ニットのおすすめコーデ24選!

ニットやセーターを着ると着ぶくれしてしまって嫌だという方や、何か重めにみえてしまうといったイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こういった悩みを持っている方やどうしても、自分でコーディネイトを行うと似通ってしまうといった悩みに応えてくれるコーデを今回ご紹介していきます。そのまま真似をしなくても、参考にするだけであなたのコーデが変わります。役立ててみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているニット・セーターのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18 おすすめコーデ:19 おすすめコーデ:20 おすすめコーデ:21 おすすめコーデ:22 おすすめコーデ:23 おすすめコーデ:24

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

ニット×スカートのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

ホワイト系でまとめたシンプルなスタイル。
ウエストマークすることでメリハリのあるシルエットを演出し、気になる体型カバー効果も期待できます。
ヘアスタイルはアップにして、縦のラインを強調してすっきり見せるのががおすすめ。


引用:CBK(カブキ)

ざっくりと編み込まれたケーブルニットは1枚でカジュアルコーデが完成する優秀アイテム!
ボトムにタイトなラインのロングスカートを合わせることで、メリハリのあるスタイリングを楽しめます。

バッグや足元は色を抑えると上品な印象に。


引用:CBK(カブキ)

シンプルなニットはボトムにカラフルなカラーを持ってくることで華やかさをプラス。
明るいイエローのプリーツスカートが下半身を明るく見せ、美脚効果も期待できます。
バックや足元は同色でまとめて、クラス感を演出。


引用:CBK(カブキ)

昨年から引き続きトレンドのミニマム丈。
どんなボトムにも合わせやすいですが、女らしさをアピールしたいならロングプリーツスカートがおすすめ。
縦のラインを強調するので、すっきりと見せ、気になるウエストや腰回りもさりげなくカバーできます。


引用:CBK(カブキ)

トレンドのゆるコーデに欠かせないオーバーサイズニット。
ビビットなピンクを黒のスカートに合わせて、あまり甘過ぎない大人のガリースタイルをアピール。
同色で統一すると小物やアクセで少し遊んでも、ヌケ感のあるおしゃれが楽しめます。


引用:CBK(カブキ)

白のニットに赤いタイトスカート、ライダースジャケットを合わせたスタイル。
ベーシックなアイテムばかりなので、きれいめでありながらヌケ感のあるスタイルに仕上がります。
腕時計などの小物やアクセでアクセントを効かせて。


引用:CBK(カブキ)

何にでも合わせやすくベージュは大人の定番コーデ。
いつもワンパターンになりがちなコート×プリーツスカートスタイルにマスタードカラーのニットをプラスすることで、程よいヌケ感を演出。
足元はブーツでシックにまとめるのがおすすめです。


引用:CBK(カブキ)

カジュアルになりがちなデニムコーデもニュアンスのあるカラーを組み合わせることで、女らしさをアピール。
膝丈スカートを選ぶことでヌケ感を演出し、美脚効果も期待できます。

フェイク素材やカラーを小物に取り入れて季節感をアップ。


引用:CBK(カブキ)

大きく開いたネックラインがデコルテをすっきりと見せるVセーター。
女性らしい色合いをあえてカジュアなデニムスカートに合わせることで、品のよい休日スタイルを完成させます。
足元はトップスと同じ明るいピンクを選んで、程よい甘さをプラス。


引用:CBK(カブキ)

着膨れしそうなニットの組み合わせもインナーにシンプルなリブを合わせることですっきり。
黒の水玉スカートが全体を引き締めて、程よい甘さのあるスタイルをアピールします。
トップスの色と同じ白をバッグやソックスに持ってきて、清楚な雰囲気を演出。

 

ニット×パンツのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

ふんわりとボリュミーな袖口が特徴的なニット。
トレンドのミニマム丈なのでワイドパンツと相性がよく、ニュアンスのある着こなしが楽しめます。
大きめのメンズライクなバッグをプラスして、デイリーコーデをワンランクアップ!


