アンサンブルのおすすめコーデ10選!

エレガントな印象を与えてくれるアンサンブルですが、やはりこの魅力はその統一感にあります。統一感のあるアンサンブルだけにコーディネイトは難しいと考える方も多いかもしれませんがそんなことはありません。今回はアンサンブルを着こなす上で参考にして頂ける10種類のコーデを紹介していきますので、アンサンブルを着るときの参考にしてみてください。周りの人とは差の出るコーデがきっとできるはずです。

この記事で紹介しているアンサンブルのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

アンサンブル×スカートのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

コンパクト丈が女らしいアンサンブル。
総レースのロングスカートを合わせたエレガントな着こなしは大人にお似合いです。
小物はトップスと同色でまとめるのがポイント。
きちんと感もあるので、オフィスシーンにもいかがでしょうか。


引用:CBK(カブキ)

金ボタンがヌケ感のあるボーダー柄アンサンブル。
カーキのプリーツスカートを合わせて、大人のリラックススタイルに仕上げています。
バッグや足元で女性らしさをアピール。
小物のアレンジ次第で、ONOFFどちらのシーンにも着回せるコーデです。


引用:CBK(カブキ)

協調性が高く、他のアイテムと相性抜群なグレーアンサンブル。
存在感のある総レーススカートとのコーデも甘さを抑えて、大人っぽく着こなせます。
足元は黒タイツ×ピンヒールで季節感をプラス。
落ち着いた女らしさが絵になるスタイルです。


引用:CBK(カブキ)

きちんと感もある黒のアンサンブルニット。
シルエットがきれいなガウチョパンツに合わせた、エレガントなコーデです。
パールのネックレスで女性らしさをアピール。
デイリーユースからオフィス、フォーマルなシーンまで着回しが効きます。


引用:CBK(カブキ)

シルエットがきれいなロング丈のアンサンブル。
ブラウン×ブラウンでまとめることで、季節感あふれるコーデが完成します。
ボトムにロングタイトスカートを合わせ、きれいなシルエットを演出。
足元にパープルを取り入れて、色を効かせているのがポイントです。

アンサンブル×パンツのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

きれいめなロングアンサンブルをダメージデニムと合せてカジュアルダウン。
クロコダイル柄のバッグでアクセントを利かせています。
肩に羽織ってヘルシーな肌見せするのが着こなしのポイント。
きちんと感も併せ持つスタイルなので、デイリー以外にもおすすめです。


引用:CBK(カブキ)

ブラウン×白は大人の定番カラー。
コンパクト丈のアンサンブルにホワイトデニムを合わせて、すっきりときれいなシルエットに仕上げています。
バッグや足元も同じ色で統一するのがポイント。
通勤スタイルとしてもおすすめです。


引用:CBK(カブキ)

シンプルになりやすい黒×白のモノトーンコーデ。
ロングアンサンブルをワイドパンツにインして、ウエスト周りをすっきりと見せるのがポイントです。
ファーなど季節感のある素材を小物に取り入れると垢抜けた印象に。
通勤スタイルにも着回しが効きます。


引用:CBK(カブキ)

清潔感と華やかさを両立させる白アンサンブル。
スキニーデニムとも相性がよく、大人のカジュアルスタイルを格上げしてくれます。
バッグや足元も白でエレガントにまとめて。
シーンを問わず着回し力抜群なアイテムです。


引用:CBK(カブキ)

シンプルで他のアイテムとも相性のよい黒アンサンブル。
ボトムにガウチョパンツを合わせて動きをだし、こなれ感を演出しています。
足元のピンクが洒落た遊び心のアクセント。
フォーマルなスタイルとしてもおすすめです。