ダイエット

1日限定断食のやり方。断食の効果や成功させるポイントとは

ひと昔前までは、かなり難易度が高いダイエット方法であった断食ですが、より簡単に、気軽に行う事ができる一日限定断食などが登場したおかげで、全国で断食にチャレンジする方が増えてきています。そういった情報の中には明らかに間違っていたり、危険な情報なども混じり込んでいますので自己判断が必要になります。

しかし、これまで断食をチャレンジした事がないという方にとっては、どれが正しい情報で、どれが正しくない情報かわからない部分もあると思います。そこでこちらでは、1日限定断食を成功させる正しいやり方に加えて、そもそも1日限定断食にはどのような効果があるのかや、1日断食を成功させるために必要なポイントについての情報をご紹介します。これから本気で断食にチャレンジしようと思っている方の有益になる情報ばかりを集めていますので、チェックしてみてください。

1日断食の効果はどのくらい?

ダイエット
これから1日断食にチャレンジする方にとって最も興味があるにが、1日断食をした時に得られる効果だと思います。事前にしっかりと断食の効果を理解しておけば、辛い断食中でもモチベーションを保つことができますので、より成功率をアップさせる事ができます。1日断食には色々な効果が期待できますが、今回はその効果の中でも特にメリットが多い物を集めましたのでご紹介します。

1日で2~3キロ落ちる人も居る

1日断食の最も期待されているメリットは、やはりダイエット効果です。人間は、何もしなくてもカロリーが消費しています。この何もしなくてもカロリーが消費される量というのが基礎代謝なのですが、基礎代謝の量が大きければ大きい程、ダイエット効果が高まります。

カロリーのあるものを口にしませんので摂取カロリーはゼロになります。人間には、何もしていない状態でもすぐに体を動かす事ができるように体を暖気している状態です。そのため、基礎代謝がそのままカロリーを消費してくれますので、元々体重が重い方であったり、男性の方ですとかなりしっかりと明確な差が現れます。中には1日限定断食だったとしても、2キロから3キロもダイエット出来てしまう事も珍しくありません。

くびれやお腹回りのお肉が減る

1日限定断食であっても、体内に増え続けてしまう体脂肪を燃やす効果があります。普段は食事から生きるために必要な熱を生成しているのですが、食事が貰えないような状態になってしまった場合、代わりの燃料を用意します。

その燃料がお腹周りに溜まりやすい体脂肪を燃やしてくれるのです。そのため、続けることによって、くびれやお腹回りのお肉を減らしてほっそりとしたボディを手に入れる事ができるのです。

胃腸の重さなどから開放される

意外に知られていない1日限定ダイエットの効果でぜひご紹介したいのが、胃腸の重さなどから開放されるという事です。食事を定期的に行っている人間にとって、胃や腸は常に動き続けていることになります。時には消化しにくいお肉などが胃の中に留まってしまい重くなってしまっていることもあると思いますが、1日限定断食では、胃や腸の中には何もありませんので、非常に軽く感じます。

特に便秘がちな方の場合には、1日限定断食のおかげて宿便を排泄する事ができるようにもなりますので、かなりすっきりとした胃腸を手に入れる事ができます。

脳内がスッキリとする

人間は食べた物を消化している時には、そちらにエネルギーを重点的に使うようになります。昼食後に仕事をしていると、どうしても眠くなってしまう事があるのはこういった事が原因なのですが、常に色々な物を食べ続けているような場合には、頭にモヤがかかってしまったような状態になります。

しかし、1日限定ダイエットをするような場合には、胃や腸の中には何も入っておりませんので、しっかりとエネルギーを色々な所に使えます。そのため、頭が非常にすっきりとクリアな状態になるのです。

1日断食で高い効果を得るためのポイント

1日限定断食は、中期から長期的な断食と比べて成功する確率は高くなっていますし、失敗のリスクも少なくなってはいますが、それでも100パーセント成功すると断言できるような簡単なダイエットではありません。こちらでは、より高い確率で1日限定ダイエットを成功させるために、押さえておいて欲しいポイトをご紹介します。