引用:CBK(カブキ)

明るいブルーカラーとふんわりとしたオーバーサイズが大人可愛いデザイン。
細身のスウェットパンツにインして、紐でウエストマークすれば、休日に相応しい、スポーティーミックスなスタイルに。
ニット帽や大きめのバッグでアクセントをプラスすると程よいヌケ感が出せます。


引用:CBK(カブキ)

ふわふわと暖かな質感が魅力のシャギーニット。
シンプルなスキニ―デニムに合わせて、すっきりと着こなすのが大人スタイルです。
サングラスや厚底ブーツなど、おしゃれな小物を投入して、スタイルをクラスアップ。


引用:CBK(カブキ)

ふんわりとした袖口がエアリー感溢れるリブニット。
シンプルなデニムに合わせるだけでレッドカラーがアクセントとなり、上品なカジュアルコーデにまとまります。
フェイクファーなどの小物使いで今っぽさをアピール。


引用:CBK(カブキ)

ザックリ編まれたケーブルニットが主役のコーデ。
ボリューミーなワイドパンツを合わせて、トレンド感のあるカジュアルテイストを着こなしにプラス。
ハットやスートール、スニーカーなど小物使いにもセンスのよさが光ります。


引用:CBK(カブキ)

白のケーブル編みのニットはほかのアイテムとも相性がよく、あらゆるコーデにおすすめ。
こちらは黒のパンツを合わせた王道カジュアルスタイルです。
足元を肌見せして抜け感を出すほか、ストールなど季節の小物使いでアクセントをプラス。


引用:CBK(カブキ)

ケーブルニットのカーディガンは着こなしにアクセントが欲しい時におすすめ!
インナーに白、ボトムは細身のパンツを合わせることで、すっきりまとまり、メリハリのあるシルエットがつくれます。
スニーカーに色味をプラスして、こなれ感を演出。


引用:CBK(カブキ)

フレアな袖口と落ち感のあるシルエットが優しい印象のケーブルニット。
シンプルなスキニ―デニムを合わせるだけで、トレンドのゆるコーデが完成です。
ゼブラ柄のファークラッチバッグをアクセントに取り入れて、大人っぽく着こなして。


引用:CBK(カブキ)

細め&長めの袖が今年のキーワード!
こちらのニットは手の甲まで包み込むアーム部分が、動きにフェミニンなニュアンスを与えてくれます。
きれいめのワイドパンツと小物を合わせて、誰からも好感度満点の大人スタイルを演出。

 

ニットワンピコーデ


引用:CBK(カブキ)

ゆったりとしたオーバサイズが特徴のタートルネックワンピース。
深みのあるモスグリーンが、カジュアルになりがちなデザインを大人っぽく仕上げています。
ソックス+ブーツでヌケ感を出すのが、トレンドな着こなし。


引用:CBK(カブキ)

どんなアイテムにも合わせやすく、1枚持っていると便利な黒ニットワンピ。
今季はニット帽やスニーカーを合わせて、カジュアルミックススタイルで着こなすのがおすすめです。
チェックのシャツでウエストマークして、アクセントをプラス。


引用:CBK(カブキ)

ゆるっとしたシルエットのニットワンピもグレーを選べば、大人っぽい着こなしに。
赤のチェックストールを首に巻いたり、肩に羽織ったりして、フェミニンな雰囲気を惹き立ててみてはいかがでしょう。
足元にブーツを合わせることで、季節感をアピール。


引用:CBK(カブキ)

ワンピースとニットベストを組み合せた秋冬にピッタリなレイヤードスタイル。
白×ネイビーは清楚かつ、上品な雰囲気をいつもの着こなしに演出してくれます。
グレーのニット帽やメタルカラーのスニーカーで、カジュアルダウンさせて今っぽさをプラス!


引用:CBK(カブキ)

シンプルな白ケーブルニットワンピは王道ガーリースタイル。
1着で大人の可愛らしさを際立たせてくれるので、シンプルコーデがおすすめ。
足元は黒タイツ×ブーツですっきりまとめて、パステルグリーンのバッグをアクセントに加えると上品なヌケ感が出せます。