本当に優しい人の特徴と優しい人になるための方法とは?

本当に優しい人はこんな人!

人に優しい人間になりたい、と考えたことがある方も少なくないでしょう。誰にでも優しくできる慈愛に満ちた女神のような女性になりたい、という方もおられるでしょうが、世の中には優しさを履き違えている方がたくさんいるのも事実です。自分のことを優しい人間だと思い込んでいる方も実際には間違った優しさだったりすることもありますから注意が必要ですね。では、本当に優しい人というのはいったいどのような人のことを言うのでしょうか。

周囲に気を配れる

周囲に気を配れる人は優しい人と言えます。自分のことばかりでなく、周りの人にもきちんと気配りができるような方は優しい人と考えて差し支えないでしょう。周囲に目を向けることができるだけでも素晴らしいですが、その上で状況を把握して周りに対する気遣いができるのは同じ人間として素晴らしいと感じてしまいますよね。

怒りっぽくない

世の中にはとてつもなく怒りっぽい人もいます。ほんの些細なことで怒りだしたり、飲食店などのスタッフにはやたらと上から目線で怒るような人もいますよね。本当に優しい人にはこのような怒りっぽい人はいませんし、いつも穏やかな気持ちをキープしています。トラブルが起きたときにも、優しい言葉をかけてあげることができるくらいの余裕がある人は、周りからも優しい評価を受けやすいです。

相手の立場に立って話ができる

相手の立場で話ができるというのも優しい人の条件ではないでしょうか。こちら側のことばかりではなく、相手の立場になって丁寧に会話をしてくれるような人は優しい人です。相手としてもこっちの立場になって話してくれるとなると嬉しいですし、感動してしまいますよね。

困っている人がいたら助ける

困っている人がいたとき、あなたはどうしていますか?人の目が気になって、見て見ぬふりをするという方も多いと思いますが、本当に優しい人というのはそのような状況で見て見ぬふりなどできません。気が付いたときには勝手に体が動いているでしょうし、困っている人のもとにすぐ駆けつけ手を差し伸べるはずです。こうしたことを無意識にできる方はまさに慈愛の塊と言えるでしょう。

自慢をしない

他人の自慢ほど聴いていてイラっとするものはありません。作り笑いをしながら話を聞いていても内心ではかなりイライラしてしまいますし、自慢ばかりしてくる相手に対して内心バカにしていたりもするでしょう。本当に優しい人は基本的に自分の自慢などしません。そもそも自分に自慢できるものなどないと謙虚な考えを持っている方が多い傾向にありますし、周りに自分のことを自慢するようなことはまずないでしょう。

無理に自分の意見を押し通さない

自分の意見を絶対に曲げない人もいます。これはこれで良いことでもあるのですが、あまりにも自分の意見ばかりを押し通そうとするのは問題です。協調性がないとみられてしまうでしょうし、周りからの評判も悪くなってしまうでしょう。本当に優しい人というのは自分の意見を無理やり押し通そうとするようなことはまずありませんし、ほかの人の意見を大切にしようとします。

損得勘定で動かない

優しい人は損得勘定で動くことはありません。「今あの人を助けたら後から謝礼をもらえるかも」「私の評価が上がるかもしれない」といった打算で動くことはまずありませんし、自分の中の正義にのみ基づいて行動します。損得勘定で動く人のほうがある意味賢くはあるのでしょうが、優しい人はそのようなことでは動かないのです。

自分の心に余裕がある人

心に余裕がなくなると優しくできないという考え方もできますが、余裕を持った考え方は、相手に対する当たり方も柔らかくなります。優しさを気にするだけでなく、自分の気持ちも楽になるので、心には常に少しでも余裕を持てるように考えてみましょう。

年齢関係なく相手のことを尊敬できる

相手のことを尊敬できる人は本当に優しい人です。人によっては誰かれ構わず噛みついたり、自分よりも下に見るようなこともあるでしょうが、このようなことをしているとやがて強烈なしっぺ返しに遭う可能性が高いです。本当に優しい人は年齢関係なく相手のことを尊敬しますし、その人からも学ぼうとします。例え自分よりはるかに年下で仕事に対する経験が少ないような人であっても相手のことを尊重できるのです。

人に優しくなることでのメリット

「別に人に優しくなんてならなくてもいい」と思っている方もおられるでしょうが、人に優しくなることで得られるメリットはたくさんあります。メリットばかりを考えて人に優しくなろうとするのもちょっと問題かもしれませんが、人に優しくなろうとする過程でメリットが転がり込んでくると考えることもできますね。では、実際のところ人に優しくなることによってどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。

人からの信頼が厚くなる

周りの人から信頼されやすくなるというのは一つのメリットでしょう。人に優しくできるということで信頼を得やすくなりますし、誰からも親しまれるようになります。人から信頼を得るというのは口で言うほど簡単なことではありませんし、築き上げた信頼はちょっとしたことで崩れてしまうこともあります。人々からの信頼を得ておけばこれからの人生においてさまざまなシーンで助けてもらえる可能性もありますし、プラスになることばかりです。

人から好かれるようになる

人に優しい人間になれば周りの人からも好かれるようになります。これは何となく想像できるのではないでしょうか。人にまったく優しくない人よりも優しい人のほうが人からは好かれるでしょうし、親しまれるはずです。人から好かれていれば自分が困っているときにも助けてもらえるでしょうし、サポートもしてもらえるでしょう。

自分が困ったときに仲間が助けてくれる

すでにお話したように、人に優しくしていると周りもアナタのことを助けてくれます。中には自分も助けてもらったから、と恩返しのような気持ちで助けてくれる人もいるでしょう。人に優しくしていなかったらこのようなことはなかなかありませんよね。自分が困ったときに仲間や周りの人が助けてくれるというのはありがたい話です。

何事にも前向きでポジティブになる

人に優しくすることでどんなことにも前向きになれますし、ポジティブにもなれるでしょう。人に優しくすることで自分も幸福感を得ることができるでしょうし、明るい気持ちになれるのは間違いありません。ポジティブで前向きに頑張れるようになります。これもある意味メリットですね。

自然に笑顔になる

イイことをすると気持ちも明るくなりますよね。人に優しくすれば自然と笑顔になれますし、これもメリットの一つではないでしょうか。自然と明るく笑顔になれば人も寄ってきますし、誰からも好かれるような存在になるでしょう。人に優しい人が誰からも好かれているのはこうした理由もあると考えられます。

優しい人には優柔不断の人が多い?

