冷え性対策にサプリメント!有効な成分とおすすめ商品!

冷え性は夜寝付けなくなったり、集中ができなかったりといろいろな問題を招く症状ですので、お悩みの方もおられるかと思います。特に女性の方は慢性的な冷え性に悩まされている方は多いのではないでしょうか。冷え性の克服の一つとして、サプリメントを試してみてはいかがでしょう。今回は冷え性の基本的な知識と、効果的なサプリメントについてご紹介いたします。

冷え性の原因

慢性的な冷え性にお悩みの方は多いかと思います。実際どのような原因で冷え性は起こっているのでしょうか。実は冷え性の原因はひとつだけではなく、人によって様々な原因から冷え性の症状が起こっています。原因を突き止めることで、根本的な冷え性改善につながることもありますので、どのような原因から冷え性が起こるのかチェックしておきましょう。

筋肉量が不足


冷え性の原因の一つに筋肉量が不足しているというものがあります。実は人間は摂取したエネルギーを体温維持にかなり使っています。その仕事の実に七割を筋肉が行っていますが、この筋肉が不足していることで体温の維持がうまく行かず、冷え性につながっています。冷えるからと言って着込んだり、室温の調整だけで体温を調整することでより筋肉量は減り、冷え性の症状が悪化するという悪循環にもなってしまいます。また、無理なダイエットによる筋肉量の著しい低下も冷え性の原因の一つになっています。これらのことから筋肉量の不足による冷え性は女性に多い原因とされています。

運動不足


こちらの運動不足は前述の筋肉量の不足にも関係があります。運動をしないことによって筋肉量が不足し、冷え性の原因となるというものです。またそれ以外にも筋肉には毛細血管がたくさんあるため適度な運動は血流を良化し、体を温める効果があります。夏なのに冷え性に悩んでいるという人は、この運動不足が原因の人が多いです。

ストレスによる血行不良


ストレスによる血行不良から、冷え性になってしまう場合もあります。ストレスや不安によって自律神経のバランスが乱れてしまうと血流が滞ってしまい、せっかく体が作った熱を全身にうまく送ることができなくなってしまうため、冷え性の原因とされています。この自律神経のバランスの乱れはエアコンの効いた室内と暑い屋外を出入りして、血管が収縮、拡張を繰り返すことでも引き起こされるとされていますので、エアコンの効いた部屋にも注意が必要です。

貧血

貧血が原因で冷え性になる場合もあります。ご存知の方が多いとは思いますが貧血の原因は鉄分の不足です。鉄分が不足し、貧血気味になると血流が弱くなり、血管を通って熱を全身に運ぶ働きも弱くなって、冷え性の症状を引き起こします。

冷え性で起こる悩み

冷え性からはいろいろな問題が引き起こされます。ただ単に寒さを感じて辛いというだけではなく、不眠やしもやけなど、さまざまな症状を引き起こしてしまいますので、冷え性は早く治ってほしいですよね。ここでは冷え性でどのような症状があるのかということについてご紹介いたします。症状を把握することで早期改善にも繋がりますので、是非チェックしましょう。

不眠


体の冷えによって夜寝つきにくく、不眠になってしまうというケースもあります。血流が悪くなって体温の調節がうまくいかないことによって体が冷えてしまうというメカニズムですので、血流を良くすることで解消可能です。血流を良くするためには入浴が効果的で、温めのお湯にゆっくり入って全身を温めましょう。炭酸入りの入浴剤を活用することで効果を促進できます。シャワーだと効果が薄いので、面倒でも浴槽に浸かることをおすすめします。血流を良くすることで副交感神経を優位にし、リラックス効果もありますので、おすすめです。

しもやけやあかぎれ

手や足の指先が冷えて辛い、末端冷え性に悩んでいる方も多いかと思います。血流が悪いため、体の中心の温度は温かいのに手足などの体の末端まで血液がうまく行き届かないためにこのような症状になってしまいます。このような末端冷え性が起こることで、しもやけやあかぎれを起こしてしまうケースがあります。冷えによって手足の血行に障害が起こると、赤い発疹や腫れが生じ、痒みや痛みを伴うしもやけや、水分喪失に寄る肌の亀裂や出血、痛みを伴うあかぎれになりやすくなってしまいます。

