電動ハブラシの使い方をマスター!持ち方や注意点は?

既に電動ハブラシを利用していると言う人は多いですよね。本当に便利なハブラシです。

しかし、電動ハブラシは正しい利用方法を守ってこそ最大のメリットを得ることができます。ただ漫然と利用していると、メリットを得られるどころかデメリットを被ることにもなりかねないのです。

そこで今回は電動ハブラシの正しい利用方法や、それによって得られるメリットなどについて解説します。既に利用している人は自分の利用方法が正しいか否かをチェックしてみてください。これから利用しようと考えている人も、最後まで読んで正しい利用方法を覚えておきましょう。

電動ハブラシを使うことで得られるメリット

まずは正しく電動ハブラシを利用した場合に得られるメリットについてご紹介します。そもそも電動ハブラシというものは以下にご紹介するメリットを得るために存在しているハブラシである、とも言えるでしょう。そのメリットがどのようなものなのか、しっかりと把握しておきましょう。

通常の歯磨きでは取りにくい汚れが取れる

電動ハブラシは手動の歯磨きと比較しても、汚れが取りやすいハブラシであると言えるでしょう。非常に高速でブラッシングできるので、汚れもしっかりと落とすことができるのです。

ただし、歯並びによっては通常のハブラシの方が汚れを落としやすい、というケースもあります。電動ハブラシも決して万能なハブラシと言うわけではないのです。歯並びが特殊な場合には、歯科医に電動ハブラシの使用をするべきか、効果を得られるのか、相談してみましょう。

ブラッシング時間を短縮できる

高速にブラッシングできると言うことは、ブラッシングの時間を短縮できるという意味でもありますよね。通常のハブラシしっかりと完璧なブラッシングをしようと思ったら、それなりに時間がかかるものですが、電動ハブラシならかなりそれを短縮することができます。

歯を磨く前に!電動ハブラシの持ち方や必要なもの

では実際に電動ハブラシの正しい持ち方や正しい利用をするために必要なものをご紹介します。持ち方一つでかなり効果が違ってくるので、しっかり押さえておきましょう。

電動ハブラシは握るように持つ

電動ハブラシはブラシ側の中央部分に親指のお腹をあてて、軽く握るように持ちます。この際に注意が必要なのは、「軽く持つ」というポイントです。力み過ぎると歯や歯茎を傷めてしまう可能性が高くなりますし、逆に汚れが落ちにくくなります。

電動ハブラシ用の歯磨き剤を使う

電動ハブラシは専用の歯磨き剤を使うことも重要です。通常のハブラシよりも高速でブラッシングすることになりますので、通常の歯磨き剤だと研磨剤によって歯が削れてしまう場合などもあるのです。必ず「電動ハブラシ専用」などの記載がある商品を選ぶようにしましょう。

Amazonレビュー1位!研磨剤・発泡剤不使用の電動ハブラシ用GUMデンタルジェル

GUM(ガム)・デンタルジェル (電動ハブラシ用) 65g (医薬部外品)

商品の特徴

研磨剤発泡剤が使用されていない歯磨き剤です。抗炎症剤も含まれており、歯科医に勧められることもあります。

この商品の口コミまとめ

  • 余計な泡立ちがないのでしっかりと歯磨きをできている実感が得られる。
  • 普段は歯科医で購入しているものを利用しているが、これを利用しても効果に差はなかった。
  • 愛用しているがなかなか見つからないので、見つけると一気に購入している。

準備完了!電動ハブラシを使ってみよう

電動ハブラシの正しい持ち方を把握し、専用の歯磨き剤を用意できたら、いざ実践です。頭で正しい使い方を把握できたとしても、使ってみないことには慣れることができませんよね。実際に正しい使い方を意識しながら、電動ハブラシを使ってみましょう。最初のうちは動画などを閲覧しながら使ってみるのが良いかもしれません。

①口に入れてからスイッチを押す

電動ハブラシを利用するうえで、これが一番間違いやすいポイントかもしれません。電動ハブラシはスイッチを押してから口に入れるのではなく、口に入れてからスイッチを押してください。磨きたいポイントにブラシを当ててから、スイッチを入れるのです。

スイッチを押してからブラシを当てると、磨きたいポイントにしっかりとブラシを当てることができない可能性が高くなります。非常に高速でブラシが動いているので、ポイントからずれてしまうことが多いのです。それによって歯茎を傷つける恐れもあります。

②歯に軽く当てて滑らせるように磨く

磨きたいポイントにブラシを当ててスイッチを入れたら、軽く滑らせるように磨きましょう。力を入れると歯や歯茎を痛めますし、磨きたいポイントからブラシがずれてしまいます。

電動ハブラシは基本的に自分で磨く必要がありません。通常のハブラシの場合は自分でブラシを動かして汚れを除去しますが、電動ハブラシはそれを自動で行ってくれます。

つまり電動ハブラシの利用者が行うべきは、ブラシを当てる場所の移動のみなのです。ゴシゴシと磨くように歯ブラシを動かすのではなく、軽く滑らせるようにしてブラシを当てるポイントを移動させましょう。

③磨く場所に合わせて電動ハブラシの角度を変える

電動ハブラシを利用する際に重要なのが、「ブラシの角度」です。磨くポイントによって適切な角度があるのです。これを守るようにしないと、汚れが落ちなかったり歯や歯茎を傷つける結果になったりしてしまいます。

