ボブ前髪を輪郭やニュアンスに合わせてセレクトしよう!

ボブ前髪を輪郭やニュアンスに合わせてセレクトしよう!

女性に人気のあるヘアスタイルの一つにボブスタイルがありますが、ボブスタイルは長さによって様々な表情を出すことが出来ます。そして前髪を作るか作らないかだけで大きくイメージが変わるスタイルなので、前髪を作るだけでも大きくイメージを変えることが出来ます。

前髪あり・なしでこんなに印象が変わるボブヘア

前髪を作るという事はとても大きなスタイルチェンジであり、その人の雰囲気を変えてしまうため、美容師さんから見れば非常に重要な事の一つです。前髪を作ると可愛らしい雰囲気を作ることができて、作らなければクール系の雰囲気を作ることが可能です。そして前髪の作り方には色々な技法がありそれを選ぶこともとても大切です。

キュートな印象の「前髪あり」ボブ

前髪を眉毛ぐらいの長さに調整すると大人でも一気に可愛らしい印象をつけることが出来るので、実年齢よりも若く見せたいという人にはとてもおすすめです。肩につかない位の長さに設定することにより、内巻きも外跳ねも自在にコントロールする事が出来ますし、伸びて来てしまって外跳ねしてしまっても、アイロンで簡単にセット出来るので、セットを素早く行いたい人におすすめです。

クールな印象なら「前髪なし」ボブ

前髪を作ってしまうと、前髪のセットに時間がかかってしまう人もいるかと思います。そんな人にはワンレングスという技法を使ったワンレンボブが非常におすすめです。

ワンレンボブは髪の毛の落ちる位置で長さを切り揃える事で出来るスタイルであり、セット時間もほとんどいらないので、朝楽スタイルの一つです。髪の毛の量だけ調整すれば軽いワンレンボブも作ることが出来ますし、前髪を残す事により、クール系なイメージを作れるのでおすすめスタイルの一つです。

トレンドのボブ前髪も参考に

前髪を作らないヘアスタイルよりも、最近では前髪を作るヘアスタイルが主流になってきており、テレビなどで前髪を作ってある女優を見ることも多くなっています。前髪を作ることがトレンドになってきている現代社会のヘアスタイルですが、前髪を作るといっても様々な方法があり、人により似合う前髪の作り方も当然存在します。

眉上の短め前髪が今っぽい!

前髪を作るときには美容師さんにどのぐらいの長さがいいかと必ず聞かれますが、最近のトレンドは眉上まで短くしてしまう前髪が主流です。前髪を眉上まで切ることにより可愛らしい雰囲気を出すことが出来て、全体的に明るめのカラーをすることにより、重たい印象をなくすことが出来ます。

しかし、前髪を眉上まで切ってしまうことにどうしても抵抗を覚えてしまう人がいることも事実です。その様な人は、前髪を眉毛位に調整しておき、自分でアイロンで軽くカールをつくってあげて眉上の長さでセットをすれば問題はありません。

前髪なしのボブヘアは無造作感が主流

ボブスタイルは人気なヘアスタイルの一つですが、そのスタイルをやり続けているとどうしても飽きが来てしまい、普段と雰囲気を変えてみたいと考えている人も多くいるのではないでしょうか?特に前髪を作らないボブスタイルは、髪の毛を動かすことが難しい場合もあり、セットは楽なのですが、物足りないと感じている人もいるかと思います。

しかし、最近では無造作のボブスタイルがだんだん人気になってきており、ブローをしないで軽くウェットワックスやムースを揉み込めば完成するボブスタイルも人気になってきています。髪質にもよりますが、誰にでも出来るスタイルであり、髪の毛にクセがそれほどない人ならパーマを軽くあててあげれば簡単に作ることが出来ます。

2wayで楽しめるダブルバングが最旬

ボブスタイルでの前髪は基本的には、同じ動きしかないですが、前髪を二つに分けて長さをそれぞれ変えることにより、何か整髪料をつけることにより、動きを変えることができるダブルバングという技法を使うとセットで表情を変えることが出来ます。何もつけないときには、落ち着いたスタイルで、何かつけた時には前髪を動かす事が出来る2WAYスタイルは今非常に人気のある前髪の作り方です。

輪郭でも似合うボブ前髪は変わる!?

