ミネラル不足で起こることと補う食材

ミネラル不足の現代人などという言われ方がされていますが、特に日本人は深刻なミネラル不足の民族だといえるでしょう。なにしろ生きていくためには必要不可欠という位置づけなのに、肉食など欧米食が食卓の中心になっていますし、カルシウムをたっぷりと含んでいる硬水もあまり存在していないので海外のように水分としても摂取しきれていない問題点も多くみられます。ミネラル不足による影響とそれを補う食材について紹介します。

ミネラル不足になると出てくる症状

自分でも意識していないとついミネラル不足の食生活に偏ってしまい、気づかないうちに身体に不調をきたすことって少なからずあると思います。何となく普段の食事からミネラルを摂っているつもりでも果たしてその量は、成人の男性女性の摂取量を満たしているでしょうか。ミネラルは決して体内では作られないものですので、自分から進んで食事やサプリメントで補わないといけません。

人間の体を構成するためには欠かすことができないミネラルは、筋肉を作る力と神経の働きを良くする力と新陳代謝を向上させることができるので5大栄養素としてタンパク質・ビタミン・脂質・炭水化物と並んで必要不可欠な成分です。このミネラルは足りないと様々な症状を誘発させてしまいますし、多く摂取すれば生活習慣病を引き起こしてしまうとも言われていることから微妙な摂取バランスが求められています。ミネラルが不足するとどのような症状があるのか代表的なものをいくつか紹介します。

血圧が高くなる

ミネラルの栄養素であるマグネシウムは体内の様々な酵素の助けをすると言われています。その中でもカルシウムにより血管が収縮してしまう動きを素早くキャッチして、抑制する働きをみせてくれます。しかし、ミネラルの1種であるマグネシウムが不足すると血管収縮を止めることができずに血圧がどんどん上昇してしまい高血圧になってしまうのです。

骨や歯がもろくなる

ミネラルにはいくつもの種類がありますがその中でも子供の頃から成長を見守っていてくれるカルシウムの存在は欠かせません。なにしろ大人になるにつれて摂取量が減少してしまうカルシウムは、骨の形成に必要不可欠だからです。

大人になって身長もある程度高いしもうこれ以上カルシウムを摂取する必要はない、牛乳も小魚も嫌いだから大人になってもう食べる必要はないと勘違いしている人も少なからずいるようですが、カルシウムは骨密度の形成に欠かせません。骨密度は高齢になると減少する一方だと言われていて、転んだ拍子にすぐに骨折してしまうほど骨をもろくする骨粗しょう症の原因を作ってしまいます。

イライラしやすくなる

仕事のせいにしてしまうほどイライラが募ることは誰にだってあると思います。それって絶対にカルシウム不足だよと周囲から言われると益々イラついてしまい大切な友人を失ってしまうかもしれません。このイライラとしている原因はミネラルの中でもカルシウムと
亜鉛・銅が不足していることで神経を興奮させてしまっているのです。

子供にだってイライラしている傾向が増えてきているようですが神経の働きを助けてくれるミネラルが不足していますのでカルシウム摂取を怠らないようにしたいものです。

疲れが取れにくく常にだるい

酷く疲れやすくなったとか、夏の暑い季節には体が重く感じてすぐにバテてしまうことがあれば、完璧なミネラル不足であると考えるべきです。ミネラルは体の中で作ることができない成分ですから日頃から摂取することが必要です。しかし、ちょっとした汗の中にもマグネシウム・カリウム・カルシウム・ナトリウムが排出されていることから暑い時期にはミネラル不足になってしまいます。

また外食するにせよ添加物がいっぱいの弁当や加工食品ばかりを食べているとミネラル不足になってしまうので体の機能がなかなか回復せずに疲れやすくなってしまうのです。

ミネラルの効果

人間の体内にはおよそ16種類もの必須ミネラルが存在しています。その中でも採取基準として13種類のミネラルは大切なものとして位置づけられているのです。何をミネラルと呼ぶのか分からないという方のためにも13種類のミネラルは、マグネシウム・カルシウム・ナトリウム・カリウム・リン・マンガン・クロム・亜鉛・銅・鉄・ヨウ素・モリブデン・セレンです。これらのミネラルは人間形成に欠かせないものです。ミネラルを摂取することで得られる効果を確認してみましょう。

体内の水分量調整

塩分の多い食事をしているとどうしても体内から排出する作業に時間がかかってしまうため、水分などとともに蓄積されてしまいます。それらの水分を調整して排出する手配をしてくれるのがカリウムとナトリウムの働きなのです。両方がバランスのよい動きをするので排出がスムーズに行われます。

疲労回復促進

カリウム・クロム・鉄などは血糖値をコントロールして良い血液を全身に送り込む働きもしてくれるので疲れにくい体質や疲労回復に効果を発揮してくれます。

脂肪燃焼、吸収の抑制

亜鉛・モリブデンが補酵素となって、銅とマンガンの酵素成分を助けることで、食物の分解や免疫力の向上などに無くてはならないミネラルの役目を果たすのです。これにより有害物質が血管内に浸透しないように抑制したり、脂肪燃焼をすると言われています。

免疫力向上

酵素の働きや、血中コレステロール値を正常にしてくれたり、脂肪燃焼などを行うことで新陳代謝もアップすると言われています。そのような働きは免疫力を向上させてくれるので錆びない負けない体を作り上げてくれます。

ミネラル不足を解消するのにおすすめの食材

ミネラルは多く食品に含まれていますので、普段の食事から摂取することができます。しかし、最近はその食品の旬とか関係なく1年中食べれることからミネラルなどの栄養素が減少しているとの報告もあり、昔ならば1個食べれば十分だった果物でも、今は1.5個食べなければ必要なミネラル分を摂取することができないという見方が広まっています。

少しでも多く食べることが必要ですから、牛乳などの飲み物や大豆類で出来ている豆腐や納豆など積極的に摂り入れてください。そのほかにも野菜などは炒め物にすると量も少なくなりその分たくさん食べれるはずです。

キノコ類

野菜に含まれるミネラルが減少しているからこそ効率よくたくさん含まれている食品を選びたいものです。その中でもキノコ類にはカリウムが豊富に含まれていて成人病の予防に繋がりますし、亜鉛・鉄・銅と野菜の中でも多いのでバランスよくミネラルを摂ることができます。

海藻類

食物繊維が豊富なアルカリ性食品の海藻類にはミネラルがたっぷりと含まれています。ワカメ・ひじき・海苔・昆布など日本人の食卓には欠かせない食品ばかりですので毎食必ず食べて欲しいです。

ココア

ココアにもミネラルが含まれているなんて信じられないかもしれませんが、食物繊維も豊富なうえにマグネシウム・カルシウム・亜鉛・銅などといったミネラル分も豊富に含まれているのです。とくに牛乳と飲むことでカルシウムとマグネシウムが良い効果を発揮すると昔から言われています。

雑穀

雑穀の中には豊富なミネラルとビタミンが含まれているので体に必要な栄養素をしっかりと食事で摂ることができるのです。

まとめ

ミネラルが不足してしまうと様々な体調不良を引き起こしてしまうキッカケとなることがわかりました。また現代人のストレスを解消する意味でもミネラルはとても必要なものです。ミネラルたっぷりと含んだ食材やサプリメントを有効活用して、疲れを溜めないカラダ作りをしてみてはいかがでしょう。