タバコで歯にヤニがついてしまうのはなぜ?ヤニ除去の原因と対策

愛煙家の悩みといえば代表的なものはタバコの値上がりですが、一番は歯にヤニが付着してしまうことではないでしょうか。気が付くと前歯が黒ずんで人前で口を開けて笑えないなんていう経験をされてしまった方もいるかもしれません。

タバコによるヤニの付着は実は放置してしまうことで大きな口内トラブルにつながることもあります。タバコで歯にヤニがついてしまう原因と対策についてチェックしてみましょう。

タバコを吸うと歯にヤニがついてしまうはなぜ?

歯にヤニが付着してしまうのは、喫煙することが原因です。タバコには様々な物質が含まれているため、喫煙時にその物質が前歯から口内へ入ってきます。その物質が口内で結びつくことでヤニが付着してしまうのです。

タバコに含まれるタールが原因

歯に付着するヤニに主原因は主にタールです。タールとはタバコに含まれている物質で真っ黒な色をしているのが特徴。歯に付着すると黒くなることもあるのですが、おおよそ薄い黄色となります。

タールとペリクルが結びついてヤニに

歯の表面には、ペリクルというタンパク質でできた膜があります。ペリクルは唾液からできる成分で形成されており、歯全体を覆うことで外部からの刺激から守ってくれるのです。タールは歯の表面にあるペリクルと結びつきやすいため、ヤニが歯に付着してしまいます。

そのまま放置するとこびり付いて取れにくくなる

歯に付着したヤニはそのまま放置すると、時間の経過とともに落ちにくくなります。これはタールとペリクルの反応がどんどんと強まるため、結果として歯の黄ばみの原因となってしまうのです。

ヤニ汚れをそのままにするのはダメ!

実はヤニ汚れはそのまま放置しておくと口内トラブルにつながってしまうのです。タバコを吸ってから約半日から1日ほどで、タールとペリクルの結びつきは強くなってしまい、歯磨きだけではなかなか取り除けなくなってしまいます。もしヤニ汚れがそのまま残ってしまうとどのようなトラブルにつながるのでしょうか。

どんどん黄ばみが進行する

歯にタールが付着することで歯の黄ばみになります。この黄ばみが積み重なっていくことで、どんどん歯が黄色く色づいてしまい、最終的にはひどく汚れているように見えてしまうのです。

歯垢・歯石が溜まり虫歯になりやすくなる

タバコに含まれるタールはベタベタとしており、ペリクルと結びつくことで歯の表面にしつこくこびりつきます。そのため、歯垢や食べかすがヤニ部分溜まりやすくなってしまい、虫歯や歯周病の原因となります。またタバコの影響で歯茎が下がってしまうと歯根が露出してしまいます。歯根は虫歯に対する抵抗性が非常に弱く、根面カリエスという歯根の表面にできる虫歯を発症しやすくなります。

歯周病が悪化する

場合によっては喫煙しヤニができることで歯周病が悪化してしまうこともあります。前述の通り、歯周病が進んで歯茎が下がることで不健康な歯に見えてしまいます。

口臭が酷くなる

タバコには様々な物質が含まれており、有害な物質も多いため、口内環境が悪化します。タバコが燃える煙の臭いで口臭がひどくなることに加えて、虫歯や歯周病を進行させる細菌が活動しやすくなることで口臭の原因となることもあります。

ホワイトニングをしてもなかなか綺麗にならなくなる

ヤニ汚れが一度付着してしまうと、強く結びついてしまうため、なかなか綺麗に落としきることは難しくなります。

ヤニ汚れを綺麗にする方法とポイント

歯に付着してしまったタールとペリクルが結びつき、ヤニ汚れとなることは把握していただけたと思います。一方でヤニ汚れがなかなか落としきるのが難しいことについても理解できたことでしょう。それでもヤニ汚れを綺麗にしたいという方に、どのように行えば良いのかを確認してみましょう。

まずはクリーニングで汚れを落とす

クリーニングは、歯の表面に沈着した汚れや歯石などを取り除くことです。ヤニ汚れも歯に付着した汚れであるのでクリーニングを行うことである程度までは綺麗にすることができます。クリーニングは歯科医院や審美歯科などで施術を受けることが可能です。

スケーリング・ジェット洗浄・PMTCがついたものを選ぶ

スケーリングとは、歯に付着した歯石を落とすことを指します。クリーニングメニューなどの際にはまず歯石を取り除くのが一般的です。手動で歯石を除去するハンドスケーラー、または超音波で除去する超音波スケーラーが一般的な方法になります。

ジェット洗浄とは、細かなパウダー状の炭酸水素ナトリウムやグリシンを、強力なジェット水流で歯に吹きつけ、表面のしつこい汚れを落とすことを指します。茶渋、タバコのヤニ汚れなどの着色汚れや、細菌のかたまりであるバイオフィルムをしっかり落とすことができます。

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングのことで、専門器具や材料を使って歯の清掃、口内環境を整える治療のことを指します。デンタルフロスなどを使い歯のすき間の清掃から、ブラシやチップ器具で歯の表面を磨き、汚れやバイオフィルムを落とします。最後にフッ素ペーストを塗布しコーティングすることもあります。

