3日間プチ断食のやり方とポイント!ダイエット効果は?

土日などを利用して気軽にチャレンジする事が出来るのが3日間のプチ断食です。一般的な断食と比べて週末に完了しますので、非常に取り組みやすくなっています。一日断食よりも難易度自体は上にはなりますが、慣れてしまえば、そこまで大きなストレスなく成功させる事ができます。

こちらのページでは、3日間のプチ断食を成功させるために押さえておいて欲しいポイントや多くの女性が気になる3日間のプチ断食のダイエット効果についての情報をご紹介します。1日断食よりも気を付けなければいけない事が沢山ありますので、チャレンジする前にしっかりと目を通してください。

3日間プチ断食をするメリット


これから3日間のプチ断食に初めてチャレンジする方のために、3日間プチ断食をするメリットをご紹介します。断食というのは辛さの波が存在します。初めて3日間プチ断食にチャレンジするような場合には、波の強弱によってストレスを感じやすくなっています。

しかし、3日間プチ断食をするメリットを事前に知っておく事によって、モチベーションを高く保つことができ、成功する確率があります。

宿便が出て腸内環境改善

3日間プチ断食をするメリットとして最も大きいのが宿便が出て腸内環境を改善させる事ができるという事です。宿便があると体内に毒素が蔓延してしまい、腹痛でしたり体調を壊してしまいがちですが、3日間プチ断食をする事によって、この宿便が驚くほどしっかりと排泄する事ができます。

宿便は、便秘になりがちな方に多い症状で、腸の壁に便がつまってしまう状態です。古い便からは、それだけ沢山の毒素が生成されているので注意しましょう。

速効性があるダイエット効果

3日間プチ断食をするメリットとして人気なのが、ダイエット効果が直ぐに出やすいという事です。

食事を食べないのだからその分のカロリーの消費がありませんので直ぐに体重を落とす事ができます。断食をすると摂取カロリーがゼロになりますので、基礎代謝の分だけ体重を落とす事ができるのです。

新陳代謝アップで痩せやすい体に

3日間プチ断食をすると新陳代謝をアップする事ができます。3日間プチ断食している時には、固形物やカロリーの入っておるものが胃に入って来ませんので、しっかりと胃や腸を休ませる事ができます。

そのため、内臓が正常な活動を活発に行います。血流なども良くなりますので、新陳代謝もアップして痩せやすい体を手に入れる事が出来るようになるのです。

美肌効果ゲット

3日間プチ断食をすると美肌を手に入れる事ができます。断食にチャレンジしている方の大半がダイエット効果を期待しているとは思いますが、胃や腸をしっかりと休める事ができますので、吹き出物などが生成されるのを防いでくれます。

また、宿便などを排泄する事ができるようになると、宿便によって作られていた毒素も無くなりますので、お肌のストレスを軽減する事ができます。そのため美肌になる事が出来るようになるのです。

3日間のプチ断食のやり方は?

3日間のプチ断食を成功させるためには、1日断食と比べてしっかりと正しい3日間のプチ断食のやり方をマスターしている必要があります。断食をしている期間が長くなればなるほど、どうしても成功率が落ちていきます。

これは努力や根性などでカバーできるものではなく、正確に適した方法で3日間のプチ断食にチャレンジしているかどうかだけなのです。こちらでは、3日間のプチ断食を成功させるために必要な正しいやり方についてご紹介します。

1日目の夜ごはんは少し控えめにする

3日間のプチ断食では、3日間すべて断食するわけではありません。完全に断食するのは1日だけです。最も重要な3日間のプチ断食の1日目の夜ごはんは少し控えめにするようにします。

朝ごはんと昼ご飯は、本当に軽めにし、夜は野菜ジュースなどにして胃の調子を整えるようにしましょう。朝ごはんや昼ご飯も出来れば油や消化に悪い物などは食べないようにしてください。

2日目は野菜ジュースなどで持ちこたえる


3日間のプチ断食の2日目は、本格的な断食になります。一般的な断食ですとゼロカロリーの物しか口にできませんが、プチ断食の場合には、その辺りも若干ゆるめのルールになっています。

3日間のプチ断食の2日目におすすめなのが野菜ジュースです。市販されている野菜ジュースは糖分が多い物などがありますので、そういった野菜ジュースは選ばないように注意してください。

砂糖や塩分は一切不使用!1本に100の野菜が凝縮、飲み口スッキリなおすすめ野菜ジュースはこちら!

