ミセスはー5歳を目指せ!若見えヘアスタイルとアレンジ方法

ミセスはー5歳を目指せ!若見えヘアスタイルとアレンジ方法

髪は女の命と言われる時代もあり、今現在も髪の毛は女性の人から見れば大切なステイタスに繋がっていくかと思います。しかし、年齢を重ねていくうちにハリやコシ、艶などがどんどん無くなってしまい、ミセスと言われる位の年齢になると髪型に悩んでいる人も多くいるのではないでしょうか?

ミセスでも若く見えるヘアスタイルとは?

髪型は見た目に様々な影響をもたらすものであり、髪型が似合う人と似合わない人では、見た目や年齢に大きな差が出てしまう事も多くあるので自分に似合った髪型を選ぶことはとても大切な事になります。しかし、雑誌やヘアカタログに記載されているヘアスタイルだと、モデルと髪質やクセも大きく違う場合もあり、なかなか少しでも若く見せる髪型を自分で探すことは困難です。

そんな人は、一度担当している美容師さんに相談してみましょう。担当している美容師達なら自分の知らなかったクセなども理解しているので、若く見せる髪型のアドバイスをしてくれるかと思います。

-5歳若く見えるヘアスタイルのポイント

髪型を変えて若く見せたいと考えている人は多くいるかと思いますが、ロングの人がいきなりショートヘアを美容師さんに提案されてもなかなか勇気が出ないで、その決断を出来ない人も多くいると思います。髪の毛は平均20才でどんどん劣化してしまうと言われているので、40代になるとボリュームが出なくなってしまう人がほとんどです。

ボリュームを髪に出すことにより、5才ほど若く見られる事は多くあるため、思いきったスタイルチェンジをしなくても、トップにボリュームを出すように美容師さんにお願いするだけで若返りヘアは作ることは可能ですので、トップにボリュームを出しながら、アンダーはあまり切りたくないと言えば、美容師さんならいいスタイルを提案してくれます。

思いきってバッサリ切る

髪型で年齢を若く見せる方法はたくさんありますが、一番簡単に若く見せる方法は、ロングスタイルの人はショートスタイルまでバッサリと切ってみてはどうでしょうか?長年手入れをしてきた髪の毛をバッサリと切ってしまうということは勇気がいることであり、バッサリと切ってしまおうと思っていても美容室に入ったとたんにその意志が弱くなってしまうか人も多くいるかと思います。しかし、ある程度の年齢の場合やカラーリングやパーマを何度も何度もしている人は、髪の毛にハリやコシがない場合が多くボリュームを出すことが難しいと思っている人もいるはず、ましてやロングスタイルの人ならなおさらボリュームを出すことは難しくなっていると思います。

髪の毛のボリュームが無くなってしまうとどうしても年齢が年相応か上に見られてしまう事もあります。しかし、思いきってショートスタイルにすることにより、ボリュームを簡単に出すことが出来るようになるため、自宅でのセットも楽になりますし、年齢よりも若く見られる事が多くなります。ロングスタイルからバッサリとショートスタイルにすることは、勇気もいりますが、ボリュームが出やすくなり必ず年齢よりも若く見せることが出来るようになりますので、一度チャレンジしてみてもいいかと思います。

ゆるふわをめざす

ツヤのあるストレートヘアに憧れて現在もそのスタイルを貫いている人も多くいるかと思いますが、そのスタイルをずっと続けていると、周りの人は見なれているので、年相応の年齢でしか見られなくなってしまいます。髪の毛をバッサリと切ってスタイルチェンジをしてみてもいいと思いますが、バッサリと切る勇気がない人がいることも事実です。しかし、出来るだけ年齢よりも若く見せたいと思っている人は、髪の毛にウェーブをつけて、ゆるふわスタイルを試してみてはどうでしょうか?

髪の毛にウェーブをつけるとなるとほとんどの人がパーマを想像すると思いますが、パーマをかけるとなるとコストもかかりますし、何よりツヤのあるストレートヘアの場合には髪の毛のダメージが心配になってしまいます。しかし、最近ではヘアアイロンがどんどん進化をしてきており、ダメージを最小限に抑えた状態で思いっきりスタイルチェンジをする事が可能になっています。ストレートヘアにアイロンをあて、ゆるふわウェーブを作ることにより、髪の毛にボリュームを出すことも出来ますし、顔回りの髪の毛にウェーブが少しあるだけでも若く見られることが多いので、興味のある人は一度挑戦してみてはどうでしょうか。

耳を出す

ロングスタイルからショートスタイルにすることにより、実年齢よりもマイナス5才ほど若く見せる事が可能ですが、それほどショートスタイルにしなくても、若く見せることは可能です。その方法は耳を軽く見せる事です。

耳を見せることにより、肌の露出が増えていつもと違った雰囲気を作り出して、耳を出しながら前髪で顔の輪郭を出すことにより、小顔に見せることが出来ると同時に実年齢よりも若く見せることが可能になります。この方法は、髪の毛の長さはさほど関係なく、ショートスタイルやミディアムスタイルの人は耳に髪の毛をかければ簡単に出来ますし、ロングスタイルの人は、両耳を出すのではなく、片耳だけでも耳にかけて毛量によってはピンなどで固定すれば簡単に出来ます。