「よし、自分も人に優しい人間になろう」と思った方もおられるでしょうが、優しい人には優柔不断な人が多いという話もよく聴きますよね。果たしてそれは本当なのでしょうか。ここでは優しい人が優柔不断だと言われてしまう理由などについてお話したいと思います。

決断ができない

優しい人は決断ができない傾向にあります。優しさのあまり決断ができないのです。極端な話をしてみると、誰か一人を犠牲にすれば助かるような局面でも優しすぎるあまり犠牲にする人を選ぶことができません。誰にでも優しく接していますから、誰か一人を犠牲にするという決断ができないのです。

間違ってても注意しない

間違っていることをしている人に注意しないというのも優しい人の特徴かもしれません。例えその人が間違ったことをしていたとしても、注意することで気分を害してしまうのではないか、落ち込んでしまうのではないかと考えてしまうのです。本当は注意してあげたほうがイイようなシーンでも結局注意できないということが多いです。

相手の意見をすべて聞く

相手の意見をすべて聞き入れてしまう傾向にあります。優しいゆえに出された意見に対して異を唱えることができませんし、そのまま素直に受け入れてしまうのです。こちらが意見を出すことによって相手の出した意見が採用されなくなるのではないか、気分を害するのではと思ってしまうのです。

自分の考えを話さない

優しい人は自分の考えを話さない傾向にあるのも事実です。先ほどお話したように、周りの意見をそのまま受け入れてしまうことが多いですし、自分の考えを主張することがありません。人に優しく気遣いができるからこそ、あえて何も言わずに自分の意見は心の中に押し込めていることが多いのです。

周りの意見を気にしすぎる

周りの意見を気にしすぎるのも特徴ではないでしょうか。自分の意見がない、というわけではありませんが、その優しさゆえに周りの意見を気にしすぎてしまう傾向にあります。しかも、特定の意見ではなく全員の意見を気にしてしまいますから面倒です。

今からでも遅くない!優しい人になるためにはどうしたらいい?

いろいろとお話してきましたが、やはり人に優しい人間にはなりたいと思います。メリットがあるのはもちろんですが、どうせなら人から好かれるような人間になりたいですよね。しかし、優しい人間になりたいと思ってもそんなこと学校では教えてくれませんし、どうすれば優しい人間になれるかなど分からないと思います。ここでは優しい人になるためのポイントをいくつかご紹介しますから、気になる方は是非目を通してください。

見返りを求めない

優しくする代わりに見返りを求めるというのは本末転倒です。ボランティア活動をして時給を支払ってくれと言っているようなものですし、ありえないことですよね。優しい人になるための第一歩として見返りを求めないことを覚えておきましょう。見返りを求めた時点でそれは優しさではありませんし、ただ損得勘定で動いただけのことです。本当に優しい人というのは見返りなど求めずに自然と優しいことができる人です。

状況を観察し気配りをする

周りの状況をしっかりと把握し、その時々に応じた適切な気配りができるようになりましょう。気配り上手な方は得てして優しい人ばかりですし、気配りができるようになれば優しい人に近づけます。周りの状況をきちんと把握するという部分がポイントです。これができていないとやったことが無駄になる可能性もありますし、KYと言われてしまうかもしれません。きちんと状況を確認し、その上で適切な気配りをすることです。

他人の悪口を言わない

優しい人が他人の悪口を言っているようなところを見たことはありませんよね。優しい人というのは人の悪口を言わないものです。因果応報という言葉があるように、人に対する悪口はいずれ自分に返ってきます。本当に優しい人になりたいと考えているのなら人の悪口を言うことはやめましょう。

相手の気持ちを考える

相手の気持ちを考えられるような人間になれば優しい人になれます。相手の気持ちを考えられない人は平気で無神経なことを口にして人を傷つけてしまいます。相手の気持ちを考えた上での言動や行動ができるようになれば優しい人になれるはずです。常に相手の気持ちを考え、相手の立場になって行動する癖をつけましょう。

自分が言われて嫌なことは相手に言わない

基本的なことかもしれませんが、自分が言われて嫌なことは相手に言わないことです。発想としても、あまり相手に対して攻撃する心を持っていないことでしょう。また、自分がされて嫌なことも相手にしないことですね。優しい人になるためには絶対にこれは覚えておくべきことです。自分が言われて嫌なことを相手に言うような人に優しい人はいません。

まとめ

本当に優しい人の特徴や優しい人になるためのポイントなどについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。人に優しくできる人間になりたい、と切実に思っている方も少なくないでしょうが、具体的にどうすればいいのか分からないという方のほうが多いと思います。ここでご紹介した内容がすべてではありませんが、人に優しい人間になるための第一歩にはなれるだけの情報を集めていますから、本当に優しい人になりたいと考えている方はぜひ参考にしてください。優しい人になればきっとこれからの人生は明るいでしょうし、誰からも好かれるような存在になれるはずです。