ベストのおすすめコーデ20選!

ベストはフォーマルな装いでも普段着でも着れますが、コーディネイトに入れるとするとちょっと難しい印象を持っている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はベストをちょい足し気分で取り入れることで様々な悩みを解消してくれるコーデや、ベストのタイプや素材によって異なる印象が与えられるコーデなど様々なコーディネイトを提案していきます、是非取り入れて一つ上のコーディネイトを楽しんでみませんか。

この記事で紹介しているベストのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18 おすすめコーデ:19 おすすめコーデ:20

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

ショート丈ベストのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

モコモコっとした素材感が可愛らしいベスト。
白Tシャツやスキニ―デニムとコーデしてすっきりまとめるとヌケ感のスタイルが完成。
巾着バッグやピンヒールをプラスして、遊び心をちょい足しすれば、タウンユースにも活躍します。


引用:CBK(カブキ)

メンズライクなデザインを女っぽく着こなした技ありコーデ。
シンプルな白のインナーとショートパンツを組み合わせ、ヘルシーな肌見せスタイルに仕上げています。
フリンジバッグとハットでモードな雰囲気をプラス。


引用:CBK(カブキ)

シンプルでいろいろ着回しが効くリブニットベスト。
白シャツをインして、ネイビーのロングスカート合わせで清楚な可愛らしさをコーデに演出。
バッグと足元も白で統一するとあまり甘過ぎず、上品にまとまります。


引用:CBK(カブキ)

ショート丈のベストは着こなしにアクセントを加えたい時にピッタリ。
あえてオーバーサイズのシャツとスキニ―デニムに合わせて、こなれ感を演出するのが今っぽいスタイル。
キャスケットや革バッグで着こなしをワンランクアップ!


引用:CBK(カブキ)

ゲージ編みがアクセントになったリブニットベスト。
白シャツと相性抜群で、ボトムに黒パンツを合わせたレイヤードスタイルはONOFF、両方のシーンに活躍。
小物はシンプルにまとめるのが、大人コーデの鉄則です。


引用:CBK(カブキ)

休日やちょっとしたお出かけにぴったりなリラックスコーデ。
黒のダウンベストを上に羽織るだけで、ぐっとスタイリッシュに引き締まります。
あえてバッグにカラーを効かせてヌケ感をつくるのが、大人っぽく着こなすポイント。


引用:CBK(カブキ)

模様編みがインパクトのあるニットベスト。
白ブラウスと黒パンツのシンプルなコーデにプラスするだけで、女性らしいニュアンスをアピールします。
バッグとブーツにボトムと同じカラーを取り入れてシックにまとめて。


引用:CBK(カブキ)

肌寒い季節も温かく着られるフェイクファー素材のベスト。
シンプルな黒リブニットであまりボリュームを出さず、すっきりとスタイリングしています。
ボトムはフレアデニムで上品なカジュアル感をプラス。
斜め掛けした革バッグがアクセントです。


引用:CBK(カブキ)

カジュアルになりがちなダメージデニムを大人っぽくまとめたコーデ。
シンプルなグレーベストと白Tシャツをトップスに合わせ、ヌケ感を演出しています。
ウエストはインしてメリハリをプラス。
ブレスレットや白サンダルなどきれいめの小物を合わせるのがおすすめです。


引用:CBK(カブキ)

タウンユースからアクティブなシーンまで活躍するダウンベスト。
黒のスポーティーなデザインをあえて女性らしいボトムに合わせることで、今っぽく仕上げています。
黒×白のモノトーンコーデでワンランクアップした着こなしに。
スニーカーをプラスして、大人のリラックススタイルの完成です。

 

ロングベストのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

軽い羽織ものとしても重宝するロングベスト。
単調になりがちなオールホワイトコーデに黒のベストで上手にメリハリを付けています。
ボリュームが出過ぎないよう、細身のパンツで縦のラインを強調するのがポイント。
バッグに差し色を効かせて遊んでみるのもおすすめです。


引用:CBK(カブキ)

上下にボリュームの出るアイテムを選んだときは統一感を持たせるのが鉄則。
同色のロングベストとワイドパンツにインナーの白シャツが、全体をすっきりとまとめています。
バッグに取り入れた赤がこなれ感のあるアクセント。
タウンユース映えするコーデです。


引用:CBK(カブキ)

一歩間違うと重くなりがちなロングベスト。
デニムやきれいめのシャツを合わせることで、軽く上品なヌケ感をアピールしています。
カチッとしたバッグやハイヒールで女子力をアップ!
オフィスカジュアルにもおすすめのスタイルです。


引用:CBK(カブキ)

おしゃれなグレーのロングベスト。
インナーは白のニットでシンプルに合わせるのがおすすめです。
ボトムはスキニーなどの細身のパンツで脚長効果を演出。
小物使いも含めて、全体のカラーをグレー、白、黒の3色で統一すると垢抜けた印象になります。


引用:CBK(カブキ)

とろみ感のある素材が、レディライクな着こなしにぴったり。
白Tシャツと黒のスキーパンツのシンプルな組み合わせに羽織るだけで、クラスアップしてくれます。
ゴールドカラーのヒールがアクセント。
タウンユースからリゾートシーンまで活躍すること間違いなし!


引用:CBK(カブキ)

トレンチコート風ベストは秋冬ファッションの定番アイテム。
ボーダーカットソーをインして、少し甘めのきれいめスタイルにまとめています。
ボトムは黒のスキニ―デニムで引き締めて。
きちんと感もあるので、ちょっとしたお出かけにもおすすめです。


引用:CBK(カブキ)

モードな雰囲気溢れるライトクレージュのロングベスト。
黒のロングスカートに合わせて女性らしさをアピールしたコーデです。
フェイクファーなどの季節感のある素材でアクセントをプラス。
ヘアスタイルはアップでまとめると明るく華やかに見えます。


引用:CBK(カブキ)

甘くなりがちなファー素材のダウンも黒なら大人っぽいイメージ。
相性のよいボーダー柄に合わせて、上品なヌケ感を演出しています。
ボトムはロングタイトスカートで女らしい印象に。
モノトーンでまとめているので、きれいめに仕上がったスタイルです。


引用:CBK(カブキ)

女らしいベージュカラーコーデ。
黒のロングベストを羽織って、エレガントに着こなしたコーデです。
小物も同色でまとめると垢抜けた印象に。
アップスタイルでシルエットを縦長に見せることで、体系カバ―効果も期待できます。


引用:CBK(カブキ)

ボリュームが出がちな黒のロングベスト。
あえてカジュアルなアイテムにコーデすることで、今っぽいヌケ感のある着こなしが完成します。
レースがポイントのカットソーとデニムに羽織れば、大人可愛いスタイルに。
小物も同色ですっきりとまとめるのがおすすめです。