人に好かれる人になろう!また会いたいと思われる人間になろう!

他人から好かれる人になりたいと考えている方は多いでしょう。また会いたいと相手に思われるような人になりたいと願っている方はたくさんいます。こちらではどのようにすれば人から好かれるようになるのか、そのためのコツについて教えましょう。

好かれる人の特徴をまとめました

好かれる人になりたいならば、好かれる人の特徴を理解しておくことは大切です。好かれる人は一体どのような特徴を備えているのかを教えましょう。好かれる人になるための参考にしてください。

人を上手に褒める

どのような人でも他人から褒められると嬉しいものです。褒められれば、また、その人に会いたいと思うようになるでしょう。そのため、人を上手に褒めることができる人というのは、他人から好かれやすいといえるでしょう。積極的に他人のことを褒めるようにしてください。日本人は他人を褒めるのが苦手とされているため、上手く褒められる人は特に好かれるのです。

人の言葉に耳を傾ける


他人の言葉にしっかりと耳を傾けることができる人も好かれやすいでしょう。自分がせっかく話をしているのに、相手がきちんと聞いてくれないのは嫌なものです。そのような人に会いたいとは誰も思わないでしょう。他人から好かれるためには他人の話を聞くことが大切なのです。

人をバカにしない

他人に馬鹿にされるのはたとえどれだけ親しかったとしても嫌なものです。人を馬鹿にすることが口癖のようになっている方がいます。このような方というのは他人から嫌われやすいでしょう。言葉遣いには注意してください。不用意に他人を馬鹿にするべきではないのです。そのような方の近くにいたいとは誰も思いません。

人を選ばないで行動する


人を選ばずに行動できる人というのは好かれやすいでしょう。偉い人には媚びへつらって、自分より下な人に対しては尊大な態度を取るという方がいます。このような方はとても嫌われるでしょう。首尾一貫して誰に対しても同じような態度で紳士的に接するような方というのは好かれやすいのです。

周りの人を大切にできる

自分の周囲の人のことをきちんと気遣って大切にすることができる人というのは、好かれやすいです。自分勝手に行動してしまったり、自分の利益のことしか考えていないような方がいます。このような方が好かれることはないでしょう。周りの人を大切にできる人というのは、自然と人が集まってくるものなのです。

他人のために時間を使う

自分のためだけではなくて他人のために時間を使うことができる人がいます。そのような方は信用されるでしょう。たとえば何か悩みがあったときに、その人に相談をすると親身になって話を聞いてくれるという方がいます。このような人が他人のために時間を使うことができる人なのです。こういう人は周りから好かれやすいでしょう。その人のそばにいたいと思わせることができるのです。

自分の失敗を笑うことができる


自分が失敗をしてしまったときに、そのことについて笑うことができる人がいます。このような方は信用できるでしょう。自分の失敗を自覚することができて、そのことで感情的になることがないのです。中には他人のせいにするような方もいます。このような方が好かれることは絶対にないでしょう。自分の失敗を認められる人というのは、他人に対して寛容であると思われるのです。

周囲に気をとられない

周囲の視線があまり気にならないという方がいます。周囲に気を取られずに自分の信じた道を進んでいくことができるのです。このような人は好かれやすいでしょう。卑屈なところがなくて、常に自信に満ち溢れており、頼りがいがあるのです。確固たる自分を持っているのです。このような人は尊敬の対象となることが多いでしょう。

言い方を選択できる

言葉遣いも重要なポイントとなるでしょう。言い方を適切に選択することができる人というのは信頼されています。相手に合わせて言い方ができて、状況に応じても正しい言い方をすることができるのです。

自分を重要としない

自分をあまり重要としないという方がいます。このような方は好かれやすいでしょう。自分が偉いという意識がなくて、周りのこともきちんと気遣って尊重することができるからです。尊大なところがなくて、親しみやすいでしょう。周りとしっかりと協調をして行動することができるのです。

好かれる人がやらないこと

他人に好かれる人と好かれない人にはさまざまな違いがあります。特に行動面においてそれはあらわれるでしょう。それでは好かれやすい人がやらないこととは一体何なのでしょうか。こちらでは好かれる人が絶対にしないことについて教えます。

他人のせいにしない

自分の失敗をすぐに他人のせいにする人がいます。このような人は嫌われやすいでしょう。この人に近づくとひょっとしたら自分のせいにされてしまう可能性があると敬遠されてしまうのです。人に好かれる人というのは、自分が失敗したときには、そのことをきちんと認めて、周りの人に謝罪まですることができるのです。

自分に執着しない

自分に対してあまり執着しないのが人に好かれる人の特徴です。自分にばかり執着する人というのは、他人の利益よりも自分の利益を優先します。自分が良ければすべて良いと考えているのです。また、他人とトラブルになったときにも、自分には責任がないと思いたがる傾向があります。このような人は嫌われるでしょう。

