テニスはどのくらいカロリー消費を出来る?テニスダイエット紹介

テニスは激しい運動であるためダイエットに適していると言われています。錦織圭選手の活躍も相まって多くの方がテニスにチャレンジし始めております。そこでこちらのページでは、テニスでダイエットをしたいという方に、テニスの消費カロリーがどれくらいかという情報、またはテニスの消費カロリーを更に高めるために重要なポイントなどの情報をご紹介します。これからテニスでダイエットをする際にかなり効率良く体重を落とす方法をご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

テニスの消費カロリーはどのくらい?

テニスでダイエットにチャレンジしようと思っている方が最も知りたい情報というのは、やはりテニスの消費カロリーだと思います。消費カロリーが大きければ、それだけ短期間でダイエットをする事ができます。他のスポーツと比べてどのくらい消費カロリーが多いのかを知っておく事によって、より積極的にテニスでダイエットをする事が出来るようになります。こちらでは、これからテニスダイエットにチャレンジするという方のために、テニスでどのくらいカロリーを消費できるのかをご紹介します。

女性は30分で約160キロカロリー程消費

カロリーの消費量は男性と女性によっても大きく異なりますので、最初にダイエットをする場合には、時分の性別に対応する消費カロリーの量をチェックする事が重要になります。52キロの女性がテニスを30分した時の消費カロリーは164キロカロリーになります。体重によっても消費カロリーは変わってきます。

あくまで暫定的とはなりますが、体重が1kg増えると1時間あたりの消費カロリーは6キロカロリー増えるといわれておりますので、体重が60キロの方の場合には、30分テニスをした時の消費カロリーは、188キロカロリーになります。当然ながら52キロよりも体重が軽いかたの場合には、消費カロリーは164キロカロリーよりも低くなりますので注意してください。

男性は30分で約200キロカロリー程消費

65キロの男性の方がテニスを30分行った場合の消費カロリーは、205キロカロリーとなっております。これは、女性の164キロカロリーよりも大きくなっておりますが、元々の体重の差が8キロあるのに加え、男性の方が女性よりもカロリーの消費量が大きいという事が原因となっております。

ちなみに男性の方も女性の方もテニスをプレイしている時間を増やせば増やすほど消費するカロリーは多くなっていきます。65キロの男性の場合、30分で205キロカロリーを消費していた場合が、40分ですと273キロカロリー、50分ですと341キロカロリー、一時間ですと410キロカロリーとかなり大きな差が現れます。毎日少しずつ運動するというのも重要ですが、より効果的にテニスでダイエットをしようと思ったら、なるべく多くの時間を使ってテニスに没頭するのがおすすめになります。

ダブルスだと109~137キロカロリー

テニスの場合、シングルスとダブルスとでは消費するカロリーが大きく異なります。ダブルスの場合には、シングルスよりも消費カロリーは少なくなってしまい、109キロカロリーから137キロカロリーが消費する事ができるカロリーの総量になります。これは、シングルスとダブルスの運動量の差が大きく関係していることが原因となっております。

シングルスとダブルスとではコートで守る動く範囲がことなります。シングルスよりも外側のラインまでコートを使うのですが、前衛と後衛という言葉があるように、自軍のコートを半分に分けて守るようになります。動く範囲は単純に半分とまでは言いませんが、シングルスの時よりもかなり制限される事になります。そのため、消費されるカロリーは低くなってしまいがちになります。もちろん対戦相手によってもプレイスタイルによっても消費されるカロリーは変わってきますので、あくまでもシングルスとダブルスを比較した時に、一般的な方の場合には、ダブルスの方が消費カロリーが低くなりがちということなのです。

テニスで消費カロリーをアップするポイント

消費カロリーの高いスポーツとして人気のあるテニスを使ってダイエットをする時には、より短時間で効率的にダイエットをするためにどうしたら消費するカロリーを増やす事ができるのかを知っておく必要があります。特にお忙しい方の場合には、短時間で効率良くダイエットをする必要がありますので、消費カロリーをアップするポイントはしっかりと熟知しておく必要がありますので、しっかりと目を通してください。

ダブルスよりはシングルのほうが消費カロリーが大きい

テニスダイエットをしようと思ったら、必ずダブルスよりはシングルスを選ぶようにしましょう。人気のあるテニスコートの場合には、人数の関係などでシングルスが選べない場合などがありますが、選べる場合には必ずシングルスを選ぶようにしてください。

もしダブルスになってしまった場合には、立ち止まることなく、軽くステップをしながら常に身体を縦に揺らすようなスタイルで行うと消費カロリーをアップする事ができる上に、前後左右のゆさぶりにも効果的に対応する事ができますのでおすすめです。

練習よりは試合

テニスでダイエットをするような場合には、練習よりも試合の方が消費カロリーをアップさせる事ができます。もちろんテニスを上達する上で練習は絶対的に必要になってくるのですが、ダイエット目的の場合には、試合形式の方が短時間でカロリーを大量に消費する事ができます。

ただし注意して頂きたいのが、全くの素人の場合には、試合形式の方がカロリーが少なくなる可能性もあります。テニスの試合は、ある程度のテクニックが無いと一方的に相手の方に蹂躙されてしまいます。サーブが取れない、ラリーができないような状態で試合をしても、消費する事ができるカロリーは非常に少なくなってしまいますので自分のテクニックと相手のテクニックを考慮して選ぶようにしましょう。

とにかくコート全面を動く

テニスで消費カロリーをアップさせる最も簡単な方法は、とにかくコートを広く使うという事です。コートの移動距離の多さは、そのままカロリーの消費量に比例します。なるべく沢山動けば動くほど消費カロリーは増えて行くのです。

普段はバックハンドで対応しているような球でも回り込んでフォアハンドにするように注意するだけでも、かなり走る距離が伸びますので消費カロリーをアップする事につながります。また、届かないと思って最初からあきらめてしまうようなボールであっても、しっかりと最後まで追う事によって、カロリーの消費をアップさせる事ができますし、テニスも上達していきます。

体全身を使って打つ

テニスの初心者の場合には、どうしても手打ちといって手しか使わないでボールを打ってしまいます。しかし、テニスが上手な方というのは、しっかりと全身を使ってボールを打ちます。腕の力はもちろんの事、背筋や腹筋、太もも、ふくらはぎなど色々な部分を使ってボールに勢いを与えております。勢いのあるボールもしっかりと打ち返す事ができますので練習でしっかりとものにしてください。

まとめ

テニスは非常に奥の深いスポーツになります。そのため、様々なレベルに合わせてしっかりと楽しむ事ができます。最近では健康目的やダイエット目的で多くの方がチャレンジし始めておりますので、短期間で効率的にダイエットをしたいという方は、テニスはかなりおすすめのダイエット法だと言えます。