実は乾燥しやすい夏の季節!早めにやっておきたい《夏の保湿対策》

夏こそ保湿対策が必要!

汗をかきやすい夏は保湿をおざなりにしがち

たくさん汗をかく夏は、肌がべたつきやすくなりますよね。「オイリー肌になっているから」と思って、保湿を軽めにしておくといつの間にか乾燥が促進されている場合があるかもしれません。

肌が乾燥すると表面を保護するために皮脂が過剰に分泌されます。これが肌のべたつきの原因となっている可能性があるため、夏こそ保湿が大切。夏場はクーラーが効いて乾燥した部屋にいることも多くなるので、知らないうちに乾燥肌になっていることもあります。

保湿を行って夏を乗り切ろう

夏が終わって秋になった頃に「肌が乾燥してる!」と後悔しないために、夏の時点で保湿をきっちり行うことが重要なポイント。べたつきやすいと感じているからこそ、保湿重視のスキンケアを行っていくのがおすすめです。基本的なコツをおさえて、潤いのある肌を維持していきましょう。

夏に行いたい保湿スキンケアの手順

導入液で保湿成分を浸透しやすくする

夏の保湿ステップは基本的なポイントをおさえておけばOK。まず、取り入れておきたいのが導入液です。導入液とは、化粧水に含まれる成分を浸透しやすくする基礎化粧品。さまざまなブランドから導入液が発売されているので、チェックしてみましょう。

洗顔が終わったら、導入液を肌になじませます。全体になじませておくことで、その後に使う化粧水の浸透具合が変わると言われているので活用してみてくださいね。

ヒアルロン酸やセラミドを含む化粧水で保湿

次に化粧水を使っていきましょう。保湿を重視するのであれば、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿効果が期待できる成分が入っている化粧水を選びます。化粧水のパケージに成分表示があるので、参考にしてみてください。

化粧水は一度につけるのではなく、2〜3回に分けてハンドプレスするのがおすすめ。じっくりと肌全体に行きわたるようになじませていきましょう。プチプラの化粧水なら、価格を気にすることなくたくさん使えて便利なのではないでしょうか。

乳液やクリームで蓋をする

化粧水をつけたら、水分が蒸発しないように油分で蓋をする必要があります。乳液をつけて、保湿成分を肌に閉じ込めていきましょう。乳液が肌に浸透したら、クリームもつけてあげてください。

「メイク前で肌がべたつくのは避けたい」という場合は、乳液のみでもOK。シチュエーションに合わせた使い方をするのがおすすめです。

紫外線対策で乾燥を防ぐ

乾燥の原因となる紫外線は事前に予防

日々のスキンケアを気をつけるほかに、夏の紫外線対策も重要なポイントです。紫外線の浴びすぎはシミやくすみの原因になるだけでなく、肌の乾燥にもつながるので気をつけていきましょう。

乳液タイプの日焼け止めをスキンケアのときに使っておけば安心。日焼け止めの効果は2〜3時間で薄れるとされているため、顔にも使える日焼け止めスプレーを常備しておくと便利です。

日傘で対策するのもおすすめ

日焼け止めだけでは防げない紫外線は、日傘で対策しておきましょう。日傘があるのとないのとでは紫外線の予防力は全く変わってくるので、夏のシーズンはぜひ取り入れてみてください。

日傘がさせないときは帽子を活用

混み合う場所など、日傘がさしにくい場所もありますよね。そんな場合に活躍するのが帽子。ツバ付きの帽子があれば、顔に注がれる紫外線を防ぐことができます。

外出時のケアも忘れずに

皮脂崩れが気になる場合はティッシュオフ

外出している間にメイクの皮脂崩れが気になってきたら、脂取り紙ではなくティッシュを使うのがおすすめ。脂取り紙だと必要な皮脂まで取って乾燥を促進する可能性があるため、ティッシュで軽く取ると良いとされています。

化粧水ミストでこまめに保湿

乾燥を感じたら、化粧水ミストをふきかけて保湿するようにしましょう。メイクの上からも使えるミストを常備しておくと、いつでも肌の潤いを維持できます。

万全の対策で夏も潤い肌をキープしよう

意外と乾燥しやすい夏は、保湿対策が大切。季節が変わって秋になった後も肌の調子を保つために、夏の対策を万全にしてくださいね。