ホワイトニングで歯を白くする

歯のクリーニングを行った上でホワイトニングを行います。余計な汚れを落とした状態から歯の漂白を行っていくことで、歯が白くなり、見た目的にも清潔感が生まれます。現在たばこを吸っている方は定期的なクリーニングを行い、歯の状態を見ながらホワイトニングをすることでヤニ汚れの無い歯を取り戻すことができるのです。

一度では綺麗にならないので継続的に続けることが必要

これらの施術は1度もかなり綺麗になりますが、すべての汚れを落としきれるとは限りません。また普段の生活の中でまた汚れが付着してしまうため、定期的に継続していくことが望ましいでしょう。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うことも良いでしょう。ホワイトニング効果とは着色汚れを落とし、本来の歯の色を取り戻すことを指します。その上で光沢材などが含まれていることで、つやのある歯に魅せることが可能です。

研磨剤・発泡剤が含まれていないものがオススメ

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うにあたって、研磨剤や発泡剤の含まれていないアイテムがおすすめです。研磨剤は歯の着色汚れには効果的ですが、歯の表面のエナメル質にダメージを与えてしまうことがあります。また発泡剤が含まれているものの場合、歯磨きをしっかり磨くことができないばかりか口内が泡で辛くなってしまうことも多いです。またこちらも電動歯ブラシでの使用には向いておらず、不使用のアイテムを使用することが良いでしょう。

ヤニ汚れ+ホワイトニング効果!アパガード スモーキン

APAGARD(アパガード) スモーキン 【医薬部外品】 100g

商品の特徴

ナノ粒子である薬用ハイドロキシアパタイト、マクロゴール400、ポリビニルピロリドンに加えて光沢剤であるパール成分を配合したブライトニング処方の薬用歯みがきです。歯に付着した茶渋や赤ワインなの着色汚れ、タバコのヤニに密着しやさしく溶かし落とします。ステインを落としながら光沢剤の働きで白い歯へ、息もすっきりする爽やかなアイテムです。

この商品の口コミまとめ

「定期的に歯医者で洗浄を行ってもらっていましたが、このアイテムを使ってからその回数が減りました。ステインを落とす目的では効果が非常に高いと思います。しかし白い歯へ導く効果についてはあまり実感できないことも。定期的なクリーニング効果を維持したい喫煙者などにおすすめです。」

ヤニが酷くなる前に!タバコを吸う人に試してほしい習慣

なんといってもヤニ汚れは付着しないような予防対策を行うことが肝心です。タバコを吸う方や愛煙家の方に試してほしい習慣についてご紹介いたします。

禁煙する

ヤニ汚れの原因はタバコを吸うことです。そのため禁煙することが、ヤニ汚れに対する根本的な予防策といえるでしょう。しかしなかなか行うことが難しい方も多いため、可能であれば禁煙することを念頭に置いておくのが良いです。あなたは綺麗な歯とヤニ汚れのリスクにさらされる歯、どちらを優先しますか?

ヤニ取りパイプを使う

ヤニ取り用のパイプを使用することで、一回で吸い込むタールの量を減らすことができます。なかには大幅に減らすことができるため、ヤニ汚れの予防効果は高いです。しかしヤニ取りパイプを使うことでタバコの味が変わってしまう場合があることや、コストがかかることが懸念されます。またタバコに含まれる全てのヤニを防ぐことはできないため、根本的な予防策にはならないことは覚えておきましょう。

ノーマルから細身まで使える!テラサキ ヤニ取りパイプ カスタムゴールド

テラサキ ヤニ取りパイプ 細身タイプ対応 フレンドホルダー カスタム ゴールド

商品の特徴

愛煙家のために開発されたやり取りパイプです。たばこの煙をパイプ内の小さな穴に集めて加速、壁に激突させてヤニの原因となるニコチン・タール等衝突除去することができます。ヤニ汚れを防止しながらも、タバコの風味を変えないこともメリットです。ロングセラーとして多くの方に愛用されています。

この商品の口コミまとめ

「タバコの値上がりを受けて安価なタバコを吸うようになり、どうしてもヤニ汚れが気になるようになりました。こちらのパイプを使うことでヤニ汚れを予防できるのも嬉しいです。両切りタバコを吸う時にもおすすめです。ただし吸気抵抗があるためメンテナンスや対策する必要があるでしょう。」

タバコを吸った後はすぐ歯を磨く

タバコのヤニ汚れを予防するには吸わないことが一番の対策です。しかし愛煙家の方には吸わないことは難しいことも多いでしょう。そのためヤニ汚れを防止するには定期的な歯磨きをおすすめします。できればタバコを吸った後はすぐに歯を磨くのが望ましいですが、なかなか難しいこともあります。歯磨きガムや携帯マウスウォッシュなどでケアを行うことも検討してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。普段吸っているタバコのヤニは付着してしまっても、速やかに歯磨きを行うことで、汚れを除去しヤニの付着を予防することができます。その際には丁寧に全体を磨くことで口内を洗浄し、タールとペリクルが結びつかないようにしてあげることが肝心です。タバコを吸った後の歯磨きをいつもよりも念入りに行うことが予防できるので意識してみて取り組んでみることをおすすめします。ヤニ汚れがひどいと感じる方はクリーニングを受けてみましょう。