手や足の先が冷える


前述のように体の中心は暖かくても、体の末端だけが冷え性に悩まされる末端冷え性の代表的な症状が手や足先の冷えです。体温が正常でも、手足の指先だけに冷えを感じます。寒くなると血管芽腫祝するため血流が悪くなり、心臓から送り出される温かい血液が末端まで行き届かず、冷えを起こします。冷えが酷いと痛みを感じたり、しもやけやあかぎれを併発することもあります。

冷え性対策のサプリメントに求めたい成分

冷え性にお悩みの方は、サプリメントを試してみるのも一つの手だと思います。サプリメントで不足している栄養素や、体を温める成分を摂取することで、冷え性を解決することができるケースがあります。ここでは具体的に冷え性を解決する成分である、カプサイシンとサポニンの2つについてご紹介いたします。

カプサイシン


カプサイシンという成分は聞き覚えのある方も多いと思います。唐辛子に含まれているカプサイシンは冷え性対策になります。カプサイシンには中枢神経を刺激して、アドレナリンなどのホルモン分泌を促進する効果があります。これによって脂肪分解酵素が活性化され、血行が促進され、新陳代謝が活発化されます。また、冷え性の原因でもあるむくみの解消にも効果があります。体温を上げるのに即効性があるため、すぐに効果があるのがカプサイシンの良いところですが、持続性はないため、根本的な解消には不向きのサプリメントです。

サポニン

サポニンという成分は、漢方薬で有名な高麗人参に含まれており、悪玉コレステロール値を下げて血液をサラサラにする上、血管を拡張して血流を促進する働きがあります。高麗人参を売りにしているサプリメントは多いかと思いますので、高麗人参が入っているサプリメントを飲むことでサポニンを摂取することができます。高麗人参にはサポニン以外にも徹夜マグネシウムなど、栄養素の代謝を助けるミネラルも豊富に入っていますので、代謝を良くして冷え性を解消するのに非常に適したサプリメントとなっています。

冷え性対策のサプリメントで人気の商品

冷え性を根本的に解消するためには、原因をしっかりと突き止めて、それを解消していくのが一番ですが、忙しくて時間をとることができなかったり、とにかく即効性のあるものを取り入れたいという方はサプリメントを試してみましょう。また、適度な運動などと併用して冷え性対策をすることで、その効果を促進することができます。ここでは冷え性対策におすすめのサプリメントをご紹介させていただきますので、是非参考にしてみてください。

ほっとカプセル

ほっとカプセル
ほっとカプセルのご紹介です。国産生姜を使用しており、動かなくても体温を上げる効果を持つサプリメントですので、オフィスで動くことができないけど冷え性で辛いという方におすすめです。成分は土佐一生姜、ヒハツエキス(デキストリン含有)、ケルセチン、アセロラエキス(ビタミンC30%含有)、ローズヒップエキス、トウモロコシ由来プルラン(遺伝子組み換えでない)となっています。

ヘスペリジンで花粉対策 青みかんの力【阿蘇の天然ミネラル+亜鉛酵母+しょうが】1袋(約1ヶ月分)

ヘスペリジンで花粉対策 青みかんの力【阿蘇の天然ミネラル+亜鉛酵母+しょうが】1袋(約1ヶ月分)
ヘスペリジンで花粉対策 青みかんの力【阿蘇の天然ミネラル+亜鉛酵母+しょうが】1袋(約1ヶ月分)のご紹介です。天然ミネラルや亜鉛酵母、生姜が入っており、体のなかからポカポカする効果があります。

noi ぽかぽかサプリメント 金時生姜+7種

noi ぽかぽかサプリメント ヘスペリジン 金時生姜+7種 金時しょうが 金時ショウガ モノグルコシルヘスペリジン 糖転移ヘスペリジン
noi ぽかぽかサプリメント 金時生姜+7種 金時しょうが 金時ショウガ モノグルコシルヘスペリジン 糖転移ヘスペリジンのご紹介です。冬も夏もとにかく寒い方、冷える、夏のエアコンが辛い方におすすめのサプリメントです。普通の生姜よりも濃い、金時生姜に7種の有用成分を使用した燃焼系サプリです。のんですぐにからだがぽかぽかしてくる即効性が人気のサプリメントです。

まとめ

今回は冷え性の原因とその解決方法についてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。冷え性には様々な原因がありますので、まずはその原因を突き止めることが重要です。サプリメントはとにかく早く体を温めたいときや、根本的な解決の補助に使うのがおすすめですので、ぜひ参考にしてみてください。