2018年夏公開の映画は《続編シリーズ》が盛りだくさん!見逃せないその後…!?

夏になれば、毎年多くの映画が公開されますよね。今年は、過去に人気の高かった映画の続編が目白押し。過去の作品を再度、視聴してから最新の続編映画を楽しむと、さらに内容に深みが増すことでしょう。もちろん、続編のみを楽しむのもアリ!?

ジュラシック・ワールド/炎の王国(7月13日公開)

ジュラシック・ワールド (字幕版)

1993年に公開された「ジュラシック・パーク」シリーズの第5作目で、「ジュラシック・ワールド」の続編。テーマパーク「ジュラシック・ワールド」の3年後を描いています。

恐竜が自由に生息している島で、大噴火の予兆が。自然に任せるのか、それとも人間は恐竜を救うべき立ち上がるのか。大スケールで、ハラハラドキドキが止まりません!

インクレディブル・ファミリー(8月1日公開)

Mr.インクレディブル (吹替版)

2004年公開の「Mr. インクレディブル」の続編。家族で楽しめるアニメ映画です。吹替え版では黒木瞳、三浦友和、綾瀬はるかなどが担当しています。

母親が任務で外出し、父親が留守番。そんな最中、敵が出現!家事も育児もしないといけないのに、世界の危機にも立ち向かわなければなりません。迫力満点で前作を超えたと言わしめる、高評価の作品です。

ミッション:インポッシブルフォールアウト(8月3日公開)

ミッション:インポッシブル/ ローグネイション (吹替版)

トム・クルーズの「ミッション:インポッシブル」シリーズの第6作目。同時核爆弾が3つの都市で企てられているとの情報が入り、それを未然に防ごうと奮闘するのですが…。

トムは、ビルからビルへとジャンプするシーンを撮影中、骨折してしまいます。そのシーンはそのまま映画でも使用されているので、リアルな演技(?)にのめりこむ!危険と隣り合わせの、まさに真に迫った映画ですね!

銀魂2 掟は破るためにこそある(8月17日公開)

銀魂

漫画を実写化した作品は不評を浴びやすいのですが、この作品は珍しく評価の高い作品です。原作に忠実なキャラ設定とSF時代劇コメディーで奇想天外なストーリーが好評。

今作は「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を描いています。思いっきり笑って、思いっきり泣ける映画なので、気分爽快になれるはずですよ。

マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー(8月24日公開)

マンマ・ミーア!(字幕版)

2008年の前作から10年後を描いています。娘が妊娠し、母親の過去が映し出され、祖母が島にやって来ます。ギリシャの美しい風景と共に、ロマンティック・コメディ・ミュージカルで軽快なリズムに心が弾む!

観終わった後にハッピーな余韻が残る、素敵な映画となっています。

BLEACHブリーチ(7月20日公開)

映画 BLEACH 写真集 DEATHBERRY DAYS DOCUMENT

待ちに待った人気漫画の実写映画!爽やかなイメージで人気の俳優、福士蒼汰さんが主人公を演じています。まだ続編はありませんが、来年には続編が公開されているかもしれません。今年の新作映画からはいくつ続編に繋がるか楽しみですね!

今年の夏は、何度も映画館に足を運びそう!?

気になる「その後」のストーリー、更に待望の新作と、見逃せない映画がいっぱいの2018年夏! 家族と、恋人と、またはソロで!この夏はぜひ、映画館で会いましょう!