準備食と回復食を大切に

1日限定ダイエットであってもしっかりと準備食と回復食を大切にする事は重要になります。準備食は本格的な断食に入る前に、胃や腸に負担をかけないメニューだけを摂取することによって、断食に入った時に胃や腸にストレスをかけないようにする事ができます。この準備食を無視してしまい、明日から断食だから最後の晩餐としてステーキやトンコツラーメン、スナック菓子などをたっぷりと食べてしまおうなどと考えていると、翌日の1日限定断食で体調を悪くしてしまう可能性が高くなってしまいます。

また、同様に回復食といって、断食が終った直後から食べる食事にも注意が必要になります。断食が終った後の胃や腸は、何も固形物が入っていなかった状態ですので、しっかりと休んでいる状態です。この状態からいきなり普通の食事を食べてしまうと、胃や腸がビックリしてしまって、胃痛が出てしまったり、気分を悪くして戻してしまうような事が考えられます。そのため、回復食は三分粥などとにかく消化に優しい物を選ぶようにしてください。

水分はしっかりと摂取

1日限定断食にチャレンジしている時には、とにかく水分補給をしっかりと行うようにしてください。断食以外の時には食事などからも水分を摂取していますので、断食する際には、いつも以上にしっかりと水分補給をするようにします。1日限定断食の場合には、リスクはそれほど高くありませんが、脱水症状を起こしてしまうリスクもありますので注意しましょう。

激しい動きは極力控える

1日断食の時には激しい運動や激しい動きは控えるようにしましょう。階段を駆け上ったり、座っている状態から急に立ち上がったりなど急な動作は、貧血などの症状を起こしやすくなります。

また、必要以上にお腹を空かせてしまう事にも繋がりますので、断食の辛さが増してしまいます。断食中は、普段の何気ない動きも負荷がかかっている事が実感できると思いますので、とにかく体をいたわるような動きを心がけてください。

定期的に行うと良い

1日限定断食は、定期的に行う事によって、より断食の効果をアップする事ができます。毎週末に1日限定断食を行い、月に4回の1日限定断食ができると、3日断食をしたのと同じ効果が期待できます。また、断食を定期的に行う事によって、便秘に悩まされているかたも宿便が溜まりにくくなりますので、お肌の調子なども改善する事ができます。

効果の出る1日断食のやり方

せっかく1日限定断食に挑戦するのですから、どうせならしっかりと断食の効果を得たいと思うのは自然な考え方だと言えます。しかし、色々な断食の考え方がSNSなどで蔓延してしまっているために、誤った考え方を持っている方も少なくありません。こちらでは、しっかりと1日限定断食の恩恵を受ける事ができるポイントをご紹介します。

まずは準備食から

1日限定断食をするためには、とにかく前日と前々日に食べる準備食がとても重要になります。基本的には準備食は1日限定断食を行う二日前から行うようになっているのですが、普段からジャンクフードなどを食べる機会が多かったり、食事のタイミングが深夜になってしまう事が多い場合には、2日の準備期間では胃や腸を整えるのは難しいかも知れません。様子を見ながら一週間から10日程度の準備期間を用意するのもおすすめです。また、断食をこれから定期的に行って移行と思ったら、普段から食生活の乱れを注意するようにしましょう。

断食は1日ぴったりで終える

1日限定断食は24時間の断食になります。そのため、しっかりと24時間の断食を行うようにしましょう。前日の夕ご飯が最後の食事の場合には、断食が完了する時間は最後に食べた食事から24時間後になります。断食の時間が24時間よりも少ないと断食の効果を得る事が難しいと言えます。

回復食を楽しむ

断食が終ったらようやくご飯が食べられると思われるかも知れませんが、断食後の胃や腸は非常にデリケートになっていますので、いきなり普通の食事はとれません。三分粥など消化によい物を食べるようにします。三分粥であってもお米の甘さや風味などはしっかりと味わう事ができますので、楽しみながら回復食を食べるようにしてください。

断食中はノンカフェインでゼロキロカロリーの水分のみ

1日限定の断食の時にはノンカロリー、ノンカフェインの飲み物しか口にする事ができません。コーヒーや紅茶、お茶などは飲む事ができませんので注意しましょう。基本的には白湯などで胃に負担をかけないようにするのがおすすめです。

まとめ

1日限定断食は、かしこまらずにチャレンジする事ができますので、非常に需要が高い断食になります。これまで断食をしてこなかったという方でも成功する確率が高いので、ぜひチャレンジしてください。とにかく正しい知識でチャレンジする事が成功するポイントになります。