軽めのレイヤーカット

実年齢よりも自分を若く見せたいという女性の人は多くいると思いますが、ほとんどの場合で実年齢よりも若くみられがちな髪型は間違いなくショートレイヤーと呼ばれるショートスタイルです。ショートレイヤースタイルは、髪の毛に動きと軽さを簡単に出すことが出来て、アイロンを使用すれば、猫っ毛などのボリュームが出にくい人でも簡単にボリュームが出せて、スタイルアレンジも幅広いスタイルです。

猫っ毛でなかなか髪の毛にボリュームを出しにくい人でも、髪の毛にレイヤーを強く入れ、セニングを入れていけば簡単にボリュームを出すことが出来るようになりますし、ワックスなどのスタイリング剤も少量で済ますことが出来ることもおすすめポイントの一つです。ロングスタイルでもレイヤースタイルを作ることは可能ですので、興味があるミセスの人は、美容師さんに相談してみてはどうでしょうか。

前髪ぱっつん

髪型は全体的なバランスが一番重要ですが、バランスを一切気にしないでも個性や若さを出すことの出来る部分が前髪で、前髪ぱっつんと言われる技術を使うことにより、全体的な雰囲気を大きく変えることが出来ます。前髪を作っていない人は、前髪を切ることに不安や躊躇を覚えてしまうかもしれませんが、前髪を切ることにより雰囲気を大きく変えることが出来て、更に長さによっては幼さを出すことも出来ますので、全体的の雰囲気を前髪だけで出すことが可能です。

前髪ぱっつんカットは今現在当たり前になってきているので、前髪を作ったことがない人でも髪の毛を切る勇気があれば、簡単に行うことが出来ますし、ある程度の長さを作ることにより、アイロンで巻きやすくなるため、様々なアレンジスタイルも作りやすくなります。そして何より、やり方をしっかりと理解することが出来れば自分で思い通りの前髪を自分でセルフカットする事が出来るという最大の利点があります。やり方は美容師さんに聞くなり、動画サイトで前髪の切り方を調べれば簡単に調べることが出来るので、前髪ぱっつんで雰囲気を変えたいと考えていたり、若く見られたいと考えている人は、一度挑戦をしてみてはどうでしょうか。

サイドシルエットも手を抜かない

髪型で実年齢よりも若く見せるためには、様々な方法がありますが、一番大切な事は美容室でカットしてもらった髪型を自分でしっかりと作るということであり、特にサイドから見たシルエットも非常に重要です。トップポイントなどにボリュームをしっかりと出すことにより、実年齢よりも若く見せる事は可能ですが、それだけに集中してしまい、サイドシルエットの作り込みをおろそかにしてしまうと、全体的なシルエットにバランスが悪くなってしまい、実年齢よりも若く見せるどころか、逆に老けて見えてしまう可能性もあります。

スタイルによってサイドの作り込みの仕方は変わってきますが、基本的にはうちに入れるようにしながら、ボリュームをサイドトップに入れれば、問題はありません。もちろんやり方がわからない人は担当している美容師さんに相談をする事が一番手っ取り早いので、わからない人は、自分で考えてやるより、美容師さんに聞いた方がいいかと思います。

おすすめのパーマ

髪の毛の長さをそれほど変えることなく、全体的な雰囲気を大きく変えることができる技術の一つであるパーマは、スタイルチャレンジをしたいと考えている人には是非ともやってもらいたい技術です。昔に比べて強さや髪の毛のダメージもある程度コントロールする事が出来るようになったので、手軽にやれるようになりましたが、どの様なパーマがあるのでしょうか?

ボブパーマ

大人気のヘアスタイルであるボブスタイルにパーマを加えたボブパーマは、毛先から中間部までランダム的な動きを出すことが出来るので、ゆるふわスタイルで若く見せたいと考えている人にはもってこいのパーマです。ボブスタイルは人気があり、髪の毛を内巻きにするにはもってこいですが、動かしにくくボリュームが出づらいのでペタっとしてしまう人も多くいます。

しかしボブパーマをかけることにより、髪の毛に動きを出しながら、スタイリングも簡単に行うことが出来るようにする事が出来ます。骨格や髪質により、強さや動かし方は人それぞれ違いは出てきますが、美容師さんがお客様一人一人の最適な状態を見極め技術をしてくれます。

デジタルパーマ

緩いウェーブを出すことが出来て、一番取れにくいと言われているデジタルパーマはロングスタイルの人でもショートスタイルの人でも誰もが理想のゆるふわを手に入れることが出来る技術です。通常のパーマよりもダメージも少なく、ハイダメージ毛の人でもする事が出来るので、ダメージが大きいからパーマをする事を諦めている人でも行うことが出来る事もおすすめする理由の一つです。

