とれかかったパーマを復活させる方法は?毎日のケアのコツ

セミロングの基本の巻き方と、おしゃれな巻き方徹底解説!

それぞれ個人によって髪の長さは異なっていますが、中でも最も短いのがショートヘアです。また最も髪が長いのがロングヘアですが、どちらも見た目の雰囲気が違うため、それぞれ違った印象を与えることができます。しかしスタイリングを自分で行おうと思ってもなかなか難しいものです。ショートヘアでは髪が短すぎるため、ヘアスタイルのバリエーションを多くしにくいといえます。反対にロングヘアでは、髪が長いためスタイリングが難しくなってしまいます。

ロングほど長くないセミロングは、女性的でエレガントな印象から、キュートな雰囲気までいろんな印象を与えることができます。またスタイリングがしやすいというメリットがあります。このセミロングを自分でスタイリングしていこうと思った時に、なかなか自分でうまく仕上げることができないという方もいます。しかし基本を身に着けて正しく行っていけば、自分の思ったヘアスタイルにしていくことができるのです。そこでその方法について説明をしていきたいと思います。

セミロングの巻き方の基本は?


セミロングの髪は適度に長さがあり、いろんなヘアスタイルを作っていくことができます。大人っぽい雰囲気のヘアスタイルだけではなく、キュートな女性を演出するようなヘアスタイルも自在にできます。ショートやロングヘアよりもスタイリングがしやすい点がセミロングの大きな特徴であり、また魅力でもあります。しかしカールをつけようと思っても、なかなか自分の思ったような感じに仕上がらないという方も結構いるものです。

カールが付いたヘアスタイルはよりフェミニンで印象的な雰囲気を引き出していくことができます。基本を知り、何度も繰り返していくことで自然と正しい方法を行っていくことができるものです。そこでセミロングの巻き方の基本について説明をしていきたいと思います。特に巻くときのコツをしっかりと覚えて、きれいなカールができるようになってください。

スタイリング剤を髪に付け、ブローして乾かす

髪にカールをつける前に、スタイリング剤をまず全体につけていきます。コテを使う際に熱を加えるため、髪にダメージを与えてしまう恐れがあります。髪が傷むとしなやかさなどが失われ、スタイリングがきれいにできても美しい見た目にならない場合もあります。そのため、スタイリングの際にはスタイリング剤を使うことが大切です。またスタイリング剤を使用することで、ヘアスタイルが長時間キープするメリットも得られます。

スタイリング剤を適量全体につけた後にドライヤーでブローをしていきます。ラフにブローをする程度で構いませんが、あまりしっかりと乾かさないようにしてください。またブローをしながらブラッシングを行い、髪の絡みがないようにしておくことが大切です。

コテを温めて巻いていく

髪にカールをしていきたいときには、あまり毛束を多く取らないようにしてください。細かく巻くのは面倒だと感じて多くの毛束を取ってカールを作ろうと思いがちですが、それではきれいな仕上がりにならないことがあるので注意です。

まず、毛束を適量取り、コテを使って滑らせるようにしていきます。この作業で髪を適度に温めることができます。その後に髪をコテで巻いていきます。

髪を巻くときには、根元部分からではなく少し離れた部分から巻いていきます。少し巻いてコテを滑らせ、再度同じように巻きます。この作業を繰り返しながらきれいなカールを全体的に作っていきます。少し時間がかかりますが、美しいカールを作るために欠かせない作業なので、丁寧に行うようにしてください。またあまり長く巻くと熱によるダメージを髪に与えてしまうため、手際よく行うことが大切です。

巻いた髪を冷めるまで放置

コテでしっかりとカールを作ったら少し手ぐしでほぐします。あまり強くほぐす必要はありません。あまり強く髪を扱うと、髪のキューティクルが剥がれやすくなったり、切れ毛を引き起こしてしまいます。髪を手ぐしで優しくほぐした後は、しばらく髪を放置してください。これは髪の温度が下がるのを待つためで、髪の保護にもなるため、必ず行うようにしてください。適度に髪が冷めてから次の作業に移るようにしましょう。

