婚活で知り合った相手とお見合い!好印象を与えるためのポイントは?

婚活で知り合った男性といざお見合い!

お見合いとなると「相手の男性に良く思われて、好印象を与えたい」と思う方が多いのではないでしょうか?

婚活では、1回目のお見合いから2回目に進むことがもっとも大切◎

2回目に進めむことができると、その後長く続く確率が高まるという統計が出ています。

そのためにも、1回目のお見合いで相手に《好印象》を与えるポイントについてご紹介します!

相手の話を《きちんと》聞く

相手の男性が話してくれたことは聞き逃さないようにしましょう。一度話したことをもう一度質問したりしてしまうと、「話をちゃんと聞いていなかったのだな…。」と男性に思われてしまいます。

また、興味のない話をされたときでも、嫌な顔や退屈そうな顔をせずに《相槌》を打って聞いてあげるようにしましょう。さらに、相手の話を遮って話すのもNG。

”聞き上手”は”恋愛上手”ですよ!

《否定》をしない

相手と話していると、「それっておかしいんじゃない?」「ちょっと違うんじゃない?」と感じることもあると思います。しかし、相手の男性の話を聞いているとき、否定をしたり意見をすることは控えましょう。

初対面では、相手の話に対して否定的な態度を取ると、”その人自体”を否定している印象を与えてしまいます。

相手の話を否定するのではなく、「おもしろい!」「珍しい考えだね!」といった言葉で返すのがスマート。最低でも、”Yes,but”法を利用しましょう。

心をなるべく《オープン》にする

自分が話をするときは、できるだけ心を開いて会話をするようにしましょう。自分が相手に対してオープンになって話すことで、相手に安心感を与えます。

男性に何か質問されたときに、隠すようなことをいったりごまかしたりすると、不信感をもたれてしまうおそれがあります。

あなたが先に心を開くことで、相手の男性も打ち解けて話してくれるので、お互いのことをより深く知ることができますよ。

《ポジティブ》な会話をする

これまで婚活期間が長引いていたり、お見合いをしても連敗…なんて経験があったかもしれません。

そんなとき、ついネガティブになり、相手の男性に対して「自分はモテない。」「取り柄がない。」などと言い自分を必要以上に下げてしまう人がいます。

こうした過剰な謙遜は、絶対にNG!

自分のことを低く言うことは、「自分は価値のない人間だから結婚しないほうがよい」と言っているようなものです。

またこのように謙遜されてしまうと、相手の男性も「そんなことないよ。」とフォローをしなくてはなりません。お見合いの会話は、常に《ポジティブ》になることで相手に好印象を与えられますよ!

最後の《お会計》では必ずお財布を出して!

お会計をするときにも注意が必要。

お見合いでは、たいていの男性はお茶代を女性の分も支払ってくれるでしょう。しかし、男性の奢りだとわかっている場合でも必ずお財布を出して、男性に自分の分のお茶代を渡す仕草をしましょう。

男性は、「大丈夫だよ。」と一言断ってくると思いますが、一度は引き下がらず、「払いますよ。」と言います。

さらに男性から、「本当に大丈夫だから、今回は払うよ。」と言われたら素直に引き下がり、「ありがとうございます。」とお礼を言いましょう。

茶番のようにも思えますが、このやりとりで男性に好印象を与えられますよ。

男性との会話を楽しんで《お見合い》を成功させよう!

お見合いでの会話は、相手に好印象を持ってもらうために注意をして話をする必要がありますが、《会話を楽しむ》ことも大切です。

お見合いの場だからといって堅苦しくならずに、相手がどんな人か知ることを楽しむように話をするとよいでしょう。ぜひ、以上のポイントを踏まえてお見合いに臨んでみてくださいね!