相手に喜ばれる告白の仕方

相手に喜ばれる告白とは?

気になる異性がいるのならお付き合いしたいと思うのは当然ですが、交際のきっかけとなるのはやはり告白です。付き合ってほしい、好きですなどさまざまな告白のワードがありますが、告白をするときには相手が喜ぶような告白をしなくてはなりません。相手が喜んでくれるような告白をすれば成功率も高くなるでしょうし、付き合える確率もぐっと高くなるのではないでしょうか。

告白の仕方で成功率UP?

告白の仕方次第で成功率はアップします。もちろん、告白がうまくできたからといって必ずしも意中の相手と付き合えるとは限りませんが、相手が喜ぶような告白ができれば成功率が高くなるのは何となく想像できるはずです。仮に脈があった場合でも告白の仕方がまずかったとなるとフラれてしまう可能性がありますし、そう考えると告白の仕方はとても大事です。

告白する場所で成功率が変わる?

どこで告白するか、というのも大切なポイントです。特に女性はシチュエーションにこだわる傾向がありますし、どこで告白されてもイイというわけではありません。男性だとあまり気にしないことが多いのですが、女性だと告白する場所にもこだわることが多いですよね。もちろん男性でもシチュエーション、ロケーションにこだわる方はいますから、どこで告白をするのかということも考えた上で決行に移す必要があります。

自分の言葉で伝える

現在では恋愛マニュアルのような書籍も数多く販売されていますし、告白の仕方などに特化した情報商材もたくさん売られています。こうしたマニュアルに記載されている言葉をそのまま告白に使ってしまう方もいますがこれはNGです。また、漫画や映画、ドラマなどで気になったセリフをそのまま使いまわしてしまうような方もいますがこれもダメですね。自分の言葉で伝えないと相手の心に響くことはありませんし、薄っぺらい言葉になってしまいます。しかも、よそから流用した言葉だと後からバレると人間性を疑われてしまうかもしれません。

告白を成功させるためのポイント

好きになった相手とは何としてでも付き合いたいと思うものですし、告白を成功させてイイ関係を築きたいと考えるのもごく普通です。しかし、今までの人生で告白などあまりしたことがないからどのようにすれば成功するのか分からないという方もいるでしょう。そこで告白の成功率を上げるために事前にポイントを覚えて予習しておきましょう。これをするだけで、成功率は結構変わってくるかもしれません。

相手との関係を構築しておく

告白する相手との関係を構築しておくのは大切です。少し考えてみれば分かると思うのですが、いきなり見ず知らずの人に付き合ってほしいと告白されても「!?」となってしまいますよね。ポカーンとなってしまいますし、何を言ってるんだという気になってしまいます。ある程度の関係を作っておくと告白もしやすくなりますし、まずはせめて友だちくらいの関係にはしておくべきではないでしょうか。友だちまでいかずともせめてメールやラインでやり取りするくらいにはしておきたいですね。

二人きりのタイミングを見つける

告白は基本的に二人きりのタイミングで行うものです。雑踏の中でいきなり告白されても相手の心には響かないでしょう。また、友達もいる中で告白なんてされても、相手としては冗談かな?って思ってしまうだけです。適当なタイミングで告白されたと思われてしまいますから、できるだけ二人きりになったタイミングで告白するべきです。

自分に脈があるか確認する

事前に自分に脈があるかないかくらいは確認しておきましょう。まったく脈がない相手に告白したとしてもあっさり撃沈してしまうのがオチですから時間の無駄です。LINEやメールで日ごろからやり取りしているのならその中で脈があるかないかくらいは探ることができるでしょう。脈があると感じたなら告白すれば成功する確率は高いでしょうし、全然脈なしとなったらほかを探したほうがイイです。

相手が喜ぶ言葉を入れて告白

告白するときには相手が喜ぶ言葉を入れてあげることも大切です。基本的には相手の好きなところを明確にしてあげるとか、具体的なエピソードも交えると、本気度が伝わりやすいです。相手がどのような言葉に喜ぶかは事前のリサーチが必要となりますが、しっかりと下調べしておけばそれほど難しいことではないでしょう。

告白の仕方は何が一番いい?

告白の仕方にもいろいろな方法があるのですが、いったいどの方法がベストなのでしょうか。ここでは代表的な告白の仕方と、それぞれのメリットについてご紹介したいと思います。

相手の反応が見られる!直接会って告白

直接会って告白するというのはもっともスタンダードでありもっとも成功率が高くなる方法と言えるでしょう。古くから行われてきた方法ですし、せめて告白は直接目の前でしてほしいと思っている方は多いです。直接本人の目の前で行う告白のメリットは相手の反応が見られるということではないでしょうか。相手の表情やリアクションからすぐに答えを知ることもできるでしょう。

緊張するなら電話での告白

本人に直接会って告白するのはどうしても緊張してしまう、無理だという場合には電話で告白するのもアリです。携帯電話が普及していなかった時代だと家の電話を使うしかありませんでしたから、家族に会話内容を聴かれてしまう恐れもあったのですが今ならそんな心配もありません。スマホを使えば自分の部屋から告白できますし、緊張を隠して告白することもできます。

どうしても緊張するなら!手紙での告白

電話でも緊張してしまう、という場合には手紙というのもアリです。メールやLINEが当たり前のこの時代に手紙?と思った方もおられるでしょうが、こんな時代だからこそ手書きの手紙の威力は大きいです。もらった側も嬉しいでしょうし、斬新だと思ってもらえるのではないでしょうか。意外と古風なんだ、と思ってもらえるかもしれませんよ。

これは避けたい!メールやLINE

中高生だとメールやLINEで告白することは当たり前なのかもしれませんが、社会人ならできるだけ避けたほうがイイかもしれません。メールやLINEだと手抜きされたと思われてしまうことも考えられますし、人によっては怒り出すかもしれません。LINEやメールでの告白に良い印象を持っていない方もたくさんいますから、このような告白の仕方はなるべく避けたほうが無難でしょう。

相手が喜ぶ告白の場所とは?

