断食のやり方は?速攻ダイエット効果を得られる断食のコツ

簡単に気軽にダイエットする事ができる方法として注目されているのが断食です。最近の断食ではプチ断食のように断食している時間がかなり短めになっているような事もありますので、ストレスなく断食にチャレンジする事ができます。

断食をする事によってダイエット効果の他にも、デトックス効果なども期待できますので、美しくなりたい女性の方にとっては魅力的なダイエット方法になります。こちらのページでは、断食の正しいやり方に加え、断食ダイエットでなるべく早くダイエット効果を実感する事ができるようなポイントについてのアドバイスをご紹介します。

一日断食のやり方は?

こちらのページでは、多くの方がチャレンジし、成功している一日断食のやり方について最初にご紹介します。一日断食を正しい方法で出来るようになれば、もっと長いスパンの断食にも挑戦できるようになります。一日断食は、最もスタンダードな断食になりますので、まずは一日断食の内容を確認していきましょう。

準備食を用意

一日断食にチャレンジする場合には、準備食というものが重要になってきます。準備食というのは、これから断食をするにあたって、胃の中を断食できるような状態に整える食事メニューのことになり、準備食のチョイスや出来によって断食中の辛さや体調が大きく変ってきます。

準備食は二日程度の期間に食べる食事です。断食する二日前からは、コンビニ弁当やお肉、魚、炭水化物などを摂取しないようにして、胃を休ませるようにしてください。

24時間断食本番スタート

準備食でお腹を整えたらいよいよ24時間断食の本番がスタートします。24時間断食は最後に準備食を食べてから24時間断食します。断食中に口にする事ができるのはカロリーのない水分やカフェインの入っていない水分だけになります。大量に飲んでしまうと身体を冷やしてしまいますので、飲みすぎに注意してください。

回復食で徐々に戻す

24時間の断食が終ってもいきなり普通の食事をする事はできません。胃はとってもフラットな状態ですので、驚かせないように回復食を食べるようにします。回復食は、基本的に準備食と同様の胃に負担をかけないメニューになります。特に添加物や淡水化物、お肉やお魚などを避けてください。

出来るだけゆっくりと過ごす

24時間断食を成功させるポイントとしては、とにかくゆっくりと過ごすという事です。読書をしてもよいですし、軽くストレッチなどをするのもおすすめです。絶対に激しい運動などはしないようにしましょう。

一日断食の効果

一日断食は人間にとってもとてもメリットの大きなダイエット方法になります。一日断食を行う事で色々な効果を得る事ができます。今回は最も大きな恩恵を2つご紹介します。

ダイエット効果がある

一日断食の最大のメリットは、やはりダイエット効果だと言えます。毎週末など定期的に一日ダイエットを行うと、三日間の断食をしたのと同じ効果が期待できます。複数日の断食はかなり難易度が高くなっておりますが、週末だけなど気軽にチャレンジする事ができる一日断食は、大きなダイエット効果をもたらしてくれます。

美肌効果がある

一日断食には、デトックス効果がありますので、美肌効果も期待できます。お肌にできる吹き出物などの原因のひとつに便秘がありますが、一日断食を行う事により、腸の働きそ促進させますので便秘が解消されやすくなりますので、美肌になる事ができます。

また、一日断食には、新陳代謝を促進させる効果も期待できますので、くすみがちなお肌も綺麗にしてもらう事ができます。

一日断食のやり方ポイント

一日断食を成功させる方と失敗に終わってしまう方が当然いるのですが、失敗してしまう方は、単に我慢が足りないという事ではなく、成功させるためのポイントが理解できていないという事があります。そこでこちらでは、一日断食の成功確率をあげる事ができるポイントについてご紹介します。