くびれパーマ

スタイルチェンジをするためにパーマはかけたいが、全体的にはかけたくないという人もいると思いますが、そんな人にはくびれパーマをあてて、イメチェンと同時に自分の理想のポイントにボリュームを出すことが出来るのでおすすめです。強すぎるパーマが苦手で、柔らかく弾むような髪型を求めているミセスは是非一度美容師さんに相談をしてみてください。

ワンカールパーマ

他の人に思いっきりスタイルチェンジをしたことを気がつかれずに、自分で楽々セットをしたい人には、ワンカールパーマがおすすめです。特にボブスタイルを今している人にはおすすめで、朝のブローも楽々になりますし、髪質によっては寝癖をなおして、ムースやウェットワックスなどでスタイリングをすればそのスタイルを作れるので興味がある人は相談してみてはどうでしょうか?

ストレートでもOKのヘアアレンジ

髪の毛のクセが強い人の中には定期的にクセを伸ばすための技術であるストレートパーマや縮毛矯正などを行っている人も多くいるかと思います。美容室でその際に使われるストレートアイロンですが、髪の毛をまっすぐさせるための道具だけだと思いがちですが、ストレートアイロンでも使い方によっては簡単にヘアアレンジを行うことが出来ます。

例えば、前髪だけストレートアイロンを使い、ポイントストレートを自分で行うことにより雰囲気を簡単に変えることが出来ますし、ストレートヘアの人の場合には、途中で軽く捻ることにより、非常に緩いカールを簡単に出すことが出来ます。使い方次第では様々なヘアアレンジをする事が出来ますし、やり方も簡単なので一度試してみてはどうでしょうか。

内巻き上品ヘア

全体的な髪の毛は内巻きに入ってくれるのに、アンダーの髪の毛がなかなか内巻きにならないで外に跳ねてしまう人も多くいるのではないでしょうか?また、アイロンを使い内巻きに入れていてもなかなかうまく入らないで、上品な感じになりにくいと思っている女性も多くいると思います。

そんな悩みをもっている女性は、アイロンの太さをワンサイズ小さくしてみて、カールを多く作ってみたり、一番小さいアイロンを使っている人は、細かくスライスをとって、細かいカールを作ってみると簡単に雰囲気を変えることが出来ます。カールが細かくなることにより、上品な雰囲気を簡単に出せますし、外跳ねの悩みも解消する事が出来ます。

全体をコテで巻いた巻き髪ヘア

ヘアアイロンを利用して、ゴージャスな雰囲気やスタイルをいつもと変えたいと考えている人には、髪の毛全体にアイロンを入れるとパーマなどをしなくても雰囲気を変えることが出来ます。全体的に大きなカールを横巻きで内に入れるようにすれば、ボリュームをコントロールしながら、可愛らしい雰囲気を出せますし、縦に細かく巻けば、毛先と中間の髪の毛がランダムに動き、ゴージャスな雰囲気を出すことが出来ます。

アイロンの入れる方向により、雰囲気か髪の毛動きは大きく変わりますので、初めは難しいかもしれませんが、パーマではないので、水ですぐに直すことが出来ます。何度もチャレンジすれば必ず上達するので挑戦してみてください。

立体感を出すトップ厚めスタイリング

ヘアアイロンを使ったヘアスタイリングはやればやるほどどんどん上達していきますが、若々しく見られたかったりしたいのであれば、トップポイントにボリュームを出して全体的なバランスを整えることが一番大切です。正面から見られたときに若々しく見られたいことは当たり前ですが、横からや後ろからも見られることは当たり前であり、立体感が出ていないと、トータル的には若く見せる事が難しくなってしまいます。

トップの髪の毛をいつもより厚めにとってしっかりとしたカールを作るのではなく、根本からボリュームを出すようにアイロンを入れることにより、ボリュームが出てくれ、立体感のあるスタイルを作ることが出来ます。アイロンを使わなくても、ワックスやスプレーを使えば出来るので簡単に立体感を出すことが出来ます。

前髪を流す

正面から見られたときに、一番誰もが注目するポイントは前髪であり、前髪がだらしないとどんなにヘアスタイルやバランスが良くても若くは見られませんし、全体的な見た目も美しくもありません。前髪を軽くおろすだけのスタイルでもアイロンで軽くボリュームを出しながら下ろしても問題はありませんが、イメージを少し変えたい人やクセでどちらかに勝手に動いてしまう人は前髪を軽く流してみてはどうでしょうか?

前髪を流すことにより、雰囲気を変えることが出来ますし、何より今現在は前髪を流すスタイルははやっているので、若く見られますし流行に乗ることも出来る事もポイントです。また、勝手に前髪が動いてしまう人でもある程度コントロールする事も可能です。

まとめ

若々しく見せたいというミセスは多くいると思いますが、最終的に相談する人は、担当している美容師さんに相談をすることにより、何かしらの改善策をとってくれるかと思います。また、アイロンやワックスを使ったり、パーマ技術を行うことにより、雰囲気やイメージを多く変えることが可能ですので、気になる人は是非担当している美容師さんに相談をしてみてください。