便秘の種類を把握!原因や解消方法を紹介!

便秘は、人によって原因も様々で、病状も違います。まず、原因を特定し、便秘がこれ以上にひどくならないように、日々の生活習慣を改善することから心がけましょう。放置すると、病状が悪化してしまう危険があります。ここでは、便秘を解消するためどうすればよいか、便秘の種類と改善方法についてご紹介します。

便秘の種類

便秘の種類にはけいれん性便秘、直腸性便秘、器質性便秘、器質性便秘があります。症状が顕著になり、痛みや負担がはっきりと現れている場合には、早期に改善するようにしましょう。人によっては便秘を繰り返しているため、「そのうち治る」と症状を軽視していると、さらに悪化してしまう危険があります。ここでは、これら便秘の主な症状について解説していきます。

けいれん性便秘

腸がけいれんしたような動きをすることで、腸の働きが悪くなり、結果として便秘になっています。ストレスが多いときや、交感神経が優位な生活をしていると、みられることが多いです。間食が多い、夜更かしが多い、運動不足が目立つ、などの方は注意してください。

直腸性便秘

女性に多い便秘が「直腸性便秘」で我慢して便をしないことが多いと、症状が顕著になる可能性があります。接客や立ち仕事などで自分の都合でトイレに行くことが制限されてしまうと、症状が顕著になります。食事のリズムや用便のリズムを生活習慣全般で整えることで改善できるようになります。

器質性便秘

食事のバランスが崩れており、間食が多い、甘いもの、油分が多い食事をしていると器質性便秘になっている可能性があります。毎日の食生活を見直すことで、大幅に改善できることも珍しくありません。もし、食生活で便秘になる原因があるのでしたら、早めに食生活を改めるようにして、解消できるように心がけましょう。

弛緩性便秘

日常的な運動量が少ない、ダイエットなど食事制限をして十分に食事をしていない、などが原因でなるのが弛緩性便秘です。腹筋の筋力が衰えていることが原因で、十分に腸の働きができなくなり、症状が悪化してしまう危険があります。意識して毎日の習慣を改善しなければ、簡単には改善しないため、注意が必要です。

便秘の種類別の特徴・原因

便秘の原因は人によって種類も原因も違います。放置しておくと、症状が悪化して重篤になる危険があります。まず、自分の便秘がどのような症状があり、原因が何によることなのかをつきとめましょう。原因がはっきりとしたら、改善するために毎日、意識して悪い習慣を断ち切ることを心がけるようにします。便秘の種類別の特徴と原因についてご紹介します。

けいれん性便秘の特徴・原因

けいれん性の便秘は腸がストレスによってけいれんしてしまい、消化が十分に出来ていないことが原因になっています。便が丸くなって「ウサギの糞」のような状態だと該当している可能性が高いです。下痢、便秘を繰り返すこともあります。不規則な生活が目立つと原因となっているため、生活習慣全般を見直すように心がけましょう。

直腸性便秘の特徴・原因


直腸性便秘の特徴は腹部が便秘によって膨れたような自覚症状があることです。原因はトイレを過度に我慢していることが多いと、症状が顕著になることがあります。習慣が慢性化してしまうと、便秘もひどくなり、痛みが伴うこともあります。

器質性便秘の特徴・原因

器質性便秘の原因としては、食生活が原因となっていることが考えられます。便が黒くなっている、海藻類を食べる習慣がない、肉類を食べることが多い、などが原因となっています。食生活全般が原因となっていることが多いため、早い段階で食生活の問題を解消をされるようにすることが肝心です。

弛緩性便秘の特徴・原因

弛緩性便秘は、腹筋の働きの衰えで腸の働きが悪くなり、結果として便秘になっている悪循環が原因です。便秘以外にも肌荒れなどの症状がみられることもあります。体力が無くなった、食事制限が目立つ、などが原因で症状が悪化している危険がありますので、早めに食生活の改善と、腹筋を鍛える運動を取り入れましょう。

便秘解消の方法

便秘の解消方法は、消化器官の働きが悪くなっていることに原因があります。また、食生活全般、運動不足など、生活習慣に原因が根ざしている可能性があります。一度、生活習慣を見直し、生活のリズム全般を整えるように心がけるようにすることが肝心です。便秘解消の方法について、どのようなことを心がければよいかご紹介します。

体操で腸を動かす


便秘を解消するには、運動不足にならないためにも、体操を心がけるようにするとよいでしょう。毎日早朝に10分から20分程度、軽く体操をするとよいでしょう。ヨガの要素を取り入れた体操も有効です。有酸素運動を心がけ、ストレスがかからないように注意をします。体操を心がけて、腸を動かすようにすれば、腸の働きがよくなり、便秘の解消につながります。

サプリメントを活用


便秘解消のためのサプリメントが現在、多く登場しています。ビタミン類や食物繊維は腸の働きを整え、便秘解消に役立ちます。食生活が偏っている、不規則になりがちな方であれば、サプリメントを活用してみるのもよいでしょう。手軽で毎日継続しやすいですし、効果があるのであれば、便秘がひどいときに活用してみましょう。注意点はサプリメントに頼りすぎてしまわないように、生活習慣も見直すことを忘れてはいけません。

便秘解消にいい食べ物を食べる


便秘の解消によい食べ物は、ヨーグルトなどの乳製品でビフィズス菌など腸の働きを改善する食品を毎日の生活で取り入れる方法があります。また、食物繊維が多く含まれている野菜類であるイモ類やこんにゃくなどを食べるのもよいでしょう。野菜類はつい、不規則な食生活や外食中心など不足しがちです。積極的にサラダを取り入れるなど、生活習慣全般を見直すようにすれば、便秘の解消につながります。

食生活は毎日の基本であり、便秘解消の近道です。よい食べ物を取り入れることはもちろんですが、毎日、3回の食事を決まった時間に取るようにする、便秘の原因となる食べ物をあまり取り過ぎない、などを意識することを心がけましょう。また、飲酒が習慣になっていると、飲酒と合わせて夜に食事をすることが多くなるなど目だった生活習慣が身についてしまう危険があります。お酒と一緒に食べるものも肉類、油ものが多くなると、消化に悪く、消化器官に負担がかかります。食生活を改善するには、便秘を解消する食物繊維が多く含まれる野菜類や海藻類を多く食べるようにする、ヨーグルトを毎日、食事の中に取り入れることが望ましいです。また、三食バランスよく食べ、食事を抜いて一度に多く食事をする習慣をやめるようにしましょう。

便秘に効くツボを押す


足の裏にある、大腸の働きをよくするツボを押すことで、腸の働きを良くし、便秘の解消をする方法があります。ツボを押す習慣は簡単なので、毎日の生活習慣に取り入れるようにしましょう。強く押しすぎないように注意します。

ひどいようであれば病院で診断してもらう


便秘がひどくなるようであれば、そのまま放置しておくことは決して望ましいことではありません。もし、ひどいと感じているのであれば、病院に正式に診断してもらうことをおすすめいたします。慢性化してしまうと、便秘が原因で腸やその他器官にさらに負担がかかってしまう危険性があります。用便が3日に1回程度が続いている、出血が見られる、腹部が痛むことが多い、などは早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

まとめ

便秘は一度慢性化すると、日々の生活習慣を全面的に解消しなければ、なかなか改善しません。長く続く生活習慣が原因でひきおこされている便秘の原因もありますので、一度、自分の生活を全面的に見直すように心がけましょう。症状の改善が見られない場合には、無理をせずに早めに専門医に相談しましょう。