色にはパワーがあるって知ってた?《カラーセラピー》で元気になろう!

色にはそれぞれパワーがある

カラセラピーってご存知ですか?暮らしの中で目にする色にはそれぞれ固有のパワーがあって、その力で元気になろうとする心理療法です。

 

ボトルに入った色彩付きの液体を利用する本格的なセラピーもあるのですが、日常生活の中でできる簡単なやり方もあります。

 

それはそのとき自分に必要な色を、服装のコーディネートにとり入れたり、その色の花を買ってきて部屋に飾ったりすること。それぞれの色はパワーを持ち、体の不調を整え、神経の作用をすこやかにすることで美容にも効果をあらわしてくれます。

代表的な色を 4つ取り上げて、その効果をお話してみましょう。

赤は心身を活性化させてくれる

まず赤い色の効果から。赤色の作用は、心身を活性化させてくれることです。元気のないときに、パワーを与えてくれる色なのです。

たしかにルージュやスカーフなど、赤い色を身にまとった日は気分がちょっと上がるというか、バイタリティが出ますね。

それだけでなく赤は血液の循環もよくしてくれることから、肩こりや冷え性にも改善効果を持っています。

緑はストレスを癒やしてくれる

赤が自分をパワフルにしてくれる色だとしたら、緑は癒やしを与えてくれる色です。

 

森林浴では、樹木が発するフィトンチッドによってリラクゼーション効果があるといわれますね。あれはフィトンチッドだけでなく、森林の緑色からも癒やされているのです。

 

緑は心の乱れを沈静化させ、穏やかで安定した気持ちにさせてくれる色。自律神経のバランスも整えるので肌のターンオーバーを正常化し、美肌に導いてくれます。お肌をきれいにしたい人は週末には必ず公園に行くなど、緑に触れることを習慣にするといいですね。

紫は傷心から救ってくれる

大切な人を亡くしたり失恋してしまったなど、深い悲しみの中にいるとき、紫色はその傷ついた心を癒やしてくれる色です。

 

緑色はストレスなどを癒やしてくれる平和な色ですが、紫はもっとディープに、心の深層に分け入って悲しみを癒やしてくれます。

 

紫を暮らしにとり入れるには、紫陽花やあやめなど紫色の花を部屋に飾ってもいいですし、アメジストなど紫色のアクセサリーをするのも効果的、でも紫水晶などパワーストーンを使用すればもっと力を発揮してくれます。

ピンクは恋を応援してくれる

いまよりもっとモテたい、女性的な魅力をアップしたいという人に大事な色はピンクです。

 

ピンクは脳波に影響を及ぼし、女性ホルモンを分泌してくれる色です。たしかにピンク色を見たとき、私たち女性は甘い心地よさに包まれますね。ピンクにはまた、心身を若返らせる効果もあります。

 

画像のお菓子は昨年大流行した色、ミレニアル・ピンク。好きな人のことを考えながらこうしたピンクのお菓子をつまんだり、ファッションにとり入れるだけでも恋心が刺激され、あなたの魅力アップが期待できます。

多くの色彩から私たちは影響を受けている

つね日ごろ、沢山の色に取り囲まれて生活している私たち。でも、改めて色彩のことって意識しませんね。

 

だけど、色彩にはそれぞれ魔法のようなパワーがあり、私たちの心身に働きかけてくれます。それぞれの色の効果に詳しくなって、さらに毎日を彩り豊かにしたいものですね。