超ロングヘアはどの位の髪?ケア方法や毎日の注意点

超ロングヘアはどの位の髪?ケア方法や毎日の注意点

オシャレヘアが流行っていますが、中でもロングヘアはオシャレレベルが高いヘアの一つです。単純に伸ばせばいいというわけではなく、そこに美しさがないと逆効果になってしまいます。芸能人でも一定割合でロングヘアの人がいますが、かわいいやキレイを通り越して女神のような感じがするほどです。

ロングヘアの中でも最上級になるのが超ロングヘアです。ロングヘアよりもさらに長い髪ですが、髪が長くなるほどケアも重要になってきます。今回は超ロングヘアがどれくらいの髪の毛かということや毎日のケア方法を紹介します。

超ロングヘアの長さや魅力は?

腰にかかる前後の髪の長さ

超ロングヘアと言えば、ざっくりいうと胸の下まで髪の毛が伸びている状態です。超ロングヘアと言われる人の中には、ひざ下まで髪の毛が伸びている人もいます。一般的には腰にかかる前後の髪の長さまで伸ばすと、超ロングヘアと言われるようになります。

腰にかかる前後まで髪の毛を伸ばすのは大変ですが、それ以上に維持するのが大変です。美しい髪の毛をキープするためには、それなりに努力も必要になります。肩より少し長いくらいの髪の毛は一般的なロングです。

自分の後ろ髪に触れる程度の長さ

超ロングヘアかどうかを判断する方法としてあるのが、自分の後ろ髪に触れることができるかどうかです。自分の後ろ髪に触れることができればロング以上の髪型になります。超ロングヘアを目指すのであれば、最初は自分の後ろ髪を触れるくらいを意識するとよいでしょう。

超ロングヘアになるためには、髪の毛を伸ばしていく必要があるので、時間がかかります。最初はどれくらいまで髪の毛を伸ばすのか目標を立てることになります。目標があった方が楽しみもあります。

少しの風でも大きくたなびく

超ロングヘアの魅力と言えば、風になびく美しい髪です。風に吹かれてユラユラ動く髪の毛は男性・女性問わず、多くの人の視線を集めることになります。髪の毛が短いと風が吹いてもなびくことがないので、髪がなびくかどうかもロングヘアかどうかの境界線になります。

髪の毛が長くなると、それだけケアも大変になりますが、風になびく髪のようにロングヘアしかできないこともあります。超ロングヘアになると、さらにハードルは高くなりますが、ショートヘアには真似できない雄大さもあります。

女神のようなスタイルが魅力

芸能界で活躍している超ロングスタイルの人は、共通して女神のような存在感を放っています。髪の毛がロングというだけで、女神感が大幅にアップします。超ロングヘアの人が相対的に少ないことや、ヘアケアアイテムが充実していることで美しいロングヘアが作りやすくなったことも理由です。

超ロングスタイルをキープするためには、日々の努力も必要になりますが、努力の積み重ねによって女神のような存在感を放つことができます。神々しい雰囲気というのは、簡単に作れるものではありません。

超ロングヘアをケアする時のポイント

毎日のシャンプーとトリートメントがポイント

超ロングヘアにするのであれば、日々のシャンプーやトリートメントが重要になってきます。髪の毛が長いということは、それだけシャンプーで洗う範囲やトリートメントでヘアケアする部分が拡大することを意味します。

美しい超ロングヘアを維持するためには、シャンプーとトリートメントを欠かさないのはもちろんまんべんなくキレイにするのがポイントです。シャンプーやトリートメントに含まれている成分によって得られる効果が変わってくるという点にも気を付けましょう。

髪はしっかりと乾かす

髪の毛を塗れたまま放置すると、髪の毛に雑菌が繁殖しやすくなります。髪の毛を乾かす習慣がないと、髪の毛や頭皮の状態はどんどん不衛生になってしまうので注意が必要です。美しい髪の毛をキープするためには髪の毛をしっかり乾かすのがポイントになります。

