気になる歯の着色…6つの原因と着色汚れを落とす方法

歯の着色はとても気になるものですよね。人に不衛生な印象を与えてしまいますし、自分でも虫歯を疑いたくなります。今回はそんな歯の着色に困っている人のために、着色の主な原因となる6つの原因と、着色汚れを落とす方法について解説します。

着色に繋がる6つの原因とは?

結論から言うと、歯の着色の主な6つの原因となるのは「食べ物」「タバコ」「虫歯」「加齢」「先天的な原因」「テトラサイクリン系抗生物質」です。もちろん厳密に言えば他にも歯の着色の原因となる要素はいくらでも挙げられるのですが、一般的にはこの6つのいずれかが原因となり歯が汚れてしまっている人が多いのです。

コーヒーやカレーなど色の濃い食べ物や飲み物

これはもっともシンプルな原因ですよね。コーヒーやカレーと言った色の濃い飲食物の色素が歯に沈着することがあります。

しかしなぜ、食べ物の色素が沈着してしまうのでしょうか?お皿だって洗剤で洗えばカレーの汚れも綺麗に落ちますよね。

食べ物の色素が歯に沈着してしまうのは、食べ物の「酸」が関係しているのです。酸が歯に色素が沈着しやすい環境を作っているのです。

酸度の高い食べ物はエナメル質を溶かして着色が進む

酸度の高い食べ物を口に含むと、歯の表面にあるエナメル質が溶けます。歯科の専門用語でいうところの「脱灰」という現象です。

エナメル質とは歯を汚れや細菌から保護する防護服のようなものなので、これが溶けてしまうと着色しやすくなります通常は脱灰が進んでも唾液に含まれる成分がエナメル質を再構築する「再石灰化」という現象によってフォローされるのですが、あまりにも脱灰が極端に進んでしまうと再石灰化が追い付かなくなってしまうのです。

タバコに含まれるタール

これも歯の着色汚れの代表的な原因の一つです。喫煙者は歯が黒ずんでいることが多いですよね。これはタバコの煙に含まれている「タール」が原因です。

タールは非常に着色しやすい粘着質な物質で、しかも色が黒褐色です。喫煙者のみなさんは、食事のあと、無性にタバコを吸いたくなりますよね。しかし、食事の酸によってエナメル質が溶けた状態でタールが付着すれば、歯が黒くなってしまうのは至極当然の結果なのです。

虫歯によって歯に黄ばみや黒ずみができる

これは「原因」というよりも「結果」といえるかもしれません。虫歯になると、その部分が黒くなることが多いです。

虫歯も基本的に歯の脱灰と再石灰化が関与しています。脱灰が進み再石灰化が追い付かなくなると、そこから口腔内の常在菌、いわゆる「虫歯菌」が侵入し、歯を分解してしまいます。その結果として、虫歯になった部分が黒くなるのです。

加齢によってエナメル質が薄くなって黄ばむ

これは抗うことの難しい自然現象であると言えるでしょう。人間の歯を覆うエナメル質は、加齢とともに薄くなってしまうのです。

エナメル質が薄くなると歯が黄ばんでしまう理由は、歯のそのものの構造にあります。人間の歯は主に象牙質でできており、その周囲をエナメル質が覆っている形で作られています。歯の白はエナメル質の色で、その内部にある象牙質は少し黄色っぽい色なのです。

つまり加齢によってエナメル質が薄くなり象牙質の色が出てくることで、エナメル質から象牙質が透けて見えるようになるのです。

生まれつき黄色・茶色っぽい人もいる

これも仕方のないことですよね。人間の体質は一人一人違います。地球上に他者とまったく同じ体質の人間は一人たりとも存在していません。

故に、生まれつきエナメル質が薄い人や、象牙質の色が濃い人がいます。歯の色は人によって違うのが当たり前なのです。

よく「白い歯は健康の証」というふうに勘違いしている人もいますが、白くなくても健康な人だってたくさんいるのです。

テトラサイクリン系抗生物質で起こることも

いわゆる「テトラサイクリン歯」というものです。あまり一般的に聞いなれない言葉なので、ピンとこない人も多いでしょう。簡単に言えば、薬品治療の副作用になります。

これはかなり昔の話になりますが、百日咳やマイコプラズマ肺炎などを患った際、医師から「テトラサイクリン系抗生物質」が処方されることがありました。特効薬として効果を認められていたからです。

しかしこのテトラサイクリン系抗生物質には二つのリスクがあり、現在は使用しないことが一般的になりました。一つ目のリスクは「耐性菌を生み出しやすい薬」であること、もう一つが「副作用が強いこと」です。

副作用は歯に関係するものが多く、エナメル質の形成不全や歯の着色、一過性の骨発育不全などが認められています。この副作用によって歯が変色していることを、一般的に「テトラサイクリン歯」と呼んでいるのです。

ちなみに、テトラサイクリン歯が多いのは昭和40年代に生まれた方々です。今の若い人にはあまり関係はなくなってきました。

着色を防ぐにはどうしたらいい?