可愛らしく人気の高いボブスタイルですが、ボブスタイルをやりたくても顔の輪郭に似合うのだろうか?と不安があり、なかなか美容室に行ってもオーダーが出来ない女性もいるかと思います。しかし、技術のレベルがどんどん上がってきている美容業界では様々な手法を使ってお客様に満足してもらえるようにしているのでそんな心配はありません。また、前髪を少し変えるだけでも大きく雰囲気を変えることも出来るので美容師さんに聞いてみてもいいでしょう。

面長さんは幅広前髪で柔らかニュアンスに

切りっぱなしボブと呼ばれるスタイルに緩くパーマを巻くことにより、面長の人でも小顔効果を出して、可愛らしい印象を出すことが出来ます。また、前髪を厚く取ることにより、柔らかな印象を出すことが出来るのも人気の理由です。

セットをする事が面倒な人や苦手な人でも簡単にスタイルを作れるので、簡単でお洒落なスタイルにしたい人にはおすすめです。

エラ張りさんは前髪は好みで、サイドはくしゅふわで

顔の輪郭でエラがはっているからなかなかボブスタイルに挑戦する勇気がない人は、前髪以外の髪の毛をランダムにくしゅふわにするとエラを気にする必要がなくなるので、チャレンジしやすいかもしれません。少し長めのレングスで設定することにより、くしゅふわをウェットワックスやムースだけでも再現することが可能ですし、前髪を作りたくない人は作らなくても問題はありませんので、初めての人でもおすすめなボブスタイルです。

丸顔さんの前髪は軽く流してサイドをタイトに

丸顔の人はほとんどのヘアスタイルが似合いますが、どうしても可愛らしい雰囲気が全面的に出てしまい、大人っぽいクール系のスタイルにしたい人は悩んでいるのではないでしょうか?そんな人は、前髪を軽く流して、サイドの髪の毛をタイトにすることにより、クール系の雰囲気を出すことが出来ます。長さによっては耳に髪の毛をかけて、ポイントで雰囲気を変えてみてもいつもと違った印象を出すことが出来ます。

テイスト別にオススメのボブ前髪

一口にボブスタイルといってもどの様な雰囲気にしたいかによって前髪のテイストを変えなければなりません。しかし、どの様な前髪にすればいいのかがわからない人も多くいるのではないでしょうか?そんな人でもボブスタイルのテイストごとの前髪を知っておけば、美容室に行った時に美容師さんとイメージの共有をしやすくなります。

フェミニン系はボリューム感を出した斜め分け

可愛らしい雰囲気のフェミニン系のボブスタイルを目指しているのであれば、ボブスタイルのレングスを長めにしておき、外跳ねをさせながら、前髪にボリュームを出しながら軽く分けてあげると簡単にフェミニン系のボブスタイルを作ることが出来ます。回りのレングスが短くても内巻きでも、前髪に分け目とボリュームを出してあげると再現できるので、簡単ということも人気の理由です。

フレッシュなニュアンスのボブは前髪短めが吉

回りのレングスは同じでも前髪の長さを短くするとフレッシュ系の雰囲気にする事が簡単に出来ます。前髪の長さをいつも以上に短くすることは抵抗のあることかも知れませんが、前髪だけで普段のボブスタイルとは違った雰囲気を出してフレッシュ感を出したいのであれば、短い方が必ずいいでしょう。前髪をぱっつんにするかバラバラにするかでも雰囲気は大きく変わりますので、前髪を短くするのであれば、どちらがいいのかは美容師さんに相談をしてみましょう。

ハンサム系はかき上げ前髪がベーシック

切りっぱなしボブでも前髪をかき上げるとハンサム系のスタイルを簡単に作ることが出来ます。前髪の長さにもよりますが、もしハンサム系を目指しているのであれば、前髪を作らないで、自分で前髪を上げた方が始めてやる人でも失敗する事が少ないでしょう。もし前髪を作りながらハンサム系のアップバンクをしたいのであれば、美容師さんに方法を聞いて前髪のレングスを設定した方が確実です。

色っぽく仕上げたいなら前髪なし+ウェーブ

前髪を作ることにより、若々しいボブスタイルをする事が出来ますが、大人の色気を出したいのであれば、前髪は作らずに顔回りに軽くウェーブを出してあげるといいでしょう。ウェーブを出すことにより小顔効果も望めますし、前髪を切りたくない人でも簡単にアレンジをする事が出来ます。また、この技法は子供でも使うことができて、少し大人っぽい雰囲気を出したいのであれば、非常におすすめなボブスタイルの一つです。

