ロングヘアは寝るときのケアが大事!寝るときのおすすめまとめ髪

ロングヘアだと髪の毛が長いので、何かとヘアケアが大変というイメージを持つ人も少なくありません。起きているときなら意識して気を付けることもできますが、寝ているときは自分でどうにかできるわけではありません。

ロングヘアの人は、寝る時にどんなヘアケアをしているのか気になるところです。また、ロングヘアは寝る時のケアが重要とも言われています。今回は、ロングヘアの人が寝るときの注意点やおすすめのまとめ髪などを紹介していきます。

サラツヤロングヘアをキープ!寝るときのケア方法は?

髪をしっかりと乾かしましょう

お風呂に入ってから、そのまま就寝するという人も少なくないですが、お風呂から睡眠までの時間が短いほど気を付けないといけないのが濡れ髪です。中には面倒という理由から、十分に髪の毛を乾かさずに就寝モードに入る人もいます。

さらさらしたロングヘアをキープするためには、髪の毛をしっかり乾かしてから就寝モードに入ることが大事です。濡れている状態のままだと、表面のキューティクルが開いてはがれやすくなってしまいます。ちょっとした摩擦でも負担になってしまうので注意が必要です。

洗いながさないトリートメントを使う

ロングヘアの人は、少量の洗い流さないトリートメントを使用してヘアケアするのがおすすめです。洗い流さないトリートメントの特徴は、トリートメントで髪の表面をコーティングすることによってロングヘアでも寝ているときに摩擦を抑えることができることです。

洗い流すタイプだと、せっかくのヘアケア成分が一緒に流れてしまうので注意する必要があります。洗い流さないトリートメントを付けることによって、ドライヤーをかけている間の髪同士の摩擦やドライヤーの熱や風からも髪の毛を守る効果があります。

前髪はスタイリングをしてから眠るのもあり

ロングヘアの人は前髪をスタイリングしてから眠るのも方法としてあります。先に前髪をスタイリングしておくことによってロングヘアを髪の摩擦から守ることができます。寝る時にはゆるく髪の毛を結ぶだけでも十分な効果を得ることができます。

前髪をスタイリングして寝ることによって、翌日のヘアスタイルに活かせるアレンジを加えることも可能です。どんなに長いロングヘアであっても、前髪であればスタイリングしやすいので手間もそこまでかかりません。

ロングヘアはまとめ髪で摩擦を防ぐ

美しいロングヘアをキープするためには、ロングヘアをまとめて摩擦を防ぐのがポイントです。摩擦による負担を軽減することができるだけでなく、髪の毛が就寝中に絡まってしまうトラブルを未然に防ぐことができます。

髪の毛が長ければ長いほど、事前にまとめておく効果は高くなります。また寝返りをうったときに発生する摩擦を軽減する効果もあります。ロングヘアはまとめて、就寝中の摩擦を減らすようにしておくとよいでしょう。

寝るときにロングヘアをまとめるやり方

高めの位置で、ゆるふわお団子

お団子ヘアは前髪アレンジでキュートからエレガントまで自由自在

寝る時のロングヘアでおすすめなのが、ゆるふわお団子ヘアです。お団子ヘアにすることで、長い髪の毛を一つにまとめることができます。寝る時に髪の毛がばらけてしまうのを防ぐ効果や急な来客があってもオシャレな感じを演出することができます。

お団子にするときは、高めの位置でお団子を作るのもポイントの一つです。ゆるくふわっとした感じを演出することで、寝る時ようの髪型としてだけでなく、日中の活動にも使える髪型にすることができます。

低めツインテール

寝る時は髪の毛をまとめるのが基本ですが、その際にツインテールにしてまとめるのもおすすめです。ツインテールにすることで髪の毛がばらばらにならないだけでなく、オシャレヘアを楽しむこともできます。

ツインテールを作るときは低めで作るのもポイントです。高めで作ってしまうと、髪の毛がバラバラになりやすいので注意しましょう。ツインテールはロングヘアのヘアスタイルとの相性もいいので普段から作っておくとよいかもしれません。

