを使っていくときれいに仕上がり便利です。熱風だけでなく冷風も活用するときれいにまとまった髪に仕上がります。

スプレーで形を整える

ヘアセットをするにあたってスプレーは欠かせないアイテムです。特に髪の毛に癖のある人は一日中同じスタイルをキープするのは至難の業であり、スプレーを使ってできるだけ髪の毛の状態が保てるようにする必要があります。しっかりと癖をつけたい場合にはハードスプレーを使えば一日中同じスタイルが維持できますが、人によってはそういったスタイルは不自然で避けたいという場合もあります。

最近ではたくさんのスプレーが販売されておりエアリーな軽い癖をつけられるものから一日中がっちりとガードして風が吹いても同じスタイルが維持できるタイプのものもあり幅が広いです。そのため自分のしたいスタイルやキープしたい度合いに応じて好みのものを選ぶことができます。

あると前髪が流すのが楽になる便利なアイテム

前髪をセットする際、まっすぐにするだけでなくサイドに流したいという場面もあります。そういったときに持っていると便利なアイテムがありますから、アイテムとその活用方法を紹介していきます。

ヘアアイロン

うねってしまったり浮いてしまったりする前髪を抑えるのにはヘアアイロンが便利です。熱で直接温めて髪の毛を伸ばしていくのでまっすぐサイドに流すこともできますし、癖もつけることができます。専用のスタイリング剤を使ってセットすればキープ力もあり一日中まっすぐサイドに流れた髪の毛を維持することができます。

ただ、人によっては前髪に癖が強くありすぎてアイロンを使って伸ばしても一日中キープが難しいという人もいます。そういった人はアイロンでセットをした後ヘアスプレーでセットをキープするようにしたり、ヘアピンでセットを固定したいすると作ったスタイルがキープしやすいです。

コテ

コテはヘアアイロンのように髪の毛をストレートにすることもできますし、カールをつけることもできます。そのため短めの前髪のようにくるんとカールをつけておでこを隠すように前髪を作ることも可能ですし、サイドに流して作るスタイリングも可能です。

コテを使うとトレンドのニュアンスヘアを作ることができますから、おしゃれできれいな前髪スタイリングができます。サイドにただ流すだけでなく毛先を巻いてニュアンスを出すとパーマをかけたようなきれいな仕上がりです。あらかじめカットをする際にサイドに髪の毛を流してコテで巻きたいということを美容師さんに伝えてカットをしてもらうと髪の毛が巻きやすい長さになるよう前髪もカットしてくれます。

短い前髪の流し方とコツを4つご紹介

短い前髪をサイドに流すのは意外と大変です。長さが短いうえに癖があるとなるとかなり苦労をします。そこでうまくセットをするコツをおさえておきましょう。

ヘアアイロンでふんわり流す

ヘアアイロンを使ってふんわりと流すと癖がつきやすいですしキープ力も高いです。ヘア根元からしっかりと癖をつけておくと癖毛も目立ちにくく気になりません。ヘアアイロンを使う際にはヘアアイロン向けのスタイリング剤をつけてからセットをすると仕上がりがきれいです。

ドライヤーで作る流し前髪

ヘアアイロンがなくてもドライヤーだけでも十分ヘアセットはできます。前髪をセットする際に太めのロッドのブラシで髪の毛を梳かしながらドライヤーをかけるとしっかりとサイドに流れるのです。ただ、サイドに流すのに十分な前髪がないとスタイリングが難しいので髪の毛の長さは調整しましょう。

時短!マジックカーラーで簡単に前髪を作る


マジックカーラーは癖毛がある人でも簡単に自然なふんわりとした前髪を作ることができます。サイドに流してまとめることも可能です。カーラーに巻いてドライヤーを使ってセットをするだけですがうまくできないという人はインターネット動画を参考にしてセットをするときれいに仕上がりおすすめです。

ストレートアイロンで/キレイに流す方法


コテではなくストレートアイロンでも十分きれいに前髪をサイドに流すことができます。アイロンを使ってサイドに流す際には熱でのダメージで髪の毛が傷まないようにスタイリング剤をきちんとつけること、髪の毛がしっかりと乾いている状態でセットをすることがポイントです。

短い前髪でもかきあげスタイルができる


髪の毛が短いと前髪のセットはワンパターンになりがちだと思われますが、かきあげスタイルに仕上げることも可能です。コツがあるのでインターネット動画を参考にしながらスタイリングの練習をすると上手に仕上げられるようになります。

簡単3ステップ!時間がない朝のスタイリング

短い前髪でも簡単にかきあげを作ることができます。方法としてはたった3つです。最初に髪を水で濡らしてかけあげスタイルを決めていきます。それが終わったらヘアアイロンで髪の根元に癖をつけ、かきあげを作るのです。最後にワックスをつけて前髪をなじませるとニュアンスが出てきれいにまとまります。

ヘアアイロンで前髪かきあげ


ヘアアイロンを使うと眉上程度の短い髪でもかいあげスタイルができます。周囲の髪の毛に前髪をヘアアイオンで立ち上げたい部分を2つに分けて後ろ側に向けて外薪をしていきます。その後、スプレーを使ってスプレーで固めていけば完成です。

道具はヘアピンのみ!簡単スタイリング

かきあげスタイルを作るのに前髪があるとうまくいかないという人はヘアピンで前髪をサイドに入れ込んでしまうというのも一つの方法です。後ろから持ってきた髪の毛をうえからかけてその部分でかきあげスタイルを作るときれいに仕上がります。

短い前髪でも大丈夫!簡単スタイリング

短い前髪はスタイリングがなかなかうまくできず難しいものです。しかし、せっかくならばいつも同じスタイルではなく違ったものを楽しみたいですし、ファッションによってヘアスタイルも変えて楽しみたいものでもあります。そこで、前髪が短くても楽しめるアレンジを紹介していきます。

ねじりを入れると大人っぽい雰囲気に

前髪もストレートよりもねじりが入った方が大人っぽくなおかつ小顔効果も期待できます。セットをするにあたって、ねじりをいれるためにはヘアアイロンでカールをつけてサイドに流していくとかきあげ風ヘアにもなっておしゃれです。

可愛く見られたい!ふんわりポンパドール

 

かわいく見られたい、ガーリーに仕上げたいという時にはポンパドールがおすすめです。短い前髪でもうまく入れ込んでいけば前髪がふんわりとしたポンパドールに仕上げられます。

ガーリーに見せるなら三つ編み

ガーリーさや若さを演出するのに三つ編みはおすすめのスタイルです。前髪とサイドの髪の毛とを合わせて編み込んでいけば十分前髪部分に三つ編みを作り出すことができます。髪の毛が落ちてきにく、おでこを出してスッキリ仕上がります。

まとめ

短い前髪でもアレンジをうまくすれば癖毛をカバーしながらのセットが可能です。いろいろなスタイルがありますから練習をしてバリエーションを増やしていきましょう。