髪の毛を乾かすときに、ロングヘアだと時間がかかってしまいます。だからと言ってドライヤーの高温で一気に乾かすのではなく、タオルドライで髪の毛の水分をしっかり吸い取ってからドライヤーを使うことが大切です。

眠るときには結んだりしてケアを

ロングヘアだと、寝るときに髪が傷みやすいという点にも気を付ける必要があります。これは髪の毛が枕や髪の毛同士とぶつかり合い摩擦が生じてしまうことが原因です。摩擦が起こると髪の毛の表面のキューティクルがはがれやすくなってしまいます。

ロングヘアのときは、寝るときに何の対策もしてないと髪の毛が長い分だけ摩擦を受ける範囲が広くなり、キューティクルがはがれやすくなる可能性があります。髪が長いほど、髪の毛が絡みやすくなるので結んでおくと安心です。

ブラッシングでホコリや汚れを取る

超ロングヘアの弱点は、ホコリや汚れが付着しやすいことです。せっかく超ロングヘアになってもホコリがたくさんついているとキレイどころか不衛生に見られてしまいます。面倒でもホコリはブラシを使ってこまめに取り除くことをおすすめします。

ワックスなどを使っているとホコリや汚れが絡まりやすくなるので注意が必要です。固めている髪の毛だと櫛が通りにくいので、気になるところだけ手ぐしでホコリや汚れを取り除くのもポイントになります。

超ロングヘアの注意点

定期的に毛先カットをすること

超ロングヘアにする場合の注意点として定期的に毛先カットをすることがあります。毛先を正確に揃えていないと毛先がまとまりません。全体的にばらついた感じがしてしまうので、美しいロングヘアの効果が半減してしまいます。

面倒でも定期的に美容室に行って毛先をカットしてもらうことをおすすめします。毛先カットを定期的にすることでいつまでもキレイな状態で髪の毛を伸ばすことができます。髪の毛の状態を把握するという意味でも大切です。

髪の毛が引っかかるなどの事故に注意

超ロングヘアは事故のリスクが高くなってしまいます。髪の毛が長いほど、髪の毛が何かに挟まったときが大変です。バイクに乗っているときに長い髪がエンジンに巻き付いてしまうリスク、電車に乗るときに髪の毛をドアに挟んでしまうリスクなどもあります。

髪の毛が傷むだけでなく、命に関わるような事故につながることもあるので注意が必要です。髪の毛が引っかかる事故には十分に気を付ける必要がありますが、危険予測を日頃からしておく必要もあります。

とにかく傷みやすい

超ロングヘアは、シャンプーやトリートメントをしても十分にカバーし切れないこともあります。外気に触れる面積も広く、屋外を移動するときには太陽からの紫外線の影響を受ける範囲も広がります。

そのため、ロングヘアはショートヘアに比べるととにかく傷みやすいのが特徴です。少しでも頭髪のダメージを減らすためにはヘアケアを日中でもこまめに行うようにしましょう。人目に触れないときは髪の毛を束ねるなどの工夫も必要です。

ヘアケアは入念に行う事

超ロングヘアにしても、ヘアケアが行き届いてない髪の毛だと見る人にマイナスの影響を与えてしまいます。ヘアケアは入念に行うことがポイントです。髪の毛が長くなると、それだけヘアケアの範囲が広がってしまうのでこまめなケアがより重要になります。

ヘアケアがしっかり行き届けば、いつまでも美しいロングヘアでいることができます。ヘアケアは毎日継続させることが重要です。ヘアケアを徹底させることで、誰もがうらやむような美しい髪の毛になっていきます。

まとめ

超ロングヘアは美しいヘアスタイルの一つですが、とにかく維持が大変です。単に伸ばせばいいという単純なヘアスタイルではなく、日々のこまかなヘアケアや手入れをすることで美しいロングヘアになっていきます。超ロングヘアでアレンジするときも、髪の毛が傷まないような工夫が必要です。