告白では場所が大切という話を最初のほうにちらっとしましたが、具体的にどのような場所で告白したら喜ばれるのでしょうか。いろいろな場所が考えられますが、ここではいくつか代表的な場所をお伝えしたいと思います。

二人きりの空間

告白をするときは二人きりの空間で行うべきです。友だち数人と一緒に遊んでいるときなどに告白されてもリアクションに困ってしまうでしょうし、本気で言われたのかどうかも判断できません。そのまま流されてしまう可能性もありますから、二人きりの空間で告白するということが鉄則です。

いつもとは違う非日常の空間

非日常の空間で告白するというのもアリです。一緒に遊びに行った遊園地や海沿いなど、いつもとは違う非日常の空間での告白は相手も喜ぶのではないでしょうか。ちょっとした裏技ですが、吊り橋の上などは告白の成功率が上がると言われています。吊り橋効果という言葉もあるくらいですし、吊り橋を渡っているときの恐怖からくるドキドキを恋愛感情のドキドキと勘違いしてしまうようですよ。

相手の好きな場所で告白


相手が好きな場所で告白すると成功率も上がるかもしれません。これについても事前のリサーチは必須となりますが、事前の下調べで相手の好きな場所が分かった場合はそこで告白するというのもアリです。よほど難しい場合は諦めるしかありませんが、可能ならそこも候補地に入れてみてはいかがでしょうか。

相手が喜ぶ告白とは?

そもそも相手が喜ぶ告白とはいったいどのような告白なのでしょう。これは人によって考え方が異なるとは思いますが、ここでは一般的によく言われるような喜ぶ告白についてご紹介します。

告白された方は意外と記憶に残る

どのような告白でも基本的にされた側は記憶に残るものです。何とも思っていない相手からの告白であっても記憶には残りますから、単純に告白されただけでも相手は嬉しい気持ちになるでしょう。それを踏まえた上で相手が喜ぶ告白を実行すれば成功率を上げることができるかもしれません。

目を見て思いを伝える

相手の目を見てしっかりと伝えるのは基本です。真剣さが伝わりますから相手の方もきっと嬉しくなるでしょう。全然違うところを見ていたり、目も合わさずに告白された場合などに比べると印象は遥かにいいはずです。

今後の希望をはっきり伝える

今後どうしたいか、ということをはっきり伝える必要があります。告白では「好きだ!」といった感じに自分の感情をぶつけることが多いのですが、そこから先の具体的なことを言ってあげないといけません。それだけだと自分の気持ちをただ伝えただけですし、今後どうしたいかを伝えましょう。

シンプルな表現だけで相手に伝わる

告白のときに長々と難しい言葉を並べ立てるのはNGです。これだと相手が意図を理解できないかもしれませんし、引いてしまう可能性もあります。告白はなるべくシンプルな言葉のほうが好まれますから、できるだけシンプルに告白してください。シンプルな表現でもしっかり相手には伝わるはずです。

これだけはNG!告白で幻滅されることとは?

告白における注意点もいくつかありますから覚えておきましょう。告白したものの相手に幻滅されてしまった、となっては泣くに泣けません。しっかり覚えておいてくださいね。

お酒の力で酔った勢いで告白

これはもっとも嫌われるタイプの告白です。確かにお酒の力を借りると気が大きくなって告白しやすいのは事実ですが、相手からすると本気で言っているのか酔った勢いで言っているだけなのか判断できません。もっとも嫌われやすい告白ですからこれはNGです。

メールやLINEでの告白

既にお話したと思いますが、LINEやメールを使った告白もダメです。大事にされていない、軽く見られているという感情を抱かせてしまう可能性がありますし、お手軽に済ませようとしたと受け止められることもあります。今風かもしれませんが、あまり褒められた告白とは言えません。

友達に代わりに告白してもらう

これも最低ですね。本当にこんな人がいるのか疑わしいですが、少なからず存在します。自分では告白できないからと友だちにお願いして仲を取り持ってもらうようなケースです。誠意が1ミリも感じられませんから一発アウトです。

回りくどい表現はNG

これもお話したと思いますが、難しい言葉遣いや回りくどい表現はNGです。できるだけシンプルでストレートな告白を心がけましょう。

SNSで告白する前に好きなことを公表してしまう

これも時代の流れなのかもしれませんが、SNSを使って遠回しに好意を示す方もいます。まだ告白もしていないのにSNS上で名指しで好きと言ったり、付き合いたいなどといったことを書き込むケースです。これも基本嫌がられることがほとんどでしょう。

緊張しすぎて何を言っているかわからない

見方を変えれば可愛いかもしれませんが、やはり告白くらいきちんとしてほしいもの。緊張しすぎて何を言っているのか分からないのはNGですね。せめてその瞬間だけは心を落ち着けましょう。

すぐに返事を求める

返事を急ぎすぎるのもNGです。今すぐ返事してほしい、今日中に返信がほしいなどと伝えると相手も困ってしまいます。返事はいつでもいいから、くらいの度量を見せてほしいものですよね。

まとめ

相手に喜ばれる告白の仕方というテーマでお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか。告白がうまくいくかどうかはお互いの相性や関係性にもよりますが、告白の仕方次第で上手くいくことがあるのも事実です。逆に、相性が良くてお互い脈ありの状態でも告白の仕方がまずくてダメになるケースもあります。ここではNGのケースの告白例についてもいくつかご紹介していますから、注意ポイントを押さえつつ相手に喜ばれる告白を心がけてください。うまくいくことを祈っています。