エイジングケアは《腸内環境》から!便秘と老化の関係とは?

腸内環境のコンディションには、肌年齢と深い関係があります。

腸はご存知の通り消化器官としての役割がありますが、それに加えて、人間の体の全身の健康状態に深く関わる器官でもあります。

体の内側から老化を予防したり、肌荒れを防ぎたいという方。そのためには、この腸の健康状態に気を配る必要があるのです。

腸内環境を整えるって具体的にどういうこと?

善玉菌と悪玉菌の腸内でのバランスが重要

人間の腸内に住んでいると言われる腸内細菌。これらは善玉菌と悪玉菌に分類されます。その違いは「腸の健康に良い働きがあるか」「悪い影響を与えるか」です。

これらの細菌の体内での量は、1.5kgにも達すると言われています。この重さを聞いてしまうと、「もしこの1.5kgがほとんど悪玉菌だったら…」と心配になりますよね。

悪玉菌が体内で増えると、肌の新陳代謝が落ちることも!加えて全身の疲労状態が悪化しがちになり、食事で摂った栄養が吸収されにくくなります。逆に善玉菌が増えると、悪玉菌が体内で増えにくくなります。つまり、肌の老化に予防的な視点で対処するためには、善玉菌を増やす必要があるのです。

善玉菌を増やすには?

腸内環境を改善し、便秘にならないように気を配る。まずはこうした意識を、毎日の生活習慣に取り入れなければなりません。運動やストレス発散などは、便秘を防ぐためには効果が期待できるものとされています。しかしとりわけ有効と言われている方法は、「食生活の改善」です。食生活を見直しは、今日からでもできること。かつ短期間で便秘が改善する場合も多く、おすすめの腸活です。

具体的に何を食事に取り入れれば、腸内で善玉菌が増えてくれるのでしょうか。

ヨーグルト、乳酸菌飲料、納豆やチーズなどの発酵食品が代表的です。これらの食材は、腸内の善玉菌のエサとなります。善玉菌が増えれば、便秘になりにくくなります。便秘になりにくくなると、肌の老化を抑えることが期待できるでしょう。

間接的なエイジングケアとして、とても効果が期待できる方法であると言えます。

一朝一夕にはいかないアンチエイジング。継続が大切!

アンチエイジングは「今日取り組んだから1週間後には…」というように、短期間では効果の出ないものです。しかし、食生活の改善は工夫のしがいがあり、楽しみながらできる方法ですよね!特に便秘の改善は、比較的すぐに効果が期待できるものです。少しずつ意識して改善していけると良いでしょう!