歯と歯茎の間は45度

歯と歯茎のスキマ部分は汚れが溜まりやすいものですよね。これをしっかりと除去するには、45度の角度でブラシを当てる必要があります。横過ぎるとスキマにブラシが入りませんので汚れが落ちませんし、縦すぎると歯茎や葉の付け根にブラシが当たりすぎて傷つけてしまう可能性が高くなります。

噛み合わせ部分は90度

かみ合わせの部分はブラシが垂直になるように当てましょう。かみ合わせ部分も歯の形状によっては汚れが落ちにくいのですが、垂直にブラシを当てるとしっかりと電動ハブラシが汚れを落としてくれます。

磨きにくいところは歯の角度に沿う

歯並びや歯の形状は人それぞれなので、人によっては「ここはどんな角度でブラシを当てれば良いのか分からない」というふうになることもあるでしょう。そんなときは基本的に、歯の角度に沿う形でブラシを当ててください。たまに汚れを落としたい一心で歯の角度に逆らうようにブラシを当ててしまう人がいますが、これは歯や歯茎を痛める結果になります。必ず沿うように当てましょう。もしもそれでも歯並びが特殊なので自信がない、と言う場合には、歯科医に相談してみてください。

前歯は電動ハブラシを縦に

前歯は非常に磨きやすい部分ですが、ここでもブラッシングの注意は必要です。必ず電動ハブラシを縦にしてブラッシングしましょう。横だとブラシのあたる部分にムラができやすくなりますし、しっかりと磨けなくなる可能性があります。

電動ハブラシの注意点

電動ハブラシを利用する際に必ず把握しておくべき注意点をご紹介します。なぜ正しく利用する必要があるのか、という部分が絡んでくる注意点もありますので、しっかりと把握しておきましょう。

強く当てると歯茎や歯が傷つく

どの歯をどんな角度で磨くにしても、電動ハブラシは「軽くあてる」というのが大前提です。電動ハブラシは利用者が思っている以上に高速で動いていますし、歯や歯茎は多くの人が認識している以上にデリケートです。電動ハブラシを強くあてると、ほぼ確実に歯や歯茎を傷つけます。歯のエナメル質が削れてしまったり歯茎を傷つけ出血してしまったりする可能性が高いのです。

とくに歯のエナメル質については最大の注意が必要です。脱灰と再石灰化を繰り返してはいますが、基本的にエナメル質は「消耗品」です。一生かけて消耗していくため、加齢とともにすり減ってゆきます。電動ハブラシを強くあててしまうと、エナメル質の減少を加速させてしまうのです。

電動ハブラシを利用する人の多くは「歯を綺麗にしたい」という理由で利用しますよね。しかし、強く押し当てるように利用していると、まったくの逆効果となってしまうのです。ある意味でこれが最大の注意事項と言えるでしょう。

ヘッド部分が開いたら交換を

これは通常のハブラシでも同じですよね。ヘッドのブラシが開いてきてしまったら、必ず新しいものと交換しましょう。開いてしまったブラシを使ってどれだけ丁寧に磨いても、しっかりと効果を得ることはできません。ヘッドのブラシは消耗品なのです。

使い方を守らないと効果が出ない

電動ハブラシは正しい持ち方、適切な歯磨き剤、正しい磨き方、といった使い方を守ってこそ効果を得られるハブラシです。逆に言うと使い方を守らないと効果は得られません。それどころか通常のハブラシ以上に歯や歯茎を傷つけるリスクが高くなってしまいます。必ず使い方をマスターしてから利用するようにしましょう。

歯の汚れは口臭に直結!?今こそ始めたいオーラルケア

恋愛はもちろんのこと、ビジネスの場でも口臭は避けたいところ。人と対面で話すからこそ、口臭に気を使うのはエチケットです。

しかし毎日食事をすることはもちろん、タバコやお酒、甘いもの…などを食べていると当然ですが歯の色が変わってきたり、歯石がこびりつくなどが起きてきます。これもまた、口臭の原因の1つなんですよ。

オススメのホワイトニングケアアイテムといえば『美歯口(びはく)』

プラチナナノ粒子を配合した歯ブラシ・フロス、ライススタイルに取り入れたオーラルケア習慣を提供する30DAYSシリーズ、キシリトールやコラーゲンを配合したセルフケアトリートメントなど、いろんなオーラルケア製品があります。

歯の汚れをしっかりと取り除くことで、口臭を予防。歯も白くなり、歯の健康も保てるので一石三鳥以上はあります。ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね!

オーラルケアといえば『美歯口』詳細はこちら

まとめ

電動ハブラシは通常のハブラシよりも汚れが落としやすかったり、歯磨きの時間を短縮できたり、非常に大きなメリットが得られるハブラシです。しかし、それらのメリットを得るためには、正しい利用方法を把握して実践する必要があります。

正しい持ち方、正しい歯磨き剤選び、正しい角度を把握し、軽くブラシを当てるようにして磨きましょう。これらの利用方法を守ってこそ、電動ハブラシはメリットを得られるハブラシなのです。

しっかりと利用方法を守らなければ、歯や歯茎を傷つける可能性が高くなり、それによって虫歯や歯の黄ばみの原因にもなります。多くの利用者が思っている以上に、電動ハブラシは正しく使うことが重要なのです。