以上、歯の着色の原因として主たるもの6つを挙げました。しかし肝心なのは「どのようにして着色を防ぐか」ですよね。以下、主な予防策を挙げますので、ぜひ参考にしてください。

食後すぐの口ゆすぎや歯磨き

これが最高の予防法と言えるでしょう。歯の脱灰と再石灰化をサポートする予防法です。

歯の脱灰は食品の酸や口腔内の常在菌によって進行します。故に食後すぐに口をゆすぐと、口腔内に残った食べ物のカスを除去でき、酸や常在菌による脱灰の進行を軽減させることができるのです。

そしてもう一つ重要なのが、歯磨きのタイミングです。食後すぐに本格的な歯磨きしまうと、脱灰によって弱ったエナメル質にブラシを当てることになります。つまり、再石灰化を邪魔してしまうのです。

理想的なのは食後すぐに口をゆすぎ、それで除去できない食べかすがあるなら軽くブラシをあて、ある程度時間が経ってから本格的な歯磨きをする、という流れです。なるべく習慣化するようにしましょう。

禁煙をする

シンプルな予防法ですが、効果は絶大です。喫煙者は非喫煙者よりも遥かに歯の着色が進みやすいですので、タバコをやめれば、それだけで予防となります。

タバコを吸いたいときはヤニ取りパイプを使う

しかし、タバコは止めたくても止められないものですよね。ヘビースモーカーは何かきっかけがなければ自分の意志だけで禁煙するのは難しいものです。そんなタバコを止められない人の場合は、せめてヤニ取りパイプを使いましょう。

ヤニ取りパイプはタバコの煙からタールを除去し体内への侵入を軽減してくれます。歯の着色だけでなく、健康面でもかなりのメリットがあるのです。

コスパ◎タールをごっそり取るミニパイプスーパー25 ヤニ取り

ミニパイプ スーパー25 ヤニ取り (60P)

商品の特徴

もうすでに使っている、と言う人も多いですよね。昔からヤニ取りパイプといえば、この商品ではないでしょうか。

シンプルな商品だからこそ、長年愛され続けているのかもしれません。

この商品の口コミまとめ

・人に勧められて使ったが、今まで自分の体に入っていたヤニを目視して驚愕した。

・安く1つで何回も使えるので、まとめ買いしている。コストパフォーマンスが最高である。

・健康のために禁煙を試みたが挫折した。そこでミニパイプを使用することにしたが、健康面の効果だけでなく、以前よりも歯が白くなった気もする。

虫歯を治療する

虫歯で歯が着色しているように見えるときは、当然ですが虫歯の治療をするしかありません。すぐに歯医者さんに相談し、治療を受けましょう。

歯が着色してしまった時はどうしたらいい?


もしも既に歯が着色してしまったなら、その着色を落とす必要がありますよね。以下、主な歯の着色の落とし方です。参考にしてみてください。

クリーニングで表面の汚れを落とす

クリーニングとは、歯垢や歯石を落とすことです。自分で歯石を削り落とす人もいますが、素人だとエナメル質を傷つけやすいので、基本的に歯歯医者さんに相談するのがおすすめです。歯石が溜まりやすい人は定期的にクリーニングをすると良いでしょう。

ホワイトニングをする

ホワイトニングは、歯に薬品を塗り着色を直接落とす方法です。1トーンアップさせるだけでかなり白さが蘇ってきます。本的に保険は適用外になりますので注意しましょう。

ホームホワイトニングをする

自宅で行うホワイトニングです。専用器具を用意してもらい、薬剤等を歯に塗ってライトを当てる方法です。自分の好きな時間にできるのがメリットです。通常の歯医者やサロンで受けるホワイトニングで頻繁な通院が難しい場合などは、歯医者さんにホームホワイトニングを相談してみると良いでしょう。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

ホワイトニング効果のある歯磨き粉も市販されています。それを毎日の歯磨きに導入することでもかなりの効果が得られることが多いです。

エナメルケアで白さを取り戻す!シュミテクト PROエナメル

[医薬部外品] シュミテクト PROエナメル やさしくホワイトニング エナメルケア 歯磨き粉 90g

商品の特徴

フッ素により脱灰したエナメル質を強化する歯磨き粉です。ホワイトニング効果と同時に虫歯予防効果も得られます。歯医者さんにこの歯磨き粉の使用を勧められるケースもあります。

この商品の口コミまとめ

・長年使っているが、他の商品に変えると歯がしみるようになったので、もう他の歯磨き粉は使えない。

・はっきりと効果を感じられる歯磨き粉である。

・使用感は他の歯磨き粉と変わらないが、効果は抜群に感じる。

どうしてもすぐ白くしたいときはホワイトニングマニキュア

とにかく今すぐに歯を白くしたい、と言うときもありますよね。そんなときはホワイトニングマニキュアをおすすめします。塗料を歯に塗る商品なので、着色の根本的解決にはなりませんが、即座に効果を得られる方法です。

まとめ

歯の着色の一般的な原因は、主に6つです。その6つのどれが自分に該当しているかを、まずは知ることが大切なのです。そしてその原因によって、予防方法や着色の落とし方も違ってきます。歯医者さんに相談したり、市販品を利用したり、合理的に自分に合った着色対策をしましょう。