ネイルのケア方法!ケアの必要性とおすすめケアは?

サロンネイルにはどの位の時間がかかる?時間短縮のコツ

指先のおしゃれと言えば、ネイル。自宅で行うセルフネイルをされる人もいらっしゃいますが、仕上がりの綺麗さ、今流行りのネイルにこだわる人には、ネイルサロンがおすすめです。ネイルサロンで行うネイルケアには、どのくらいの時間がかかるものでしょうか。

ネイルサロンはどの位の時間がかかる?

 

基本は2時間程度が目安

ネイルサロンへは、予約してからのお出かけをおすすめします。特に指名するネイリストがおり、そのネイリストが人気にある場合は、必ず、予約を入れてから出かけましょう。ちなみに、ネイルサロンでの施術は、2時間~3時間ほどの時間が必要になります。

ネイルサロンでは、初めてのお客さまが来店した際は、お客さまの好み、希望するデザイン、指名するネイリストの有無ほか、お名前、連絡先等を知るため、専用カルテが用意されています。まずは、その専用カルテに記入することから始めますが、その際、指先や手に何かしらのトラブルが発生した場合のことを考え、その後の対応について記載された同意書を求められる場合があります。同意書への署名を求められた場合は、内容を十分に読んだ上で署名されることをおすすめします。

続いて、カウンセリングになります。爪に関することでお悩みのある場合は、この時に恥ずかしがらずに聞いておきましょう。爪は、人それぞれです。すべて同じ状態ではありません。爪の強度、長さ、質等、爪の種類・状態によっては使用できないデザインがありますので、好みのデザインがある時は、このカウンセリング時に相談しておくことで、その後の時間を短縮することができます。

ネイルを行う前に、最終的な確認として、お客さまの希望、爪の状態を確認し、カラー、デザイン、スタイルを決めていきます。好みのデザインが見つからない場合には、ネイリストから勧められるデザイン、爪の形、カラーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

細かいデザインの場合は3時間程度かかることも

今人気の3Dネイル等のデザインを希望する場合は、細かい作業になるため、一般的なネイル時間よりも長くかかる場合があります。例えば、3Dネイルです。3Dネイルはアクリルパウダー、アクリルリキッドを使い、ぷっくりとした立体的なネイルにするデザインになるため、シンプルなデザインに比べると、時間がかかる場合があります。

特に、ハロウィンやクリスマス等のイベントがある季節は、混み合う確率が高くなりますので、早めに予約を入れておくことをおすすめします。ちなみに、この3Dネイルの場合、3時間ほどの時間が必要になります。

単色ネイルは1時間前後で完成

急ぎの用事ができ、予約したネイルサロンを早めに出なくてはいけない。こんな時は、単色ネイルをお願いしましょう。単色ネイルはその言葉通り、単色のみのカラーになりますので、時間を短縮したい時におすすめのデザインになります。

グラデーションを出すデザインを希望する場合は、下地に塗ったカラーを乾かせる手間が必要になるため、時間がかかります。ですが、単色であれば、ネイルにかかる時間は約1時間。時間を大幅に短縮することができます。

ジェルをオフしてから行うとプラス30分

新しいネイルを塗るには、今ある古いネイルを落とさなければなりません。その落とす作業は一般的にジェルオフと言われている作業になりますが、ネイルが厚ければ厚いほど時間がかかります。ジェルオフにかかる時間は、約30分。メーカーによっては、それ以上かかる場合も少なくありません。時間に余裕がない時は、あらかじめ問合せてからサロンに出向くことをおすすめします。

どんなデザインのネイルなら時間がかからない?

単色カラーのシンプルネイル

ネイルサロンに予約を入れているが、仕事が長引き、予約した時間に間に合いそうにない。少しでも早く駆けつけなければならないが、こんな時はどんなデザインを選べば、時間を短縮できるのでしょうか。

まず、もっともおすすめのデザインは、単色カラーのシンプルなネイルになります。単色カラーは、どんな服にでも合うベージュ系、薄ピンク系、薄オレンジ系がおすすめのデザインとなりますが、お仕事関係なくカラーが選べる方は、どのカラーを選んでも問題ありません。