他人を操らない

上の立場から他人を操ろうとする人がいます。職場だけではなくて、プライベートの人間関係においてもこのようなタイプの方はいます。操られる側から見るととても不快な行動となるでしょう。人に好かれる人というのは、他人を操ろうとすることは絶対にしないのです。

弱音をたくさん吐かない

弱音をつい吐いてしまうという方がいます。これは周りからは鬱陶しいと思われてしまうでしょう。基本的にマイナスな発言というのは周りにもその気分が伝染してしまうものなのです。そのため、弱音をたくさん吐いている人の周囲には誰も集まらなくなるでしょう。好かれやすい人というのはけっして弱音を吐きません。

途方もないことをしない

途方もないことをついしてしまうという方がいます。後先のことを考えずに無茶なことをしてしまうのです。これは周りに迷惑をかけてしまう可能性があるでしょう。好かれる人というのはきちんと未来のことを考えるため、途方もないことはしないのです。

批判をしない

他人を批判しないのが好かれる人の特徴となっています。批判をするような人というのは、嫌われやすいでしょう。たとえ相手が悪かったとしても言い方を考えて、真正面から批判をすることを避けられるのが好かれる人の特徴です。

他人の邪魔をしない

他人の行動の邪魔ばかりしている人がいます。これはとても鬱陶しいことです。嫌われやすい代表格といえるでしょう。好かれる人は他人の行動の邪魔をしたりはしません。むしろ応援することが多いでしょう。

過去にとらわれない

過去にとらわれずに常に前向きに生きているのが他人に好かれやすい人の特徴となっています。過去にばかりとらわれていて、いつも後ろ向きな人というのは嫌われやすいのです。

うぬぼれない

うぬぼれてしまう人というのは他人から嫌われやすいです。好かれる人というのはけっしてうぬぼれてしまうようなことがないのです。そのため、周りから信頼されていることが多いでしょう。

怖じ気づかない


怖気づかないことも好かれるためには大切なことです。好かれる人というのは気弱な部分はありません。どのような状況でも沈着冷静でいて、怖気づかずにまっすぐに立ち向かっていくことができるのです。

好かれる人の話し方と信頼される言葉づかい

好かれる人というのは話し方や言葉づかいに特徴があります。どのような話し方を心がければ良いのかを教えましょう。

声のトーンを気をつけて話す

声のトーンには注意しましょう。基本的には高めのトーンで話をしている方の方が好かれやすいでしょう。低いトーンの声というのは相手に威圧感を与えてしまったり、不機嫌になっている印象を抱かせてしまうでしょう。

相手を否定しないで話す

話をしているときには相手を否定してしまわないように注意しましょう。自分のことを否定してくるような相手といつまでも話をしていようとは思わないものです。否定をせずにできるだけ前向きなことを話すように心がけましょう。

態度や姿勢に気を配り話す

自分の態度や姿勢については細かい部分までしっかりと気を配りましょう。それらが相手に何らかの影響を与えてしまう可能性があるからです。ちょっとしたことでも相手はそれを見て不愉快になったり、嫌だなと思ってしまうことがあるのです。

本音で話そう

嘘をつかずに本音で相手と話をすることは大切です。そのような方は信頼されやすいです。後から嘘をついていたことが発覚してしまうと印象は最悪になってしまうでしょう。

沈黙を上手に活用する

話をする際には沈黙も上手く活用するようにしましょう。ずっと話ばかりしているような方というのは逆に鬱陶しいと思われやすいです。

ユーモアがある


相手に好かれたいならばユーモアがあることも大切です。まったく面白いことを言わない方というのは話をしていて退屈だと思われやすいのです。ユーモアを交えながら話をすることによって、相手も楽しい気分になっていくでしょう。

人にまた会いたいと思われる人になろう

またその人に会いたいと思われることは大切です。そのような人が本当に好かれているといえるでしょう。そんな人になるためにはどうすれば良いのでしょうか。そのためのコツを紹介します。

自分の意見をしっかり持つことが大切

その人に会いたいと思われるということは、その人に会うとメリットがあるということです。それは自分の意見を持っているということが重要となります。自分の意見をしっかりと発信できる人というのは、他人から好かれやすいのです。その人に会えば自分とは異なる意見を聞けるという期待ができるからです。そのため、他人の顔色をうかがったり、どこかで聞いたような話ばかりするのではなくて、自分で考えたことを相手に伝えるようにしましょう。

まとめ

この社会で生きていく上で他人から好かれることというのはとても重要です。また、他人から好かれたいと願っている方も多いでしょう。他人からモテたい、友達を増やしたいという理由から好かれたいと考えている方もいるはずです。上記で他人に好かれる人の要素について紹介してきました。これらを参考にしながら、他人に好かれる自分を目指してみると良いでしょう。周りから好かれるようになればさまざまなメリットがあるのです。