サンスター 緑でサラナ

今までに2億本以上も売り上げている、サンスター社の研究力が詰まった野菜ジュース!野菜由来の天然アミノ酸「SMCS」を含んでいる特定保健用食品としては日本で唯一の製品なんです。この「SMCS」でしっかり血中コレステロール濃度を下げ、また1缶で野菜はなんと100g以上!不足しがちな野菜をしっかり補給できるのも嬉しいですね。また、気になる砂糖や食塩、保存料などの添加物は一切不使用!それでも青臭さは全くなく、スッキリながら野菜のうま味を感じることができます。

ぜひ”緑でサラナ”を飲んで、ダイエット中に不足しがちな野菜をしっかりと補給して、健康的なダイエットを目指していきましょう!

 

2日目はご飯は摂取しない

3日間のプチ断食の2日目は、もっとも断食が辛い時期になりますので脱落者が多い時間帯となります。そのため、どうしても固形物を食べたくなってしまうと思いますが、じっと耐えてお水などを飲んで空腹を紛らわしてください。

3日目は消化に良いものを食べる

3日目は回復食といってお腹に負担の少ない物を食べるようにします。いきなりお肉などの固形物は、どうしても胃や腸に負担をかけてしまいますので注意が必要になります。

最初は三分粥のようなとにかく胃や腸に負担をかけない、消化の良いメニューを回復食として用意しましょう。胃や腸が徐々に戻ってきたと思ったら五分粥、七分粥、全粥を徐々に固さを増やしていくのがポイントです。

3日間のプチ断食を行うコツ

anorexia concept – woman looks at her fat reflection in mirror

3日間のプチ断食を成功させるために重要なポイントをご紹介します。しっかりと3日間のプチ断食を行うポイントを理解し、実践する事が出来れば、よりストレスが少ない状態で断食を行う事ができます。人によって色々なコツを実践しているとは思いますが、こちらでは一般的に多い3日間のプチ断食を行うコツについてご紹介します。

筋力が落ちないように緩めの運動を

3日間の断食では、食事をとらないのでどうしても筋力が落ちやすくなっています。そのため、3日間のプチ断食を行うコツとしては、筋力が落ちないように緩めの運動を行うようにするのが有効です。

腕立て伏せや腹筋、ランニングなど激しい物ではなく、お散歩であったりヨガ、ストレッチなど負担が少ない運動をするのがおすすめです。あくまで筋力が落ちないようにする事が重要ですので、本気で筋トレをしないように注意してください。

激しい運動などは避ける

3日間のプチ断食の時には激しい運動を避けないと貧血を起こしてしまったり、気分が悪くなってしまう可能性があります。特にランニングなどを日課にしている方であったり、出勤時に駅まで自転車で行く時などに大きな坂があるような場合には、要注意です。できれば、移動しなくても大丈夫な週末に行うようにしましょう。

規則正しい生活を送る

3日間のプチ断食の時には、とにかく規則正しい生活を送るという事がとても重要になります。特に睡眠時間はかなり重要になってきます。早寝早起きは大前提となっていますが、できれば22時にはしっかりと熟睡できるような環境を整えておくというのはとても重要なポイントになります。

眠る直前までパソコンやスマートフォンなどを見ていると自律神経が乱れてしまって熟睡しにくくなりますので眠る前はあまりスマートフォンなどを使わないようにしましょう。

空腹を感じたら水を噛む


3日間のプチ断食中は、とにかくお腹が空いてしまいがちです。特に1日目に準備食をしっかりと意識出来なかった方などは、とにかくお腹が空いてしまって辛い思いをしてしまいがちです。

そんな時にはお水を噛むように飲む事によって、空腹を紛らわせる事ができます。少量ずつゆっくりとかみしめながら飲むようにしてください。

まとめ

3日間のプチ断食は、本気で断食する日が1日だけですのでかなり成功しやすいと言えます。連休があれば気軽にチャレンジすることができますので、毎週末にチャレンジされている方もいます。最初は難しいかも知れませんが、今回ご紹介したポイントをおさえておけば、自然と無理なく3日間プチ断食を成功させる事ができます。

規則正しい生活とこまめに少量ずつ摂取する水分補給が成功のポイントとなります。