家族・友達・恋人と!おうちで《流しそうめん》ができるマシン4選

流しそうめんは夏の醍醐味でもありますが、なかなか自宅では気軽にできないもの。そこで、自宅でも流しそうめんが楽しめる人気のマシンをご紹介!1台あれば、夏のひと時が盛り上がること間違いなしですよ◎

やったことある?《流しそうめん》

流しそうめんは、一般的には屋外で半分に割った竹に水とそうめんを流して行います。そうめん自体の材料費は安いのに、見た目が大掛かりなのでとっても盛り上がるイベントになりますよね!

しかし自分でやろうとなると、竹を用意するのも大変。それにスペースや人手も、結構必要になります。

ところが最近では、”自宅の卓上でできる流しそうめん器”というアイテムも販売されており、だれでも簡単に流しそうめんの雰囲気を楽しむことができます。

家族向け◎オススメ流しそうめん器

タワーズロック そうめんアドベンチャー

スライダーの高さは1.14m、スライダー最大高低差は95cm、コース全長5.7mの流しそうめんマシーンです。

「東京サマーランド」の”タワーズロック”を再現しており、そそり立つ岩の塔からそうめんが急降下!ただのそうめんが、こんなに子どもを沸かせるなんて…!友達や家族など、大人数で楽しむのにぴったりですよ!

ビッグストリームそうめんスライダーナイトプー

スライダーの高さは75cmでスライダー最高高低差は56cm、スライダー全長は3.6mとなっています。こちらは3つのライティングモードが楽しめる、流しそうめんマシーンです。

LEDライトによるライティングは、パーティーやロマンティックな雰囲気を演出♡友達とのパーティーや恋人と楽しむのにぴったりですね!

カップル向け オススメ流しそうめん器

ブルーノ 流しそうめん

乾電池式でどこでも使える、流しそうめんマシーンです。大人が愉しめるオシャレなデザインで、薬味皿が便利と好評。

別売りの溶けないアイスキューブと一緒に流せば、さらにオシャレ度が増します。光るアイスキューブもオススメ!

またそうめん以外にもフルーツなど、様々な方法で使うことができます。透明な器で涼しげなのもポイントですね。

大人の流しそうめん

高さ55cmの流しそうめんマシーンであり、上部にある6個のそうめんポケットへ、そうめんを一口ずついれることができます。

スイッチを押すとポケットが回転し、そうめんが間隔を置いて自動でスライダーに運ばれる仕組み。また、氷を入れるポケットもついているので、常に冷たいそうめんを楽しむことができる、大人向けのマシーンです。

サラサラ流れるそうめんが取りづらくてストレスが溜まるのも防げそう(笑)。

”世界流しそうめん認定装置”を使って楽しもう

この記事でご紹介したすべての流しそうめん機、実は『世界流しそうめん認定』の”公式流しそうめん器”なんです。

ただ麺が流れているだけではなく、気軽に楽しめて美味しくそうめんが食べられるような工夫が施されています。「狭い賃貸だから」と諦めていた人も、これならチャレンジできそう!『いつものそうめんも美味しく感じる!』と好評なので、是非試してみてくださいね。