スプレーなどを使ってキープして完成

髪をしばらく冷めるまで放置したら手ぐしで最後の仕上げを行っていきます。ナチュラルな雰囲気にするために、あまりしっかりとヘアスタイルを作るのではなく、ざっくりとラフに手ぐしで最後の仕上げを行うようにしてください。その次にスタイリング剤を使ってヘアスタイルが長時間キープできるようにしていきます。

髪が細い方は油分の多いスタイリング剤では長時間ヘアスタイルをキープすることができなくなってしまいます。そのためスプレーが最も適しています。髪全体にスプレーを噴霧し、ヘアスタイルがきれいにキープできるようにするといいでしょう。

セミロングをゆるふわに巻く巻き方

セミロングの髪はいろんなヘアスタイルを作っていくことができます。セミロングのヘアスタイルで特に人気のあるのがゆるふわなカールをした髪型です。ふんわりとした感じでフェミニンさを引き出してくれます。またキュートな感じになりますし、大人っぽく仕上げることもできます。自在に自分のイメージ通りの雰囲気が作られるため、ヘアスタイルを作るときに取り入れていきたい髪型です。

セミロングの髪にカールをつけたいときには、自分で巻いて作っていくことができます。そのため、正しい巻き方を覚えていく必要があります。慣れていけば時短で巻けていきますし、きれいな仕上がりになります。ここでセミロングをゆるふわに巻く巻き方について説明をしていきたいと思います。ゆるふわ巻き初心者の方はコツを覚えて実際に試してみてください。

巻く方向は内巻を多めにする

セミロングの髪は十分な髪の長さがあるため、きれいなゆるふわカールができます。セルフできれいな仕上がりにするために、コツをまずは覚えていく必要があります。髪を巻くときにはコテを使用しますが、内巻きを多めに行い、外巻きはあまり多くしないことがきれいな仕上がりのコツになります。内巻きではコテで数秒巻き、その後に髪を滑らせていきます。そして髪を内巻きにして数秒同じ状態をキープします。

外巻きについても内巻きと同じような作業を行っていきます。ただ外巻きの回数は内巻きよりも少なめにし、またあまり長く巻かないようにしてください。このコツを覚えて実践すればきれいなゆるふわカールができ、フェミニンでエレガントな雰囲気を作り出すことができます。

巻くときは髪の毛を引っ張りすぎない

ゆるふわな雰囲気にしていくために、コテを使って髪にクセをつけていきます。この際にあまり長く同じ状態をキープしないようにしてください。長く巻くと変なクセが付いてしまい、きれいなふんわり感を出すことができません。また髪に熱によるダメージを与えてしまい、髪のまとまりがなくなってしまいます。

コテを使って巻く時には、あまり髪を引っ張らないようにしてください。抜け毛の原因となってしまいます。コテを強く引っ張らなくても、しっかりとコテで巻けばきれいな仕上がりになります。コテを扱う手にあまり力を入れないようにしつつ、ナチュラルな感じで巻くと引っ張ることもありません。

ドライヤーでブローをする時にボリュームを出す

セミロングのゆるふわな感じはコテだけでは作りにくいものです。独特のふんわりした感じのあるボリューム感はドライヤーによるブローが決め手になります。ドライヤーで髪を乾かしながらふんわりとした感じを引き出していきます。ブローをする際には、髪の根元を乾かすようにしていきます。この時に髪の中の部分にドライヤーの熱を送るようにしてみてください。

ブローではあまりしっかりと乾かす必要はありません。あくまでも適度に乾いた感じにするだけに留めておいてください。ざっくりと乾かしながらボリュームが出るようにしてみてください。特に髪が細くて柔らかい方はボリュームが出しにくいため、根元部分が少し立つような感じにしていくといいでしょう。

