甘い食べ物や飲み物で老化が早まる!?その真相は!

仕事の合間や、夕食の前。ちょっとした空腹からついついお菓子など甘い物を口にしてしまいますよね。「少しなら大丈夫」と軽い気持ちで毎日のように食べてしまうものです。しかし実はこれ、エイジングケアの点では”やってはいけない習慣”だったのです!

この記事では、何故甘い物を食べていると老化が早くなるのか、実際にどのように肌の老化と関係するのかについてまとめました。アンチエイジングに取り組んでいるという方は必見です。

血糖値が急激に上昇!ホルモンバランスが崩れる結果に…!?

糖質を習慣的に摂取し続けることで、かなり老化のスピードが早まると言われています。

特にお菓子の場合は、糖分のかたまり。通常の食事でお米やパンを食べるのとは、段違いの摂取量となります。これはジュースなどの飲み物にも言えることで、砂糖のグラム量で言えばとんでもない量です。

このような甘い物を食べたりジュースを飲んだりすることで、血糖値が急激に上昇します。血糖値の急な上昇は、体内のホルモンバランスを不安定にさせてしまうことがわかっています。

ホルモンバランスが乱れている時には、肌の”ターンオーバー”がきちんと行われにくくなります。本来ターンオーバーは、体内のホルモンバランスが安定し、体調が穏やかな時に行われるもの。甘いものを摂り過ぎた後は、古い角質を処理する以前に糖を分解する働きを優先してしまうため、余計に老化を加速させてしまうとも言えるのです。

肌が”糖化”する?

スキンケア

糖分は、人間の健康的な体調の維持に必要不可欠です。しかし摂りすぎると、美容においてよくない悪循環をまねきます。

肌の細胞の材料となるのは、ご存知の通り”タンパク質”です。これが、摂りすぎた糖分と結合して消費されてしまうというのです。これにより全身の肌の細胞が、古い細胞のまま再生されなくなってしまうのです。

せっかく摂取したタンパク質が相殺されてしまうなんて、もったいない話ではないですか!

空腹時にお菓子を食べたりジュースを飲むのはやめよう!

ケーキ

それでも、いざお菓子やジュースが今すぐやめるのはキツイ。そんな方も多いことでしょう。確かに甘いものは、ストレスの発散には大変効果があります。

そういった方は、まず”空腹時”に食べることをやめることから始めると良いでしょう。空腹時には糖分の吸収効率が上がっているため、空腹でない時の何倍も体調に影響がでやすいといえます。

少しずつ甘いものに依存しない生活を送っていく。または、空腹時にはちゃんとご飯を食べるようにする。そうした工夫が肌の糖化を防ぎ、その後の老化のスピードに影響が出るでしょう。ぜひ意識してみてくださいね。