足元もきれいに彩って◎失敗しないフットネイルの塗り方

不器用さんでもフットネイルは簡単にできる

足元をきれいに見せてくれるフットネイル

サンダルなどを履いたとき、フットネイルをしているときれいに見えますよね。何も塗っていない爪よりもおしゃれ感がアップして、みんなの注目を集めることができます。

「でも、フットネイルは自分がやると失敗しそう」と心配になることもたくさん。特に不器用さんの場合は、フットネイルに対して高いハードルを感じている方も多いのではないでしょうか。

簡単な方法できれいなフットネイルにしよう

フットネイルは基本のやり方さえ覚えておけば自分で気軽に行うことができます。利き手を使って塗ることができるので、手の爪を塗るよりも実は簡単。フットネイルの基本的な方法をチェックして、おしゃれなデザインに仕上げていきましょう。

まずは爪の状態を整える

やすりや爪切りでネイルしやすい状態にする

きれいにフットネイルを塗るためには爪の状態を整えておくことが大切になります。爪の長さがそろっていなかったり、表面がデコボコになっていると失敗の原因となるため気をつけましょう。

爪切りを使い、深爪にならないように爪の長さをそろえます。次にやすりを使って全体の形を整え、表面もなめらかにしてください。甘皮が気になる場合は、甘皮切りを使ってケアをしておきます。

アルコール入りウェットティッシュで油分を拭き取る

ネイルポリッシュがきれいに塗れない理由として、爪の表面に油分が残っていることが考えられます。それを回避するためにアルコール入りのウェットティッシュを使って油分を拭き取りましょう。事前にこうしておくと、ネイルが長持ちしやすくなります。

ウェットティッシュがない場合は、リムーバーをしみこませたコットンを使ってもOK。肌荒れしないように、化学物質を使っていないリムーバーを使いましょう。

トゥセパレーターで塗りやすくする

自分でフットネイルをするときに取り入れておきたいのがトゥセパレーター。足の指にはさんで間を広げることができるので、よれたり剥がれたりするのを防ぐことができます。100円均一ショップなどで購入できるので、ぜひ活用してみてくださいね。

きれいに仕上がるフットネイルの塗り方

ベースコートで表面を滑らかにする

ネイルポリッシュを塗る前にベースコートを塗っておきましょう。ベースコートを事前に塗ることで表面が滑らかになり、きれいに仕上げやすくなります。また、爪を保護してネイルを長持ちさせることができるので取り入れてみてはいかがですか。

親指から順番に塗る

ベースコートが乾いたら、ネイルポリッシュを塗っていきます。最も面積が広い親指から順番に塗っていくのがおすすめ。爪の生え際から1mmほど離した箇所から爪先にかけて一気に塗っていきます。

筆を寝かせ、爪の中央部分から塗るのがポイント。中央部分が塗れたら、左右のサイドを順番に塗ります。他の爪も同じ要領で塗りましょう。

はみ出したら綿棒で修正

ネイルポリッシュを塗っているときにはみ出してしまったら、綿棒とリムーバーを用意します。リムーバーをしみこませた綿棒を使って、はみ出した部分を拭き取ってください。こすらずに優しく拭き取ることで、きれいな仕上がりになります。

トップコートで仕上げる

ネイルポリッシュを塗り終わり、しっかりと乾かしたらトップコートを塗りましょう。トップコートで表面を固めることで長期間きれいなフットネイルを維持することができます。

ツヤ感が出るので、ネイルポリッシュのみの場合よりも全体的な仕上がりが良くなるのも特徴。トップコートが乾いたらフットネイルの完成です。

気軽にフットネイルを楽しんでみよう

フットネイルは基本的な方法をおさえておけば、とても簡単です。やすりをかけたり、油分を拭き取るなどの事前の準備を忘れないようにしておきましょう。

ベースコート・ネイルポリッシュ・トップコートの順番で塗っていくのも重要なポイント。お気に入りのネイルポリッシュで魅力的なフットネイルを満喫してみてくださいね。