汗びっしょり問題から卒業!夏でもドライヤーを暑く感じずに使うコツ

夏はドライヤーが暑い!

ドライヤー後には汗びっしょり…

せっかくお風呂に入ってさっぱりとしたのに、ドライヤーをかけているうちに汗びっしょりになってしまったということはありませんか?暑い夏の日は、ドライヤーの熱がつらく感じることがありますよね。

ドライヤー後に汗をかいてしまったら、頭皮の皮脂が気になりますしヘアセットもしにくくなります。そうならないように、暑さ対策をしながらドライヤーを使うのがおすすめ。

暑さを防ぎながら快適にドライヤーを使おう

ちょっとした工夫をするだけで、夏にドライヤーを使っても暑さを感じることなく髪を乾かせます。「夏はドライヤーをかけるのがつらい」という場合にぴったりな方法をまとめました。暑い日の対策に活用してみてくださいね。

タオルドライをしっかり行おう

タオルドライできればドライヤーの時間を減らせる

ドライヤーの熱さに煩わされないためには、なるべく使う時間を短くすることが大切。たっぷり水分がついた状態の髪の毛だと、どうしてもドライヤーをかける時間が長くなるためタオルドライが重要になります。

タオルドライのやり方によっては、髪の毛を傷める原因になるため正しい方法を覚えておくと良いのではないでしょうか。正しい方法を知っていれば効率的にタオルドライができるので、時間を短縮することもできます。

おすすめのタオルドライ方法

タオルで頭全体を包んだら、頭皮マッサージをするように指の腹で全体を揉み込みましょう。タオルに水分を吸収させるイメージで揉み込んでいくと良いです。

頭皮近くの水分が吸収できたら、タオルで毛先を包んで軽く叩いてください。強く叩いたり、絞ったりするのではなく優しくタオルに吸収させるのがポイント。これでタオルドライの完了です。

時短アイテムがあれば便利

マイクロファイバータオルで時短

手間をかけずにタオルドライをすることができたら、さらに良いですよね。そんなときにおすすめな時短アイテムも取り入れてみましょう。

マイクロファイバータオルは、通常のタオルよりも約8倍の吸水性があると言われているため素早くタオルドライできるのが魅力。また、吸い取った水分を放出する働きもあるので最後まで快適に使えます。

速乾性のあるヘアキャップを使う

タオルドライをするのが面倒に感じる場合は、速乾性のあるヘアキャップを活用してみてはいかがですか。軽くタオルで拭いてからヘアキャップをつけておけば、髪の毛の水分を吸収してくれます。

ヘアキャップをつけている間に他のことをすることができるので、時間を無駄にしたくないときにぴったり。こうした便利アイテムもぜひ使ってみてくださいね。

クールダウンアイテムを使う

ひんやりシートマスクでケアしながらドライヤー

ドライヤーをかけている間に顔から汗が吹き出てくるときは、シートマスクをするのがおすすめ。美容成分がたっぷり含まれたシートマスクは、スキンケアをしながら暑さ対策もできるので役立ちます。時間を効率的に使いたい場合にも最適ではないでしょうか。

ネッククーラーで首元を冷やす

暑さを緩和するためには首元を冷やすと良いと言われているため、ドライヤーを使うときはネッククーラーをつけておくのもおすすめ。冷凍庫であらかじめ冷やしておいたネッククーラーをつけておけば、ドライヤーの熱さに煩わされることも少なくなります。

温風を冷風の切り替えを上手に行う

冷風でキューティクルを引き締める

ドライヤーの熱を当ててばかりだと、髪の毛のキューティクルは開いたままになってしまいます。きれいな仕上がりにするためにも、温風と冷風を使い分けてキューティクルを引き締めることが大切。

暑いと思ったら冷風に切り替えて

ドライヤーの温風で暑いと感じたら冷風に切り替え、再び温風に替えるといったようにしてみましょう。最後は冷風でキューティクルを引き締めれば、暑さを回避しながら美髪に近づくこともできます。

暑さを防いでドライヤーを使おう

暑い夏の日は、ドライヤーを使うのが億劫になりがち。涼しい状態でドライヤーを使えるように工夫して、きれいな髪質をキープしていきましょう。