ふんわりキープ出来るスタイリング剤を使う

髪が細い方などはふんわりした感じをブローによって出しにくいため、スタイリング剤を使用することをお勧めします。スタイリング剤はいろんなタイプがありますが、髪が細くて柔らかい方は油分が多いタイプを使用するとボリュームが出にくくなり、べたつきも気になってしまいます。そのため、油分が少なくボリュームが出やすくなるアイテムを使用するようにしてください。

スタイリング剤を全体につけたりスプレーして、ブローをしていきます。スタイリング剤は髪を熱から保護する働きもあるため、コテを使って髪を巻く際に髪がダメージを受けにくくなります。またコテの滑りがよくなり、キューティクルを剥がしにくくなるため、積極的にスタイリング剤を使用するようにしてください。

自分で出来る、セミロングの簡単おしゃれ巻き方

セミロングのヘアスタイルにしたことがない方、またセミロングの方であまりスタイリングが得意でない方はおしゃれに髪を巻くことが難しいと思われるのではないでしょうか。きれいに巻けると仕上がりもとてもよくなりますし、またボリューム感が出てフェミニンな印象を作り出すことができます。髪を巻くことは案外コツを覚えていけば、誰でもきれいに仕上げることができるものなのです。

ここで自分でも簡単にできる、セミロングの方向けのおしゃれな巻き方について説明をしていきたいと思います。コツを覚えて実際に何度か試してみてください。徐々に慣れていけばきっとスムーズで、きれいなカールを作れることでしょう。

ゆるふわ可愛い内巻き


ゆるふわな内巻きは今では人気のあるヘアスタイルですが、内巻きがきれいにできないと悩む方も結構多いものです。ゆるふわの内巻きを上手に行うコツは毛先を巻かないということです。毛先まで巻いてしまうとゆるふわにならず、しっかりと巻いた感じになってしまいます。そのため、毛先から少し離れた部分からコテで巻くようにしてください。

巻くときには優しく巻き、数秒間だけ巻いた状態をキープするようにしてください。長い時間巻くとカールが強くなってゆるふわな状態になりにくくなってしまいます。また少し離れた場所にコテを滑らせ、その際にコテで巻いて数秒間同じ状態をキープします。この流れを繰り返していけばきれいなゆるふわ巻きができます。

カジュアルや外巻き


外巻きをする際には、コテの反対側を外側にして巻いていきます。巻くときには内巻きと同じような作業を繰り返していきます。巻く際には強くコテで巻かず、優しくふんわりとした感じになるように腕に力を入れず巻いていきます。また巻く時間も、内巻きと同じように数秒間だけに留めておきます。髪にダメージを与えないためにも、数秒間だけ巻くことを厳守してください。

パーマをかけたようなミックス巻き


まるでパーマをかけたようなミックス巻きですが、これは内巻きでカールを作った後に外巻きを行って仕上げています。そのため、内巻きのやり方と外巻きのやり方の両方を覚えてやってみるときれいなミックス巻きができます。ただ注意したい点として、外巻きはあまり多くやりすぎないようにしなければなりません。内巻きを多くして、外巻きは少なめにすることを覚えて実践すればきれいなミックス巻きができるようになります。

華やかウェーブ巻き


外国人風でセクシーな印象を与えることで人気なのがウェーブ巻きです。大きな波になっているような女性的なウェーブがとても素敵です。このウェーブ巻きも実は自分でコテを使って作ることが気軽にできるのです。ウェーブ巻きでは内巻きと外巻きを両方行っていくことで自然とできてきます。くれぐれもクセが強い感じにならないように、コテで適度なウェーブを作るようにしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。適度な長さがあっていろんなヘアスタイルを楽しめるセミロングですが、ヘアアレンジによっていつもとは違った印象を与えることができます。またヘアアレンジも難しいものではなく、自宅で誰でも気軽にできるものなのです。コツを覚えてゆっくりとチャレンジしていけば、きっと自分のイメージ通りのヘアアレンジにしていくことができます。