ビオチンの効果は?ビオチンを摂取するおすすめの方法

ビオチンは、肌荒れや頭皮のトラブルや白髪などに有効と言われているビタミンB群の一つです。水溶性ビタミンで糖をエネルギー変換するときに必要な成分でその昔、酵母の増殖時に偶然にも発見されたと言われています。

なぜ、ビタミンB群であるビオチンから効果を得ることが出来るのか、どんな食品に含まれているのか摂取方法などについても紹介していきます。

ビオチンとは

ビオチンはビタミンB群の一種であるビタミンHのことを指しています。ビタミンの由来はドイツ語の皮膚からきていると言われていることからも分かるように、体内に摂り入れられたビオチンはコラーゲンを生成する働きをしたり、アミノ酸を代謝する力を発揮するなど皮膚に関する生成を促してくれるのです。

ビオチンは安全面でも高い評価を得ていることから皮膚科でも治療薬として使われていて、それだけ皮膚の健康面においてとても大切な役割を果たしているビタミンなのです。

水溶性ビタミンの一種

水溶性ビタミンに分類されるビオチンは、体内に貯めておくことができないのでどんなにたくさんのビオチンを摂取したとしてもすぐに体の外に排出されてしまうのです。

1日に成人であれば50マイクログラム必要ですから、ビオチンが含まれる食品を積極的に摂り入れることが大切です。効率良い吸収率はビタミンCとの摂取です。このような相乗効果があるのもビオチンの特徴だと認識して上手に摂り込めるようにしましょう。

食品からの摂取で基本的には必要量が補えるもの

ビオチンを含んでいる食品を多めに摂取することが望まれていますが、たくさん摂ったからといって体内で蓄積できないので余分なものはすぐに排出されてしまうのです。食べたものから得たビオチンが有効的に体に摂り入れられるためにも規則正しくバランスのよい食事を心掛けなければいけません。

食品の中でも特に動物性の肉類・魚類・卵に多く、そのほかには乳製品や豆類などの野菜にも豊富に含まれています。その中でもとりわけ多いのが牛レバーです。過熱を加えても栄養分は失われないので料理にふんだんに摂り入れてください。

アミノ酸の代謝やコラーゲン生成にかかわるもの

髪の毛はアミノ酸で出来ていますがそれを作り上げているのビオチンなのです。ビオチンの栄養素は頭皮を健やかにしてくれるのです。それだけではありません。

髪の毛にコラーゲンを生成させる働きがあるとも言われているビオチンは色素細胞も活性化させるので白髪をストップさせる効果が高く、頭皮も含めて育毛効果に期待が持てることで注目を浴びているのです。

不規則な生活や食生活の乱れ、飲酒、喫煙で不足しやすくなる

なんとビオチンは、不摂生な生活習慣でいると体内に溜まることができずに不足してしまうと言われています。喫煙者の方や、アルコール摂取量が多い方などは、不足分を補うためにビオチンを多めに摂取するといいですし、補っても失われる可能性が高いのでサプリメントを効果的に摂り入れるといいです。

ビオチンの効果

ビオチンの効果とはどのようなものがあるのでしょう。体内ではタンパク質と結合していると言われているビオチンは、糖の代謝・アミノ酸の代謝・脂肪酸の代謝に関与していると言われています。その過程で補酵素としてエネルギーの生成に役だっているのです。

ビオチンが不足してしまうと代謝そのものが正常に行われなくなるので乳酸が溜まりやすくなります。疲れている原因にもあげられるためにビオチンの摂取は必要不可欠でありとも言われているのです。皮膚の症状だけでなく食欲減退や心疾患などの症状にもビオチンが大きく関与しているとも言われていますので、まずはどの効果が現れやすいのか症状を確認しておきましょう。

育毛効果

ビタミンEのビオチンが体内で不足してしまうと枝毛や抜け毛などのトラブルの原因となります。健康的で美しい髪を維持することも抜け毛を防ぐにも再生してくれる力を発揮するビオチンが必要不可欠となります。

髪の毛は毎日少しずつ伸びてくる訳ですから、新陳代謝を良くしてあげる意味でもビタミンEのビオチンが欠かせません。また、水溶性ビタミンなので血管内で必要ないと判断されれば尿と共に排泄されてしまうことから毎日必ず摂り入れてください。

アトピーなどの症状改善・美肌効果

日本ではあまり知られていないようですが、ビオチンには天然ビオチンと合成ビオチンがあり、どのような症状かでどちらのビオチンを使うのかが決まります。天然ビオチンには皮膚の炎症を抑制させるプロスタグランジンを形成すると言われていて、それが皮膚や粘膜などの細胞を再生してくれる役割を果たしています。

