奥ゆかしいとはどういう意味?奥ゆかしい女性は好まれる

奥ゆかしいという言葉に憧れを抱いている女性は多いのではないでしょうか。一度でよいからこのような評価を受けてみたいという方はたくさんいるでしょう。それでは奥ゆかしいとはどのような意味なのでしょうか。奥ゆかしい女性は本当に好かれるのでしょうか。こちらでは奥ゆかしい女性に注目しています。

奥ゆかしいとは?

そもそも奥ゆかしいとはどのような意味なのでしょうか。なんとなく理解をしている方は多いでしょうが、正確な意味を答えることができる方はなかなか少ないでしょう。こちらではまず奥ゆかしいという言葉の意味についてみていきます。

奥ゆかしいの意味

奥ゆかしいというのは奥が深くて上品であるという意味です。このような様子に心が惹かれてしまうような人のことを奥ゆかしいと表現します。心遣いを感じることができて、このような人につい引きつけられてしまいます。ゆかしいというのは行きたいという意味です。したがって、奥ゆかしいというのは奥まで行きたいという意味となり、その人に心が惹かれてしまい、もっそその人について知りたい、先が見たいという意味となります。

現代では女性の控えめな態度や上品な様子を形容する言葉として使われることが多いです。

奥ゆかしいの類語は?

奥ゆかしいと似たような言葉としては慎ましいや慎み深いといったものがあります。外見や品行が不快ではなくて上品であるという意味となっており、奥ゆかしいと近い意味となっています。ほかにも美しいやき美麗、端麗といったものも奥ゆかしいと近い意味として使われることが多いでしょう。雅やかや麗しげ、閑雅といった言葉についても類語といえるでしょう。

奥ゆかしいの対儀語は?

奥ゆかしいという言葉の対義語としては、たとえばでしゃばるがあります。必要のない場面で差し出がましいようなことをしてしまうことをでしゃばるといいます。まさに奥ゆかしさとは正反対といえるでしょう。また、奥ゆかしいはもっと知りたくなるという意味があるため、無関心も対義語といえるかもしれません。

奥ゆかしいとはどう使う?


奥ゆかしいという言葉は具体的にどのような場面で使う言葉なのでしょうか。どのようなケースでこちらの言葉を使うことがあるのか、具体的なケースを紹介しましょう。また、奥ゆかしい人物についても例をあげています。

奥ゆかしいの使い方

たとえば女性のことを形容して奥ゆかしいという言葉を使う場面はたくさんあるでしょう。特に褒める言葉として奥ゆかしいが使われることは多いです。ただし、人以外に対しても奥ゆかしいを使うことはあります。たとえば桜餅です。桜の季節に食べるものでありながら、お花見のときに登場することはありません。そこは団子に譲るのです。そのような奥ゆかしさが桜餅にはあると形容しているケースがあります。

アクセサリーについて奥ゆかしいと表現することもあるでしょう。遠くのほうから美しさがやってくるような光を放っているという意味で使われることがあります。

奥ゆかしいを歴史上の人物で例えると

歴史上の人物として奥ゆかしいを例えるとすると、たとえば豊臣秀吉の正室であったねねがいます。ねねは秀吉が太閤となったあとには領地のとりまとめをしていたとされています。また、子供たちの面倒もしっかりと見ていました。母親としても、政治家としてもしっかりと働いて豊臣秀吉のことをしっかりとサポートしていたのです。最後の瞬間までしっかりと秀吉に仕えていました。

奥ゆかしいを芸能人で例えると

奥ゆかしさを感じさせる芸能人といえば誰でしょうか。たとえば新垣結衣さんです。でしゃばるようなことはなく、いつもナチュラルであり、淡々と仕事をこなしているというイメージがあります。見た目もそれほど派手なわけではなくて、このような雰囲気や仕事へのスタイルがおくゆかしさを感じさせるのです。顔立ちも昔ながらの日本人らしさを感じさせてくれて、いつまでも清楚なイメージがついています。

奥ゆかしい人の特徴

奥ゆかしい人になりたいならば、どうすればよいのでしょうか。そのために参考になる奥ゆかしい人の特徴について教えましょう。奥ゆかしい人というのはさまざまな特徴を備えているものなのです。奥ゆかしさを代表する要素について教えましょう。

目立たない

奥ゆかしさというのは目立たないことが大切です。いつも上品であり、静かで落ち着いていて、自分から目立とうとすることはないのです。わざわざそのようなことをしなくても、その奥ゆかしさが逆にその人を目立たせています。底の浅さを感じさせるようなことはなく、その人はいったいどのような人なのかとみんながもっと知りたいと思うような人が奥ゆかしさです。目立たない人というのはこのような要素を持っているのです。

聞き上手

奥ゆかしい人というのはおしゃべりなイメージとは程遠いでしょう。むしろ他人の話をしっかりと聞く人のイメージの方が当てはまるでしょう。聞き上手な人が奥ゆかしいといえるでしょう。このような人というのは、周りからするとその人の話をもっと聞いてみたいと感じさせます。それが奥ゆかしさにつながっていくのです。

