DHAサプリは健康維持に効果絶大!サプリの選び方

DHA(ドコサヘキサエン酸)は不飽和脂肪酸のひとつであり、青魚などの魚油から精製されます。DHAはもともと人間の体内にある物質ですが、加齢とともに不足しがちです。健康のために大切な役割を果たす成分なので、食事などから摂取する必要があります。サプリメントであれば、手軽に栄養素を取ることができるでしょう。動脈硬化を予防したり、中性脂肪を下げるのに役立ちます。DHAサプリが身体に与えるさまざまな効果についてご説明します。購入する際の参考にされてください。

DHAとは

魚油に多く含まれている

魚油には、DHAが多く含まれています。魚の種類で言えば、マグロ・カツオ・ブリなどの魚油が代表的です。ほかにEPA(エイコサペンタエン酸)も含まれており、DHAとともに働くことで効果を発揮します。脂がたっぷりのった旬の青魚に多く含まれていると言われています。さらに、サケの卵のイクラ、スケトウダラの卵巣を塩漬けにしたタラコ、ニシンの卵巣を乾燥させたカズノコなどにも含まれています。

必須脂肪酸が含まれている

必須脂肪酸もまた、DHAの中に含まれている成分です。必須脂肪酸は、人間の体内で作ることのできない成分です。リノール酸・リノレン酸・アラキドン酸などを指します。これらの成分は魚以外に、エゴマ油やベニバナ油などの油製品から摂取できます。必須脂肪酸が欠乏すると、脱毛や皮膚の乾燥などが起きます。成長期にある子供であれば、成長障害などが心配されるようです。

健康効果が高いとして注目されている

DHAにはコレステロール値を下げたり、中性脂肪を低下させる働きが見られます。血液の中にたまる余分なコレステロールを取り除き、血管を柔軟な状態に保ちます。DHAを摂取することで、学習能力の向上にもなると言われています。健康効果が高い栄養素として注目されているDHAですが、魚嫌いな人だと食事だけから取るのは難しいかもしれません。現代は、手軽にサプリメントで栄養素のみ補給することが可能となっています。

DHAの効果

コレステロールの低下


一般的に、コレステロールの数値が高いと血管が詰まりやすくなり、動脈硬化や脳梗塞などにかかるリスクが高くなると言われています。コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがありますが、体内に善玉コレステロールを増やすことが大切です。DHAには、血管の詰まりや身体の酸化を防ぐ作用があります。体内に悪玉コレステロールが増えたとしても、DHAが血液をサラサラにすれば、血管の詰まりを起こりにくくすることができそうです。

中性脂肪の低下

中性脂肪を減らすためには、運動によって脂肪を燃焼させなければなりません。DHAには、中性脂肪が効果的に燃焼することを助ける働きがあります。悪玉コレステロールの数値が高くなると、中性脂肪の数値も高くなる傾向があります。中性脂肪の数値を下げるためには、体内に善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールの数値を下げなければなりません。DHAには、善玉コレステロールを増やす働きがありますから、体内の善玉コレステロールが減ることで中性脂肪の数値を下げることができるでしょう。

動脈硬化の予防

体内に悪玉コレステロールが増えると、血液に詰まりが生じやすくなります。動脈硬化や脳梗塞などが起こりやすくなるでしょう。動脈硬化を予防するには、体内から悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす必要があります。善玉コレステロールは、悪玉コレステロールを回収して肝臓へと運びます。善玉コレステロールが増えれば自然に、悪玉コレステロールが減ることになります。DHAには、善玉コレステロールを増やす働きがありますから、動脈硬化の予防にも効果的です。善玉コレステロールで血液をサラサラにすることによって、悪玉コレステロールによる血液の詰まりを防ぐことができるでしょう。

学習能力の向上


DHAには、記憶力や学習能力を上げる働きがあるとされており、受験勉強の効率を上げるためのサプリメントなどに配合されています。なぜ記憶力や学習能力に関係があるかと言うと、DHAは脳の中に多く含まれている成分だからです。脳の中で、記憶や学習に関連しているのは、海馬と呼ばれる部分です。脳の神経細胞によって海馬に働きかけることにより刺激を与え、学習能力などの向上につながるということでしょう。最近、記憶力の衰えを感じてきている人は、積極的にDHAを摂取してみると良さそうです。

アルツハイマー病の抑制

マグロやカツオなどの魚油に含まれるDHAが、認知機能の低下をおさえるとして話題になっています。アルツハイマー病は、記憶力や思考力が低下する病気です。初期の症状として出るのが、軽度の認知障害です。少し前の出来事が思い出せない程度であり、日常生活に支障をきたすようなことはありません。しかし、症状はしだいに重くなっていき、思い出せない範囲が多くなっていきます。早い段階なら予防が可能なようですから、栄養面でDHAを摂取すると良さそうです。

抗アレルギー作用

DHAの働きのひとつに、抗アレルギー作用があります。食物アレルギーや花粉症などのアレルギー症状は、体内に入ったアレルゲンを排除しようとすることで起こります。DHAには免疫を調整する作用があることから、アレルギーをおさえる効果があると言われます。アレルギー症状に悩んでいる人は、マグロやカツオなどの背の青い魚を食べるのがいいように思いますけど、定期的に魚を食べるのが無理な場合は、サプリメントで補給するという方法がありそうです。

DHAサプリの選び方

 

 

配合量を見る

DHAサプリを購入する際に、パッケージなどに記載されている配合量を見てください。DHA以外にさまざまな栄養素が配合されている場合があり、配合されている内容によって価格が異なります。配合量の多い順に書き込まれていますから、一番最初に書かれているものの成分が最も多く含まれていることになります。DHAの配合量が多く、余計な成分が含まれていないものを購入すると良いでしょう。

酸化しにくい加工がされているか

DHAには、酸化しやすいという特徴があります。酸化が進むと、味や風味が悪くなるだけでなく、品質に影響が出る場合があるでしょう。品質を保つためには、酸化しにくい加工がされていることが大切です。酸化防止剤が含まれているサプリメントが販売されています。開封後から酸化がはじまりますから、保存する場所に気をつけてください。開封後は、風通しの良い冷暗所に保存しましょう。

続けやすい価格か

DHAサプリの値段が高すぎると、途中で飲み続けることができないおそれがあります。それを考えれば、定期的に購入しやすい値段のものを選んだほうがいいかもしれません。DHAサプリは、薬のように何日飲み続ければ症状が止まるという性質のものではありません。健康食品ですから、毎日飲み続けることによってしだいに効果が出てきます。購入しやすい価格で販売されている商品を選びましょう。

販売元は安心できる会社か

DHAサプリの販売元ですが、ホームページにサプリメントの説明が書かれています。有名な会社が販売している商品もありますが、無名の会社が出している商品もあるようです。丁寧に説明が書かれているところを、お選びになったほうが良いでしょう。DHAサプリを購入する場合は、販売元が安心できる会社かどうかをご確認ください。

まとめ


DHAには、なんとなく健康に良さそうとのイメージがあるものの、毎日魚を食べたり、高価な食品を購入するのが難しい場合があります。サプリメントであれば、手軽にDHAの効果を実感することができるのではないでしょうか。DHAサプリは複数の会社が販売しているため、会社によって価格や加工方法などに違いが見られるようです。DHAサプリはいろんな会社が販売していますから、複数の会社を比較した上で購入されることをおすすめします。