よれずにアイメイクをキープ!クリームアイシャドウの塗り方のポイント

クリームアイシャドウの使い方を知りたい

ツヤ感がセクシーなクリームアイシャドウ

ほど良いツヤ感が濡れたようなまぶたを演出してくれるクリームアイシャドウ。大人っぽいセクシー感を出したいときにぴったりですよね。ラメが入っているタイプなら、パーティーシーンにもふさわしい華やかさを引き出すことができます。

使い方によってはよれてしまうことも…

もともと密着度の高いクリームアイシャドウですが、使い方によってはよれてしまうこともあります。メイク仕立てはきれいだったのに、時間が経過したらアイシャドウがよれていたという経験がある場合は使い方を見直してみると良いかもしれません。

クリームアイシャドウは、メイクのポイントをおさえておくことで長時間理想の状態をキープしやすくなります。塗り方のコツをチェックして、クリームアイシャドウを使いこなしていきましょう。

皮脂が残らないようにする

残った皮脂がよれの原因になる

クリームアイシャドウがよれる原因と言われているのが、まぶたに残った皮脂。皮脂が残っていることで時間が経過するごとにクリームアイシャドウがよれてしまう可能性があります。

皮脂が残っていない場合でも、スキンケアで使った乳液やクリームの油分がよれの原因となることも。メイク前にまぶたの状態をクリアにしたおくことがポイントになります。

ティッシュオフしておこう

クリームアイシャドウを使う前にティッシュで皮脂や油分をオフしておきましょう。ティッシュをまぶたに軽くあてるだけで大丈夫です。

まぶたの周りはデリケートなので、ゴシゴシこすらないようにしてくださいね。このひと手間をかけることで、クリームアイシャドウがよれにくくなるのではないでしょうか。

パウダーを使ってよれを防ぐ

皮脂が分泌されやすい場合はパウダーも活用

オイリー肌の場合は、メイク前にティッシュオフしていても時間が経つごとに皮脂が分泌されてしまうことがありますよね。そんなときは、ティッシュオフした後にパウダーを使いましょう。

皮脂分泌を吸収することができるパウダーをまぶたに軽くのせておけば、オイリー肌の方も安心。クリームアイシャドウがよれにくくなります。

他の箇所もパウダーで皮脂を吸収

こうしたパウダーは、他の箇所の皮脂をおさえたいときにもおすすめ。Tゾーンや小鼻など皮脂でテカりそうな箇所にパウダーをのせておきましょう。パウダーを持ち歩いていれば、メイク直しにも役立ちます。

ベースを塗ってきれいな状態をキープ

ベースを作っておくとよれにくい

よれにくいアイメイクに仕上げるためにおすすめしたいのがアイシャドウベース。クリームアイシャドウを塗る前にベースをアイホールにのせておくことで、よれにくい状態を作ることができるとされています。

ベースは発色や色持ちを良くするとも言われているので、アイシャドウの良さを引き立てたい場合に役立ちそうですね。アイメイク前のひと手間として取り入れてみてはいかがですか。

塗りすぎには注意

とても便利なアイシャドウベースですが、塗りすぎには気をつけましょう。塗りすぎることで、逆にクリームアイシャドウが崩れやすくなると言われています。薄く塗り広げる程度でOK。加減しながら使ってみてください。

少しずつ塗り重ねていく

なじませるように少量ずつ塗ろう

クリームアイシャドウの塗り方も大切なポイント。いきなりたくさんの量をまぶたにのせると、よれやすくなります。

クリームアイシャドウは指に少量をとって、まぶたになじませるようにトントンと軽くたたいてみましょう。力を入れすぎず、優しくなじませるときれいに仕上げやすくなります。

チップやブラシを使うのもおすすめ

指ではなく、チップやブラシを使うとさらに塗りやすいのではないでしょうか。指を汚すことなくアイメイクができるので、そういった意味でもおすすめです。

クリームアイシャドウを上手に使おう

クリームアイシャドウがよれやすい場合は、塗り方を見直してみましょう。簡単なポイントを参考にして、ツヤ感のある大人っぽい目元を作ってみてくださいね。