《大人の常識》これを知らないとまずい、結婚式の服装マナー

結婚式の服装のマナー、完璧ですか?

大切な人の結婚式には、お祝いの気持ちを込めて式にふさわしい服装で出席したいもの。

しかし、準備を進めるにつれ、「あれ、この服装ってマナー的に NG?」と不安になることもありますよね。

そんな方のために、今回は結婚式の服装のポイントをまとめてみました。

すでにマナーはばっちり!という方も、おさらいがてら読んでみてください。

ドレス:最も気をつけるべきは色!

まず、花嫁のウエディングドレスと被る白色は絶対にNGです!写真を撮ったときに白っぽく見えてしまう薄いベージュや白に近いピンクも控えた方が良いでしょう。

それ以外の色であれば特に縛りはないのですが、せっかくの結婚式なのでなるべく華やかな色をおすすめします。

夕方以降の結婚式は丈の長いイブニングドレスでも良いのですが、昼の式の場合は膝丈が基本です。

なるべく肩が出ないものが好ましいので、袖のあるものか、ボレロ・ショールなどを羽織るようにしましょう。

また、ウエストで色が切り替わるバイカラーのドレスにもご注意ください。「色が分かれる→別れる」と連想されるのでNGという説があり、昔の結婚式ではあまり好まれなかったようです。

上司の結婚式や、年配の出席者の多い結婚式では、念のため控えておいた方が良いかもしれませんね。

靴:ヒール&つま先が隠れるものを

つま先の出ないパンプスで、3センチ以上のヒールがあるものを選びましょう。

フラットシューズはカジュアルな印象になるので、特別な理由がない限りはヒールがあるものをおすすめします。

ミュール、サンダル、ブーツなどはもちろんNGです。

また、ストッキングの着用は必須です!しかし、黒ストッキング、黒タイツはマナー違反になってしまうので、気をつけましょう。

靴の素材は、光沢感のある布製のものがベスト。

一方で、殺生を連想させるような革靴は好ましくありません。とはいえ、男性は普通に革靴を履いていますので、女性も派手なワニ柄やヘビ柄でなければ許容範囲内です。

アクセサリー:控えめ&上品に

新婦よりも目立ってしまわないように、大きな花飾りや、キラキラした派手なアクセサリーをつけるのは控えた方が良いでしょう。

無難なのは、ホワイトパールのネックレスや、小ぶりのピアス・イヤリングです。

既婚者の場合、結婚指輪と婚約指輪は着用OKですよ♩

ヘアスタイル:式のスタイルに合わせて柔軟に

アップスタイルが正装とされていますが、最近はそこまで制限がなくなってきたようですね。

ダウンスタイルは手抜き感が出るのでイマイチですが、ハーフアップ、ポニーアレンジ、ラプンツェル風ヘアスタイルなどは場の雰囲気に合っていればOKでしょう。

ポイントは、顔が隠れない、清潔感のあるヘアスタイルを心がけることです。

そのためには、自分でセットするのではなく、きちんと美容院へ行くことをおすすめします。

しっかりとセットしてくれるので、式の終わりまで崩れるのを気にしなくてすみますよ♩

バッグ:サブバッグの素材に要注意!

式場内に持ち込むパーティーバッグは、光沢のある布製のコンパクトなものを選びましょう。このバッグに関しては、ビジューや飾りなどがついていても大丈夫です。

しかし、以外と見落としがちなのが「サブバッグ」。メイク道具やポーチなど、パーティーバッグに入りきらないものを入れ、クロークで預けるためのバッグです。

このサブバッグ、人によってはビニール素材、綿・麻素材、本革、紙袋などを利用する人もいるようですが、これはマナー違反です!

サブバッグには、パーティーバッグ同様に、光沢感のある布製のものがおすすめです。

2,000円〜3,000円ほどで購入もできますので、ひとつ買っておくと便利ですよ。

大事なハレの日は、お祝いにふさわしい服装で♡

せっかくのお呼ばれですから、きちんとした格好で出席したいですよね。

「これってマナー違反だったんだ!」と式場で気がつくと、周りに見られていないかそわそわしてしまい、式に集中できません。

結婚式の服装のポイントをしっかりとおさえ、万全の体制で新郎&新婦を心から祝福してあげましょう♡