休みの日など、動かずに済むときにやる

一日断食を成功させるポイントは、とにかくゆっくりする事が出来る日にチャレンジするという事です。基本的には週末などに行うのが成功率が高くなっております。平日のお仕事が忙しい時に一日断食をしてしまうと、貧血になってしまうようなリスクがあります。自宅でのんびり過ごす時間を24時間確保する時にチャレンジするようにしましょう。

回復食が重要

一日断食を成功させるためには回復食がとても重要になります。一日断食を終えたばかりの胃は非常にフラットな状況になっており、人間でいう所の寝起きのような状態です。そこにいきなり固形物であったり炭水化物など大量に流し込んでしまうとパニックになってしまい、胃や腸に過度の負担をかける事になってしまいます。

一日断食を終えた後は、やわらかめのおかゆなど消化が良く、お腹に負担をかけないような回復食を用意するようにしてください。

水分はゼロカロリーでカフェインを含まない物のみ

一日断食中のルールとして覚えておいてもらいたいのが、お菓子がご飯が食べられないのは当然ですが、飲み物もカロリーが無い物やカフェインが含まれていない物を選ぶようにしてください。

そのため、コーヒーや紅茶などはカフェインが入っておりますので飲む事ができません。基本的には白湯などを飲んで胃に負担をかけないようにするというのが重要なポイントになります。

水分の摂りすぎに注意


一日断食中は、普段と同じ程度の水分の補給までにとどめる事が重要になります。お腹が空いているからといって水分を大量に飲んでしまうというのは、体を極端に冷やしてしまうことにも繋がりますので絶対に避けるべきです。また、水分は一度に大量に飲むのではなく、何回かに分けて飲むようにしましょう。

中期断食のやり方

一日断食をクリアしたら、次は徐々に本格的な断食にチャレンジしてみましょう。一日断食よりも難易度は高いですが、断食の効果は断食をしている期間と比例しますので、かなり大きな成果が期待できます。こちらでは、中期断食のやり方についてアドバイスをして行きます。

準備期間を1~2日ほどとる

中期断食にチャレンジするような場合にも、一日断食と同じかそれ以上にしっかりと体を断食に向けて作る事が重要になります。特に準備期間はとても重要で、1日から2日程度は準備食を食べるようにして胃のコンディションを整えるようにしましょう。

普段から和食や野菜中心の食生活でしたら2日程度で十分ですが、普段はジャンクフードやコンビニ弁当、ラーメン、ファーストフード系が多い方は、2日では胃や腸のコンディションが整わない可能性がありますので、1週間から10日程度の準備期間を用意してください。

断食は5日~1週間程度目安

中期断食は、基本的に5日から1週間程度が目安となります。中期断食中は、しっかりと体調を整える必要があります。中には低血糖のような状態になってしまう方もいますので、必ず5日以上しなければいけないという事ではありません。特に最初の頃は勝手がわかりにくいという事がありますので、慎重に断食する日数を調整するようにしてください。

規則正しい生活を送る

中期断食中は、とにかく規則正しい生活を心がけてください。スマートフォンを夜中まで使っている事無く、出来るなら22時には寝て、翌朝早く起きるような朝方の生活を心がけてください。とにかく毎日同じ時間に睡眠を取るように意識する事によって、体が徐々に順応していきますので楽になります。

復食期間が重要

中期断食の場合には、一日断食よりも復食期間が重要になります。中期断食のように数日かけて断食したお腹の中は非常にすっきりとなっております。胃が完全に休んでいる状態になっておりますので、食事も柔らかい物から徐々に固形物に移行する必要があります。もしお腹が空いているからといって油の多いとんこつラーメンの大盛りなどを頼んでしまうと、胃がビックリしてしまい胃痛がでてしまたったり、体調を崩して病院へ運ばれるケースもありますので注意してください。

まとめ

断食は、体内環境を整えたり、新陳代謝をアップしたりなどダイエット効果以外にも美しくなるためのメリットが沢山あります。しかし、正しい方法で行わなければリバウンドしてしまったり、体調を崩してしまう事にも繋がりますので注意してください。