ですが、シンプルな単色カラーは、選ぶカラーがそのままあなたの個性となるため、慎重に選ばなければなりません。たった1色ですが、1色だからこそ、センスが問われます。単色カラーを選ぶ時は、洋服や好みのテーマに合わせてが基本になりますが、そのテーマがない場合は悪目立ちしない、淡い柔らかいカラーを選ぶことをおすすめします。

ストーン1つなどの簡単ネイル

指先にほんの少しのおしゃれ感を出したい。そんな時は、シンプルな単色カラーにストーンを付けてみましょう。1つのストーンでも指先は華やかに見えるもの。どの指にストーンを付けるか迷った時は、ネイルのプロであるネイリストに相談してみてください。

スマートフォンを持った時に綺麗に見える指先、パソコンを使っている時に輝く指先、どの指の爪にストーンを付ければ、あなたが輝くか、また、あなたのおしゃれ感をアップさせてくれるかは、プロの目で選んでもらうのがいちばん。気軽に相談してみましょう。

フレンチやドットなどの簡単デザイン

ネイルには、定番のデザインと言われるフレンチとドットがあります。フレンチネイルは好みのカラーを爪全体に塗った後、爪の先の白い部分をホワイト等の別のカラーで彩るネイルのことになります。ドットネイルとは、水玉模様とも呼ばれていますが、同じ大きさの点々、または大きさの異なる点々を爪全体に配置するデザインになります。

手軽に簡単にできるデザインといっても、実は奥が深く、特にドットデザインは、ネイリストのセンスが光らず、ありきたりのデザインとなってしまう場合も少なくありません。ドットデザインを希望する場合は、前もってデザインを決めてから予約されることをおすすめします。

事前にネイルをオフしてから行くのもおすすめ

少しでもネイルにかかる時間を短縮したい時は、ネイルを落とす手間と時間を省くため、ネイルを落としてから行きましょう。但し、乱暴に落とすと爪を傷める恐れがありますので、注意が必要です。特にジェルネイルの場合は、落とした後、ハンドクリーム等で爪の保湿ケアは忘れずに行ってください。新しいネイルを塗る際、綺麗な仕上がりが期待できます。

セルフネイルの時間を短縮するポイント

つけ爪を使ってワンタッチネイル

爪が薄くて弱い、アレルギー等の皮膚疾患がある等の理由でネイルを諦めていた方は、ワンタッチネイルに挑戦してみませんか。ワンタッチネイルは、簡単に言えば、付け爪になります。爪の形をしたチップの裏側には粘着剤が付着しており、爪に貼るタイプの画期的なネイルチップになります。メリットは、爪に優しいこと、簡単に取り外すことができること、繰り返し何度も使用できることになります。

シールを使って貼るだけネイル

爪に好みのデザインのシールを貼るだけのネイルシールをご存知でしょうか。爪の先や中央等、お好きな場所に貼るミニサイズのものやジェルネイルのようなふっくらとした立体的なデザインのもの、人気アニメをモチーフにしたキャラクター等、様々な商品が販売されています。こちらの商品は、好きな形に切って、貼るだけでOK。ネイルに時間をかけられないあなたにおすすめします。

単色カラーでシンプルネイル

単色カラーのシンプルネイルは、楽しみ方次第で、おしゃれ感アップをサポートしてくれるネイルになります。5本すべて同じ色でも、また、2~3色を使って指によって色を変えてもOK。ハッピーな気分に変えてくれる色を選び、楽しいネイル時間を満喫しましょう。ちなみに、時間と手間を惜しみたい方にはヌードベージュがおすすめ。場所、服、年齢を選ばない基本の単色カラーになります。

ネイルドライヤーを使って乾かし時間短縮

ネイルが乾くまで待てない時は、ネイルドライヤーを使いましょう。乾かす時は冷風を使いがちですが、冷風だけでは早く乾かせることができません。まず、表面を冷風に当てて乾かしたら、次は、熱風を使いましょう。交互に使うことで、表面だけでなく中までしっかりと乾かせることができます。

まとめ

ネイルにかける時間を短縮する術は多々ありますが、自宅でできるセルフケアを行ってからネイルサロンに行くことで、更に時間を短縮することができます。ネイル初心者、細かい作業が苦手な方、できることから挑戦してみてはいかがでしょうか。