慣れてない人必見!子供と一緒に海水浴に行く際《準備しておくべきアイテム》

夏と言えば海水浴!とくに子供のいる家庭では、毎年家族で海水浴に行っているという人も多いのではないでしょうか。

確かに海水浴は楽しいものですが、夏の暑さや紫外線など、子供にとってさまざまな注意しなければいけないことが多いのも事実。この記事では、子供と一緒に海水浴に行く際に気を付けなければいけない注意点や持っていくべきアイテムなどをご紹介します。

初めて子どもを海に連れて行く、海水浴に慣れていない!という方も必見です!

子供と海水浴に行くときに用意しておくもの

紫外線・暑さ対策アイテム

海水浴ではさまざまなアクシンデントが考えられます。対策グッズを予め用意していくのは、保護者のセキニン!熱さ対策や紫外線対策、怪我などの対策には、以下のようなアイテムを持っていくと便利ですよ◎

 

  • UVカット素材の水着

私たちが子どものときよりも、日差しが協力になっている昨今。紫外線から子どもたちをしっかりガードしましょう!

 

  • 日焼け止めクリーム

お肌への刺激が少ない子供用の日焼け止めクリームを選びましょう。

 

  • 帽子

頭への直射日光を防ぐためには、やはり帽子が一番です。

 

  • ラッシュガード

海に入っていない時や休憩時間は、ラッシュガードを着せておくとよいでしょう。

 

  • 日傘

お母さんが使う日傘に一緒に入るのもよいでしょう。

 

  • うちわや扇子

原始的ですが、電源の無い浜辺では持っていると重宝するアイテム。持ち運びを考えれば扇子がおすすめです。

 

その他の必要なアイテム

 

  • レジャーシート

砂浜の熱で熱くなる恐れがありますので、断熱性のものがおすすめです。

 

  • 保冷ボックス

冷たい飲み物を用意しておくためには必需品です。

 

  • ビニール袋

濡れたものを持ち帰る際に必要。ゴミの分別などのため、何枚か持っておくと便利ですよ。

 

  • ジップロックなどの防水袋

濡れたものを入れるだけじゃなく、スマホなどを入れておけば濡れる心配がありません。

 

  • ペットボトルに水を入れたもの

近くに水道のあるポジションを陣取れなかったときに便利。食事の際など手や足の砂を洗い流すのに使えますよ。

 

  • 消毒液や絆創膏など

怪我に備えておくことは必要なことです。特に海水は傷に沁みますし、感染症の予防にも。

子供と海水浴に行くときの注意点

子供と一緒に海水浴に行くときの一番の注意点は、やはり【子供から目を離さないこと】です。大人からすれば誰がどう見ても危険だとわかっていることでも、子供にはそれがわからないという場面はたくさんあります。

また、こまめな水分補給も忘れないようにしましょう。とくに小さなお子さんと一緒にはじめて海に行くのであれば、できればワンタッチ式の簡易テントや、海の家を利用するのもおすすめです。

楽しい海水浴にするために

子供と一緒の海水浴を楽しいものにするためには、やはり事前の準備が大切。海に行く前に、近くにコンビニ等はあるか、トイレやシャワーなどがあるか、さらには小児科が近くにあるか…ということも事前に調べておくことのは大事なことですね!