たとえば、アトピー性皮膚炎などの症状では腸内環境が安定せずに善玉菌が減少してしまうので、セラミドも足りなくなってしまい血流が悪くなることで角質層の構造がバランスを崩すことでアトピーの症状を引き起こしてしまうと考えられているのです。天然ビオチンを摂り入れることでアトピーも改善できますし、角質層も整うので美肌効果にも成果を出してくれるのです。

血行不良の改善

頭皮のトラブルの原因も実は血行不良が原因だと言われています。血流が悪くなれば代謝も落ちてしまいますし、毛細血管から良質な栄養分や酸素などを吸収することができないので抜け毛などの原因を引き起こしてしまいます。

髪の毛の成長も止めてしまうと言われています。ビオチンにも頭皮などに良い血液を送り届ける役割がありますので頭皮のトラブル改善に役立つと考えられています。

体力アップ

ビオチンは代謝を良くする働きをしますので、筋肉などの組織を形成して、成長させることや傷ついた筋肉を修復させる役目を果たしてします。これにより筋肉痛などの炎症を抑えることができるのです。

ビオチンが血液を移動しながら腸内環境を整えたり、心臓などにも行き届くことで髪だけでなく、健康的な体でいられると考えられているのです。

ビオチンを効率よく吸収する方法

ビオチン自体が水溶性ビタミンですから必要以上に摂取すれば必ず尿と共に排泄されてしまいます。もしもサプリメントなど飲み過ぎてしまってもさほどのデメリットは見られませんがお酒をよく飲む人や喫煙者は、アルコールなどをビオチンが分解するので、いつでもビオチン不足になってしまうと言われています。

また、ビオチンのほかに経口抗生物質などと同時に服用してしまうとビオチンの吸収率が低下するとも言われていることから、摂取にも注意しなければいけませんし、過剰摂取も消化器系の疾患を持っている場合には腸内環境のバランスを崩してしまうので気をつけなければいけません。ビオチンは1日の中でいつ服用しても大丈夫だと言われていますが、一気に摂取するよりも数回に分けて摂り入れた方が効果を実感できると言われています。

ビタミンCと一緒に摂取数と腸内での吸収を助けてくれる

抗酸化作用が高くて体の錆びつきを防いでくれるビタミンCもビオチンと同じく水溶性ビタミンです。この2つは取り過ぎてしまうと体内で蓄積させておくことが不可能なので尿と排泄されてしまいます。しかし、老化現象をくい止めて素肌を健やかな状態にさせるためにも同時摂取がとても良い効果を発揮すると言われています。ビタミンCの力を借りるとビオチンが細胞内にしっかりと吸収されるのです。

これで皮膚の細胞も新陳代謝がアップしますので継続して摂取するように心掛けてみましょう。

ビタミンB群と一緒に摂取すると代謝が活発になる

ビタミンB群の一種であるビオチンは、やはり同じ種類である他のビタミンBとの同時摂取がお互いの相乗効果を発揮すると言われています。その中でも特におすすめなのがビタミンB6とビタミンB12です。新陳代謝を活発にさせる働きがより一層高まることからもなるべく一緒に摂取しましょう。食事などからも摂れるのですが、どれがビタミンB6なのかとか気にしなければならず、摂取のたびに食材について調べるのも案外大変です。

できればビタミンB群のサプリメントから摂取することをおすすめします。マルチビタミンという種類にもビタミンBが入っているので手っ取り早くて良さそうにみえるでしょうが、ビオチンの効果を半減させてしまうビタミンの存在もあるので注意したいものです。

ミヤリサンと一緒に摂取すると悪玉菌に食べられにくくなる

実はビオチンを好物としている乳酸菌が多いので、ビオチンを単品で摂取していると食べた分だけ乳酸菌が餌にしてしまうのです。病気の症状によっては善玉菌が増えないものもあり、腸内は悪玉菌だらけとなっています。そこに細菌の餌であるビオチンを投入してもそれを食べてますます悪玉菌が増殖するという悪循環になってしまうのです。

そんなときこそミヤリサンの登場です。なにしろ悪玉菌には目も触れず、またビオチンも食べないのでビオチンの吸収率がアップします。有害な悪玉菌を排泄させるためにもミヤリサンは有効だと考えられています。

これらの栄養素が含まれているサプリメントと一緒に摂取すると効果的

このように他の栄養素などと一緒に摂取することで効果が高まるビオチンですから、できればたくさんのビタミンなどの栄養素が詰まっているサプリメントから摂取するのがいいでしょう。

まとめ

水溶性ビタミンであるビオチンについて説明しましたが、おもにコラーゲンを生成する役割を果たしていることで素肌や髪を健やかに保つことができると考えられています。また他のビタミン類とも相乗効果がアップするので様々な摂取方法が可能となります。疲れを感じて、肌のハリも無くなってしまい、爪が割れたり白線が入っているようならば完璧にビオチン不足がうかがわれますので早めにビオチンを摂り入れてください。”