サイドテール

サイドテールは髪の毛を頭の後ろでまとめるのではなく、耳の近くでまとめるアレンジになります。ツインテールは髪の毛を二つの束にするのに対し、サイドテールは一つの髪を束ねるのが特徴です。トレンドでもありますが、寝る前に作る髪型にもおすすめです。

ポイントは三つ編みを耳の後ろから首の中央に向かい編んでいくことです。カーブの三つ編みができるので、編むときはきつめにしてヘアゴムで結んでいくと完成になります。簡単に作ることができるのはメリットです。

ナイトキャップでまとめる

ナイトキャップというのは、夜寝るときに髪の毛の乱れを防ぐために装着する帽子のことです。ナイトキャップには髪の毛の摩擦を防ぐ効果がありますが、寝ているときに寝返りをうっても髪の毛がちらばることがありません。

ナイトキャップをかぶることによって、直接的に空気に髪の毛が触れないようにできるので乾燥するのを防ぐこともできます。保湿する効果もあるので、トリートメントを愛用している人も高い効果を得ることができます。頭皮が乾燥してかゆみが出やすいという人にもおすすめです。

ロングヘアをまとめて寝るときの注意点

ゴムはキツく結ばない

夜寝る時にロングヘアをまとめるときの注意点としてあるのが、ゴムでキツく結ばないようにすることです。ゴムできつく結んでしまうと、分け目が固定されることによって髪の毛がクセづけされてしまいます。固定することで髪の毛自体にもストレスがかかりやすい特徴があります。

きつく結ぶことは結び目の部分に物理的な刺激を与えることにつながります。また、髪の根元に近い位置だと多めの髪をまとめることで毛根に牽引力が加わるので、長時間続いてしまうと毛根のダメージから脱毛になるので注意が必要です。

前髪はヘアピンで留めるのもおすすめ

ロングヘアの人には、前髪もある程度伸ばしている人がいます。後ろ髪のように長いことはありませんが、前髪を伸ばしているときは寝る前に束ねておくことをおすすめします。前髪の場合はゴムで結ぶよりも、ヘアピンを使って髪の毛を固定するのがよいでしょう。

ヘアピンはシンプルに見えて奥が深いヘアアイテムです。ヘアピンは髪の毛をまとめる働きがありますが、オシャレにアレンジすることもできます。ヘアピンが一本あれば、前髪を止めることができます。

翌朝やりたいヘアスタイルに近い髪型でまとめ髪すると楽

ロングヘアは、髪の毛のアレンジバリエーションが多いメリットがあります。翌朝どんな髪型にしようか考えている人もいるかもしれませんが、できるのであれば翌朝やりたいヘアスタイルに近い髪型でまとめ髪にするのがおすすめです。

したいヘアスタイルに近ければ、それだけ新しいヘアスタイルを作るのも簡単です。摩擦を少しでも抑えるためには、髪をまとめるのが一番の方法であることを考えると、したいヘアスタイルに近づけてまとめておくのは一石二鳥です。

洗いながさないトリートメントをつけて寝る

洗い流さないトリートメントを使うメリットは、髪のダメージを補修する効果があることです。トリートメントが髪の毛の内部に浸透した後は、毛髪補修作用が働くことによってダメージを受けている髪の毛の健康増進を図ることができます。

結果として、トリートメントをつけることによって髪の毛のハリやコシが復活してボリュームアップにつながります。洗い流さないトリートメントには高い保湿効果もあるので、健康的な髪をキープすることにもつながります。

まとめ

いかがでしたか?ロングヘアは寝る前の一工夫で健康的な髪の毛をキープすることができます。まとめ髪を作るときも、翌日のヘアスタイルのことも考えておくと便利です。ロングヘアはさまざまなヘアスタイルに応用することができるので、ケアをしながら新しいバリエーションを考えてみるのもよいかもしれませんね。