意見を合わせられる

他人の意見に合わせることができる人というのは、自分の意見を抑えても他人のことを尊重しようとします。そのような人というのは、奥ゆかしさを感じさせるでしょう。とても大人な態度で他人とかかわることができるのです。他人の意見もきちんと耳を傾けており、その意見のよいところをきちんと理解します。このような方が奥ゆかしい人です。

穏やかな印象

いつも静かで自己主張をすることはなく落ち着いている人というのは、穏やかな印象を感じさせて、それが奥ゆかしい人という印象につながっていくでしょう。感情を高ぶらせるようなことはなく、常に冷静でいられるのです。喜怒哀楽が激しい人というのは分かりやすいタイプであり、このような方は奥ゆかしさがあるとは思われないでしょう。

視線を意識している


奥ゆかしい人というのは常に周りのことを意識しています。周囲の人が自分のことをどのように見ているのか、どんな風に評価しているのかを理解しようとしています。周りの視線を意識しているため、でしゃばった行動をとることはありません。常に回りに合わせた行動や態度を意識しています。このようにすれば上品さを常にキープすることができるでしょう。

自慢話はしない

自慢話ばかりをする人というのは、周りからうっとうしいと思われてしまいます。その自慢話を聞いて本当にすごいと思う方はいないでしょう。とても底の浅い人であると思われる可能性が高いです。奥ゆかしい人というのはけっして自慢話をするようなことはありません。自分自身の話をすることもほとんどないのです。そのため、底の浅さはなくて、もっとその人のことを深く知りたいと思わせることができるのです。

立ち振る舞いに気をつける

奥ゆかしい人になりたいのであれば、常に自分の行動には気をつけましょう。立ち振る舞いには注意しましょう。ちょっとした所作が下品に感じられてしまう可能性があります。上品な人だと思っていたのが下品な行動を1回でもしてしまうと、その人のイメージは大きく変わってしまうでしょう。

立ち振る舞いは1つ1つの普段の行動から気をつけるべきなのです。そうすることによって、ずっと上品なイメージを維持することができるでしょう。言葉遣いや所作など、細かな部分にいたるまで注意してください。

奥ゆかしい女性は本命?男性に好まれる理由

奥ゆかしい女性が好まれるということは分かるでしょうが、それでは男性から奥ゆかしい女性は恋愛対象として見られるのでしょうか。男性に奥ゆかしい女性が好まれる理由について紹介しましょう。

癒されるから

奥ゆかしい女性というのは男性にとっては癒しの存在となります。最近は癒しを求めている男性が多いです。たとえば仕事で大きなストレスを抱えている方は多いでしょう。そのような方にとって奥ゆかしい女性というのは、とても落ち着ける存在となるでしょう。気を使う必要はなく、女性の方からいろいろなことに気を配ってくれるため、一緒にいてとても楽になります。ストレスにならないのです。

このような女性は現代ではとても貴重な存在となっています。そのため、あなたが奥ゆかしい女性になることができたならば、多くの男性が注目するでしょう。

周囲に自慢できるから

奥ゆかしい女性というのは上記のようにとても希少な存在となっています。そのため、そのような女性を彼女にすることができたならば、周囲に自慢することができるでしょう。自慢の彼女を持つことができるため、自分の自信を高めることができます。本当に奥ゆかしい女性というのは、彼氏だけではなくて、彼氏の友達や家族に対してもしっかりと気を配ることができるのです。そのため、周囲からの評価もどんどん高くなります。

相乗効果で高め合えるから

もし奥ゆかしい人と男性が付き合ったならば、男性は自分ももっとしっかりとしなければいけないという気持ちになるでしょう。奥ゆかしい女性にふさわしい男性になろうと真剣に考えるのです。彼女が奥ゆかしい人なのに彼氏が自堕落な性格をしていると周囲からは白い目で見られる可能性があるでしょう。そのような評価を受けることを避けるためにも、彼氏も努力するのです。

また、奥ゆかしい彼女の方は常にその評価をキープするために努力しています。彼氏にもっと好かれようとしてもっと自分を高めようとします。このようにして相乗効果によって、彼氏の方も奥ゆかしい彼女の方も自分を高めようとするのです。このような効果を期待できるため、男性から奥ゆかしい女性は好かれるのです。

まとめ

多くの方から好まれる奥ゆかしい女性について注目してきました。奥ゆかしさというのは、上品であり、控えめで慎み深い人のことです。言葉遣いや所作にしても、すべてが落ち着いており、でしゃばったり目立つようなことをけっしてしません。このような女性というのは昔から日本では美点として評価されてきました。

最近は海外の文化も流入しており、奥ゆかしい女性というのは減ってきています。自己主張をしっかりとすることの方が良いという意見も増えているのですが、このような時代だからこそ奥ゆかしい女性というのはとても希少価値があり、評価されやすいのです。もし奥ゆかしい女性にあこがれているならば、上記を参考にして奥ゆかしさを追求してみましょう。