【保存版】赤持ちママ必見!地震から避難するときの《最小の持ち物》まとめ

日本は”地震大国”といわれるほど、毎年多くの地震が起こっています。最近では大阪地震、東北大震災などおきましたよね。阪神淡路大震災も記憶に新しいのではないでしょうか。

小さな赤ちゃんや幼児を抱えているママは、非難の際には普通の人以上の注意を払う必要があります。子どもの命を優先させて避難することが最重要事項ですが、もしその時、大人が自分しか居なかったら。片手で赤ちゃんを抱き、大きな避難バッグを引きずって冷静に家を出ることができるでしょうか。

この記事では、大きな避難グッズとは別に、《必要最低限の持ち物》に焦点をあててご紹介します。

肩にかけられる大きさの避難バッグを準備しておこう

避難グッズを常に準備しているご家庭は多いでしょう。中には数日分の水やタオル、水のいらない歯磨きや非常食など、避難先でもある程度快適に過ごせるような準備があるかもしれません。

しかし直下型地震の場合や、まさに今居る”ココ”が震源地であった場合、突然大きな揺れがくることがあります。その場合、抱っこの必要な赤ちゃんを抱えて・または恐怖で歩けずにいる幼児を抱えて、更に大荷物を持って家を出るのは困難です。グズグスしていると家が崩れる恐れもあるので、状況によっては一刻も早く外に出なければならないかもしれませんよね。

そのとき、”いつものお出かけバッグ”サイズのかばんに非常用の持ち物を入れておけば便利です。子どもを抱きながら持つことにも慣れているので、もたつきがありません。また、サイズが小さければ玄関脇に置いておいても邪魔になることもないでしょう。

すぐに避難しなければならない状況では、そのバッグだけを持ってすぐに逃げることができます。大きな非常用かばんは、後で落ち着いてから取りに戻る、という判断も大切です。

”ミニ避難バッグ”の中身

ミルク・哺乳瓶・空の魔法瓶

母乳育児の方でも、備えとしてミルクを用意しましょう。持ち運びに便利なキューブタイプがオススメです。また、普段使いしている哺乳瓶は常にバッグに入れておくことが出来ないため、別に持ち出し用の哺乳瓶をバッグに入れておくと良いでしょう。

避難先でお湯をもらえるよう計らってくれることが多いので、カラの魔法瓶を用意しておきます。非常時であれば、いずれかの店舗でウォーターサーバーから熱湯をいただけるかもしれません。

おむつ・おしりふき

旅行用・お試し用の少量の紙おむつと、布おむつを入れておきます。

紙おむつは便利ではありますが、いずれ尽きます。何度も使える布おむつも、5セットは準備しておきましょう。かばんの容量を考えれて「おしりふき」は1パックにしておき、尽きれば布おむつでおしりを拭くことができます。

ガーゼハンカチ・ポケットティッシュ

あると便利なこの2つは、かさ張らない程度の量を準備します。「無いと絶対に困る!」というわけではないアイテムですが、いろいろ使えます。

赤ちゃんは握り締めておける”布”が大好き。環境が変わり不安を覚えているとき、慣れたガーゼハンカチがあると、握ったり口に入れたりすることで安心感を得ることが出来ます。

薄いタオルケット

赤ちゃんを眠らせるときや不安を感じているとき、キツめに包んであげることで安心感を与えることが出来ます。万一怪我をしたときに縛ることにも利用できます。「持ってきて良かった」と思えるアイテムです。

離乳食

離乳食の始まっている赤ちゃんなら、薬局などで売っている離乳食もストックしておきましょう。2~3日分ほどでも、あると安心感が違います。ほとんどの商品は「あたためなくてもおいしい!」と謳っているので、電気が使えなくても食べさせることができます。

”とりあえず”あると便利な赤ちゃんグッズをすぐに持ち出せる場所に

これまでご紹介してきたモノだけでは、とても不安だと感じるでしょう。しかし災害とはいつ何時、どんなレベルのものが起こるかわかりません。充分な中身の入った避難バッグのほかに、「何も持たずに出るよりはマシ」という程度のミニ防災バッグを準備しておくことで、当面の赤ちゃんのお世話の役に立ちます。玄関先に常に準備しておきましょう。