やつれた顔にならないために!《目の下のクマ》の効果的なケア方法

やつれた顔はクマが原因?

最近「やつれたね」と言われた…

周囲の人に「やつれたね」と言われて鏡を見てみたら、クマができていたということはありませんか?目の下にクマがあると、全体的にやつれて見えるのに加えて老けた印象になってしまいます。

健康的で明るい肌を手に入れるためには、クマの対策は必要不可欠。クマがなくなれば、元気で若々しい雰囲気に生まれ変わることができます。

クマをケアして明るさを取り戻そう

クマは知らず知らずのうちに濃くなってしまうことがあります。クマが濃くなってやつれた印象になってきたら、なるべく早く対策するのがおすすめ。

日々の簡単なケアでクマを改善することは可能です。いつまでもフレッシュで明るい印象をキープするために、早めのクマ対策を心がけていきましょう。

クマの原因は3つに分かれる

クマと一口に言っても、その原因は大きく3つに分けることができます。自分の生活習慣を見直し、どんなことがクマの原因となっているのかを把握しておきましょう。

血行不良による「青クマ」

クマの種類としてまずあげられるのが、血行不良による青クマです。

寝不足や体の冷えなどにより血行不良が引き起こされ、青っぽいクマができるのが特徴。よく眠れていない人や、冷え性の人などに起こりやすいとされています。

紫外線やメイク残りによる「茶クマ」

メイクのクレンジングがしっかりとできていないのもクマの原因。メイク成分が酸化し、色素沈着を起こすことがきっかけとして出てくるのが茶クマです。

メイク落としのときに刺激を与えすぎることでも茶クマが出やすくなります。また、紫外線による色素沈着も茶クマの大きな原因なので気をつけましょう。

肌のたるみによる「黒クマ」

むくみや老化によって目の下の皮膚がたるむと、黒クマができやすくなります。たるんだ部分に影が入り、暗く老けた印象になるため気をつけましょう。

クマを改善するためにおすすめの対策

十分な保湿を行う

それぞれのクマの種類によって原因は異なりますが、全てに共通して効果的な対策は保湿。皮膚が薄い目の下は乾燥しやすく、血行不良や色素沈着などの影響が大きく出やすくなるため、保湿をきっちり行っておきましょう。

乾燥はたるみの原因ともなるので、黒クマの対策には欠かせません。老けた顔にならないように日々のスキンケアを大切にしてくださいね。

紫外線対策はきっちりと

紫外線対策も効果的です。乾燥や色素沈着などを引き起こしやすいため、こまめに紫外線対策をしておくようにしましょう。

メイク前には日焼け止め乳液を使って紫外線をブロックしておくのがおすすめ。目の下はデリケートな部分なので、刺激を与えすぎないようにするのがポイントです。日差しが特に強い日は、日傘や帽子などでなるべく紫外線を避けるようにしてみてはいかがですか。

クレンジングは優しく念入りに

クレンジング不足でメイクが残っていると、茶クマの原因になるほか、肌への負担にもなるため気をつけましょう。ただし、ごしごし肌をこすると刺激となり大きなダメージを与えるため注意が必要です。

クレンジングをするときは、優しくこすらないようにするのがポイント。デリケートな目の下は特に気をつけてクレンジングするようにしましょう。日々の積み重ねにより、肌の調子は大きく変わっていきます。

デリケートな目の周りは、綿棒を使ったクレンジングがおすすめ。アイラインやアイシャドウなど細かなメイクはクレンジングをしみこませた綿棒をつかうことで、刺激を最小限におさえながら取り除くことができます。

アイクリームを使って血行促進マッサージ

血行不良対策にはアイマッサージが効果的。肌への刺激を避けるために、アイクリームをつけてからマッサージを行いましょう。マッサージを行っておけば、眼精疲労の対策にもなります。

日々の対策を万全にしてクマとさよならしよう!

やつれ顔の原因となるクマは、早めに対策をしておけば安心です。自分がどのようなタイプのクマなのかをチェックして、ぴったりの対策を取り入れていきましょう。