パーマの有無でも大きく違うボブ前髪

どの様なヘアスタイルでも一気にイメージを変えることができるパーマですが。当然ボブスタイルにもそれは当てはまります。パーマのかけ方にもよりますが、雰囲気を大きく変えることが可能なパーマをかけると、どの様な変化になるのかわからない人もいると思いますし、前髪がある状態でかけるとどの様な変化になるのでしょうか。

パーマあり・前髪ありは可愛らしいスタイルに

前髪がある状態でパーマをかけることにより、回りの髪の毛がランダムに動くので可愛らしい雰囲気を出すことが可能です。パーマが強すぎてしまうと可愛らしい雰囲気よりもゴージャスな雰囲気になってしまうので、美容師さんとのカウンセリングは必需ですが、ウェット状態とドライ状態で雰囲気を変えることができるもの魅力の一つです。

パーマなし・前髪ありはカジュアルで年齢問わずチャレンジしやすい

前髪を作りながらも、パーマをかけないボブスタイルは非常にオーソドックスなので、年齢を問わないで出来る人気のスタイルです。パーマをかけないで個性を出したいのであれば、レングスを短くすればフレッシュ系になりますし、レングスが長ければクール系の雰囲気を出すことが可能です。アイロンを軽く当てるだけでも雰囲気を大きく変えることが出来るので、誰もが一度はやってみてもいいヘアスタイルの一つではないでしょうか。

パーマあり・前髪なしはセンシュアルな雰囲気

前髪がない状態でパーマをかけると、可愛らしい印象でもなく、セクシーでもないセンシュアルな雰囲気を作り出すことが出来るので、ボブスタイルの人なら年齢を問わないで一度はやってほしいヘアスタイルです。センシュアルな雰囲気は髪質やパーマの強さにより大きく変わりますので、美容師さんとのカウンセリングが必要不可欠ですが、ヘアスタイルは大きく変わります。また、朝のお手入れも今まで以上に楽になるので朝忙しい人にもおすすめです。

パーマなし・前髪なしはデキる女の印象をプラス

前髪を作らないボブスタイルは一般的ですが、後頭部のレングスを短くして前髪を長く残せば、出来る女性のイメージを作ることが出来ます。後頭部のレングスが短く、耳から前のイヤツーライン前の髪の毛を残すことにより、大人の雰囲気を誰でも出すことが可能です。

髪の毛全体にある程度のクセがある人はストレートパーマや縮毛矯正の技術をしてあげれば、クセを無くすことが出来るので、クセ毛の人でもチャレンジしてもらいたいスタイルです。

簡単にできるボブ前髪のアレンジ方法とは?

パーマやカラーの技術を行いボブスタイルに様々な雰囲気を出すことが出来ますが、それらの技術をしないでも雰囲気を変えてみたいと考えている人もいると思います。不可能に思われる事ですが、ちょっとした工夫でボブスタイルの雰囲気を変えることは可能であり、やり方さえ理解すれば、それほど難しい事でもないのでおすすめです。

ヘアピンで緩く留めるだけ

パーマやカラーなどの技術をする事なく簡単にアレンジしたいのであれば、ヘアピンで軽く留めるだけでも雰囲気を変えることが出来ます。ヘアピンの色やつける位置により、ヘアスタイルや雰囲気は簡単に大きく変えることが出来るので、パーマやカラーをする事が難しい人でもおすすめです。

美容師さんにどの位置に止めればいいのか聞けば、様々な方法を教えてくれるので、軽いイメチェンをしたい人は是非やってみましょう。

コテ巻きで上品に流す

パーマやカラーをしないでボブスタイルの雰囲気を変えたいのであれば、アイロンでアレンジする事が最も主流です。全体的に軽めのカールを出したいのであれば、太いアイロンで緩く巻いてあげれば簡単に出来ますし、細いアイロンで細かく巻けばセンシュアルな雰囲気を出すことも可能です。また、ストレートアイロンを使えば気になるクセも伸ばせるので、様々な表情を出すことが可能です。

まとめ

ボブスタイルはパーマやカラーなどの技術を入れても入れなくても様々な表情を出すことが出来るヘアスタイルです。年齢を問わないで誰もが様々な雰囲気を作れるスタイルですので、やったことのない人は是非一度やってみてはどうでしょうか。