自分にぴったりな色はどれ?《肌色別》ネイルカラーの選び方

ネイルカラーも肌色に合わせるのが大切

イメージとは違う仕上がりは肌色との組み合わせが原因?

せっかくかわいいネイルポリッシュを買ったのに、実際に塗ってみると「イメージと違う雰囲気になってしまった」ということはありませんか?イメージとは違う仕上がりの原因は、肌色とネイルカラーの組み合わせにあるかもしれません。

ファンデーションやリップ、チークの色を決めるときには、自分の肌色に合ったものを選びますよね。ネイルカラーも同じように、肌色にふさわしい色を選ぶことでイメージ通りの仕上がりにすることができます。

自分にぴったりの色で魅力的なネイルにしよう

最適なネイルカラーがどんなものかを把握しておけば、より魅力的なネイルを楽しむことができます。みんなの注目を引くことができるような素敵なネイルを目指して、肌色との組み合わせを考えてみませんか?基本的なネイルカラーの選び方をチェックしていきましょう。

自分の肌色を把握しよう

イエローベースとブルーベースの2種類に分けられる

最適なネイルカラーを選ぶために、自分の肌色がどんなタイプなのかを見ていきましょう。色白or健康的な肌色以外に基準となるのが、イエローベースorブルーベース。黄色味が強い肌がイエローベース、青味が強い肌がブルーベースとなります。

この肌色のタイプを把握しておけばメイクの色を決めるときの参考にもなるので、ぜひ自分がどちらなのか診断してみてくださいね。ブルーベースorイエローベースの診断方法はとても簡単です。

簡単な診断方法

まずは手のひらを見てみましょう。手のひらが赤味の強い色をしていればブルーベース、黄色味が強い場合はイエローベースになります。

次に手首の内側を見てください。手首に流れる血管が青や紫のような色に見える場合はブルーベース、緑っぽく見える場合はイエローベースです。明るいところでチェックして、自分がどちらなのか判断していきましょう。

イエローベースの肌に合うネイルカラー

色白系イエローベース:サーモンピンクやベージュ

イエローベースかブルーベースかがわかったら、さらに色白と日焼けした健康的な肌色にわけて、最適なネイルカラーを具体的に見ていきましょう。

色白系イエローベースの場合は、肌色に近いベージュがおすすめ。かわいらしさをプラスしたい場合は、サーモンピンクがぴったりです。グレージュのようなくすみカラーとの相性もばっちり。

健康系イエローベース:ボルドーやゴールド

健康系イエローベースの肌色であれば、ボルドーやブラウン、カーキといった濃いめの色合いが良いと言われています。深みのある色が肌をきれいに見せてくれるのがポイント。

華やかな印象にしたい場合は、ゴールドも取り入れてみましょう。また、オレンジ系のレッドとの相性も良いので、明るいネイルに仕上げるときに使ってみてはいかがですか。

ブルーベースにぴったりなネイルカラー

色白系ブルーベース:ピンクやパステルカラー

ブルーベースで色白な肌の人は、ふんわりとやわらかな印象を与えてくれるパステルカラーがおすすめ。レモンやスカイブルーなど、爽やかな色合いとも良く合います。

ピンク系は全般的に色白系ブルーベースと合わせるのに最適。落ち着いた印象にしたいときはくすみ系のピンク、明るくしたいときはローズピンクなどお好みで選んでいきましょう。

健康系ブルーベース:ビビットな色

健康系ブルーベースは肌色の印象が強いため、それに負けないビビットな色がぴったりです。イエローやブルーなど、みんなの目を引くようなビビットカラーにチャレンジしてみてはいかがですか。

派手なネイルにしたくないときは、シアーピンクやシアーホワイトにしてみましょう。肌の透明感がアップし、きれいなネイルに仕上げることができます。

色を工夫して魅力的なネイルにしよう

イメージ通りのネイルに仕上げるためには、肌の色にふさわしいものを選んでいくことが重要なポイント。自分の肌色がどんなタイプなのか把握して、ピッタリのネイルカラーを選んでみてくださいね。