育児あるある!インスタグラムで話題の#育児日記20選

育児あるあるが詰まっている#育児日記

みなさんインスタグラムの#育児日記というハッシュタグをご存知ですか?

育児経験者なら思わずうなずいてしまう内容が満載です。

インスタグラムで育児日記が話題になり、書籍を発売したインスタグラマーさんもいますね。

すでに多くのお母さんが、#育児日記や#育児あるあるを覗いているかもしれませんね。

育児のちょっとした息抜きにもおすすめです。

 

子どもあるある!なんでも《パクパクシーズンの到来》

ある時期になると身の回りにあるもの、手当たり次第に口に入れはじめます。

手の届く位置に何も置けないですよね。

声をかけて「ビクッ」とした反応を見たことがある人も多いかも。

 

子ども大好きテープ《おしめテープ出番なし》

おしめのテープが全て剥がされた経験ありませんか?

「えっいつのまに!」日に日に、作業スピードがアップしていきます。

あまりにも楽しそうに剥がしているので、怒ることができません。

 

子どものちょっとした行動に《気持ちがほっこり》

「はい」と可愛い声を出して、おもちゃを渡してくれます。

気づけば私の身の回りが、おもちゃだらけになっていることも。

「ありがとう」の言葉が嬉しいのかもしれませんね。

 

母親は年中無休《あれ、休憩時間がない!》

家事もひと段落ついたし休憩しようと思ったら…

体の上に乗ったり、終いには遊びだすことありませんか?

気づいたら顔の前におしりが!

 

取り合いなんて日常的《みんな大好きお母さん》

おかあさんはやっぱり家族の人気者です。

兄弟ができるとお母さんの隣を争ったりすることも。

車の助手席に誰がすわるかなど、取り合いっこは日常的。

 

起きている時は怪獣!寝ている姿は《まさに「天使」》

時には怪獣のように暴れまわり、騒ぎ出す子ども。

寝ている姿は、天使のようです。

寝相が可愛くて、思わず写真をパシャりとした人も多いのでは?

 

お母さんちょっとびっくり!《えっ何か見えてる?》

子どもは純粋だから、大人が見えないものまで見えるとの噂も。

誰もいないところを、目で追い掛けたりすることも。

大人と見え方が違うのかな?

 

肩車に注意!《頭食べられる率高い》

子どもって肩車とか好きですよね。

肩に乗せると高確率で、頭をがぶりとされることも。

その「もふもふ」した姿が、またかわいいからいいんです。

 

子どもでもあるんです!《この歳でこだわりあり》

手についた感じが気持ち悪いのか、汚れると拭いてと要求。

一丁前な姿に、思わず笑ってしまいます。

食事中だと、また汚れてしまいますがね。

 

一番成長を感じやすい《言葉が増えてきた》

少しずつ言える言葉が増えてくると成長を感じますね。

ちょっとした言い間違えが可愛かったりもします。

1番最初に言えるようになった言葉は何でしたか?

 

お母さん感じる懐かしさ《昔好きだったモノ》

思わず子どもが好きだったものに目が止まりませんか?

成長していくと好みも変わってきますね。

懐かしく感じたり、大きくなったんだなと改めて実感します。

 

子ども流での《オリジナルの言葉》が完成

言葉を覚えはじめる時期のあるある。

ちょっと違った覚え方をしていることありますよね。

そんな姿に「きゅん」としてしまう、お母さんもも多いはず。

 

子どもって《かわいい動き》をするよね

子どもって急に謎の動きをしだしたりする。

その時々のマイブームみたいなものがありますよね。

大変なことも多いけど、笑わせてもらっています。

 

いつまで続くの?《これなに?攻撃》がはじまる

いろいろなことに興味が湧いてくるシーズン。

「これなに?」「あれなに?」「これは?」と連続攻撃。

経験したことがある人も多いはず。

忙しいけれども、できるだけ答えてあげたいですね。

 

卒乳したけどね《まだ、ちょっと恋しい》

卒乳してから、やたらとオッパイに触ってくる。

まだまだ、恋しいのに頑張ったんだなと感じる姿。

しばらくは、大目にみてあげましょう。

 

あれれ?いつの間に《気づいたら寝ている我が子》

ミルクを飲んでいたと思ったら眠っていたことありませんか?

お腹いっぱいになったら眠くなるのは、赤ちゃんも同じようですね。

寝顔が微笑ましい光景です。

 

お母さんご飯が食べれない!離乳食は《タイミングが大事》

「あれ?この前は食べたのに今日は食べてくれない」

タイミングや機嫌が悪いと食べてくれいないことってありますよね。

離乳食を作るだけではなく、あげるのも大変な仕事。

 

大人も子供も変わらない!《大好きなものは反応が違う》

大好きな離乳食だとテンション高めに。

掴まり立ちをはじめたら、離乳食あげる時も動きが活発になりますね。

高さの低いテーブルの方が、安心して離乳食をあげることができますね。

 

お母さんもドキドキはじめての《離乳食》

初めての離乳食は、親もドキドキしますよね。

食べた時の子どもの反応はどうでしたか?

「なんだかいつもと違う」と言わんばかりの表情でした。

 

どうして?《あげると食べてくれない》

ごはんをあげると食べてくれない。

なのに落ちたごはんを拾って食べようとする子ども。

う〜む、「どうしてだろう」と大人は頭を悩ませます。

 

何かしらの《共通点》がある育児

子どもも違えば親もちがうけれど、何かしらの共通点がある育児。

大変なこともあるけれど、ふとした時に感じる成長や可愛らしさ。

そんな姿に癒されたり時には笑って、また頑張れそうな気がしますね。